(7)遺伝資源の収集・評価・増殖・保存・配布

(7)遺伝資源の収集・評価・増殖・保存・配布

課題番号200709630
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間2006-2010
年度2007
大課題該当なし
中課題(7)遺伝資源の収集・評価・増殖・保存・配布
小課題(7)遺伝資源の収集・評価・増殖・保存・配布
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要1.7隊の植物遺伝資源国内探索調査、1件の海外探索調査、4課題の海外共同調査を実施した。微生物は、3隊の国内探索、2件の海外探索調査を実施した。インドのタミール・ナドゥ農業大学と3ヶ年の共同調査研究のMOUを締結した。2.サブバンクの協力のもと、植物遺伝資源の1〜3次特性、合計17万4千点の特性評価を実施し、公募による13課題を委託で実施した。アジアで栽培化されたVigna属4種と近縁野生種、計23分類群の多様性解析を進め、アズキに続きツルアズキの連鎖地図(図1)を完成し、栽培化に関与した遺伝子座のQTL解析を行った。アズキのSSRマーカー情報と連鎖地図情報は、ジーンバンクのホームページで公開した。微生物遺伝資源では計8,186点の特性評価を実施し、公募による1課題の委託課題を実施した。植物病原性フザリウム属菌(図2)、アグロバクテリウム属菌等の分子分類学的解析を進めた。動物遺伝資源に関しては計1,225点の特性調査を実施した。とくにカイコ遺伝資源の特性評価が順調に進み、繭色の波長スキャン調査や繭糸断面画像も得ることができ、配付可能(アクティブ)な遺伝資源が増加した。3.育種素材化において、公募による13課題を委託で実施した。コア・コレクションの整備のため、日本産カンキツ、Aゲノム野生イネ、ツルアズキ、ソルガム栽培種の4課題を実施した。4.平成19年度の遺伝資源の保存点数は、植物243,463点、微生物24,982点、動物が953点となった。クワ冬芽200点を超低温保存するとともに、イグサ42系統を供試し、培養茎頂を同一手法(ガラス化法)によって超低温保存できること(平均生存率63%)を実証した。 5.遺伝資源管理のためのプログラムの開発・改良を進めてきめ細かい管理を図り、とくに、植物防疫法などの各種規制に対応して管理するためのスキーマを開発した。また、遺伝資源の情報をユーザである研究者が使いやすくするため、植物収集地点検索システムを開発・公開した。
研究分担ジーンバンク,(基盤)
予算区分技会交付金研究 委託・バイテク先端技術[アグリ・ゲノム] 技会・その他 委託・バイテク先端技術[組換え体安全性確保] 文科省[科研費]
業績(1)Establishment of a lipid accumulation model in an insect cell line
(2)Variation of 16S-23S internally transcribed spacer sequence and intervening sequence in rDNA among the three major Agrobacterium species
(3)Development and characterization of a continuous cell line, AFKM-On-H, from hemocytes of the European corn borer Ostrinia nubilalis (H_bner) (Lepidoptera, Pyralidae)
(4)Sexual reproduction in the soybean sudden death syndrome pathogen Fusarium tucumaniae
(5)Aloe ring spot, a new disease of aloe caused by Haematonectria haematococca (Berk. & Broome) Samuels & Nirenberg (anamorph: Fusarium sp.)
(6)Cylindrocladium brown leaf spot on Howea belmoreana caused by Calonectria ilicicola (anamorph: Cylindrocladium parasiticum) in Japan
(7)Genome dissection of traits related to domestication in azuki bean (Vigna angularis) and comparison with other warm-season legumes
(8)The genetics of domestication of the azuki bean (Vigna angularis)
(9)Genetic variation in the chloroplast genome suggests multiple domestication of cultivated Asian rice (Oryza sativa L.)
(10)Isolation and characterization of polymorphic microsatellite DNA markers in the Omono type of ninespine stickleback, genus
(11)Isolation and characterization of polymorphic microsatellite DNA markers in the Japanese eight-barbel loach, Lefua echigonia
(12)Estimation of the time of divergence between Japanese Mishima Island cattle and other cattle populations using microsatellite DNA markers
(13)Chromosomes and 5S rDNA-repeats of wild taro Colocasia esculenta from Myanmar
(14)Cryopreservation of basal stem buds of in vitro-grown mat rush (Juncus spp.) by vitrification
(15)Genetic diversity of the mungbean (Vigna radiata, Leguminosae) genepool on the basis of microsatellite analysis
(16)Potential loss of unique genetic diversity in tomato landraces by genetic colonization of modern cultivars at a non-center of origin
(17)Black band of Jew’s marrow caused by Lasiodiplodia theobromae
(18)Alleviation of nickel toxicity in plants by a rhizobacterium strain is not dependent on its siderophore production
(19)Co-inoculation of an antibiotic-producing bacte-rium and a lytic enzyme-producing bacterium for the biocontrol of tomato wilt caused by Fusarium oxysporum f. sp. lycopersici
(20)Fungal cell wall degrading enzyme-producing bacterium enhances the biocontrol efficacy of antibiotic-producing bacterium against cabbage yellows
(21)Encapsulation of cabbage seeds in alginate polymer containing the biocontrol bacterium Pseudomonas fluorescens strain LRB3W1 for the control of cabbage soilborne diseases
(22)Global molecular surveillance reveals novel Fusarium head blight species and trichothecene toxin diversity
(23)Establishment of a novel in vivo sex-specific splicing assay system to identify a trans-acting factor that negatively regulates splicing of Bombyx mori dsx female exons
(24)Fusarium rot of hyacinth caused by Gibberella zeae (anamorph: Fusarium graminearum)
(25)From crop domestication to super-domestication
(26)移植前リン酸薗施用による水稲の初期生育促進
(27)クワ枝条伸長生長予測モデルの広域適用性と予測精度の検証
(28)Fusarium dimerum Penzig var. dimerumによるアロエ株腐病(新称)
(29)コンニャク品種識別マーカーの開発
(30)キレート剤を含むヘリコバクターピロリ菌用抗菌剤
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093216
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat