(2)昆虫・昆虫間、昆虫・植物間相互作用の解明と利用技術の開発

(2)昆虫・昆虫間、昆虫・植物間相互作用の解明と利用技術の開発

課題番号200709641
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間2006-2010
年度2007
大課題4)生物間相互作用の解明と制御技術の開発
中課題(2)昆虫・昆虫間、昆虫・植物間相互作用の解明と利用技術の開発
小課題(2)昆虫・昆虫間、昆虫・植物間相互作用の解明と利用技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要1.ツマグロヨコバイラッカーゼの遺伝子配列を個体群間で比較したところ、アミノ酸配列に変異は確認されたが、抵抗性イネの加害系統と非加害系統間で一貫した結果が得られなかった。2.ツマグロヨコバイ頭部を約18,000頭から、各種クロマトグラフィーを駆使した精製により、45 μgのβ-グルコシダーゼ標品を得た。活性の回収率10-14%、 精製度は約800倍となり、SDS-PAGEにより単一バンドを示した。 3.イネのツマグロヨコバイに対する抵抗性候補遺伝子を導入した形質転換系統の芽出し個体が孵化幼虫に高い死亡率をもたらすことを後代検定で確認した。また、トビイロウンカ抵抗性では、候補領域を約500 kbに絞り込んだ。4.エリサン幼虫に成長阻害活性を示すクワ乳液に含まれる耐虫性タンパク質の全長塩基配列を得た。また、このタンパク質は、害虫のヨトウガ幼虫には強い成長阻害効果を発揮したがカイコ幼虫にはまったく毒性を示さなかった。5.クワからカイコ幼虫体内に取り込まれるケルセチン配糖体を投与することによってカイコ幼虫の組織中の抗酸化度が向上することが明らかになった。6.5種ハナカメムシのmtDNAについて、15kbp?16kbpの塩基配列を確定し解析した結果、いずれの種でもマイクロサテライトDNA様の単純な反復配列が存在し、その反復数には著しい個体変異があることが明かとなった。7.ナミハダニ加害によってインゲンから4成分、茶からは3成分の化学物質が放出され、インゲン及びチャ上のナミハダニで飼育したケナガカブリダニは、それぞれの植物から放出される成分すべて(インゲンでは4成分、茶では3成分)の混合物にのみに選好性を示し、学習効果もあることがわかった。8.ゴマダラカミキリに対する誘引効果を温州ミカン以外のカンキツで調べたところ、ポンカンに対する反応が高い傾向が認められ、ポンカン切枝からモノテルペンアルコール成分を検出した。9.ミヤコケブカアカチャコガネの休眠成虫の性成熟の誘起に幼若ホルモン投与が有効であることがわかった。
研究分担昆虫ー昆虫・植物間相互作用研究U,(昆虫)
予算区分技会交付金研究 委託・バイテク先端技術[アグリ・ゲノム] 技会・その他 その他 文科省[科研費]
業績(1)Control of the sugarcane click beetle Melanotus okinawensis Ohira (Coleoptera: Elateridae) by mass trapping using synthetic sex pheromone on Ikei Island, Okinawa, Japan
(2)Parasitism, development and adult longevity of the egg parasitoid Telenomus nawai (Hymenoptera: Scelionidae) on the eggs of Spodoptera litura (Lepidoptera:Noctuidae)
(3)DNA sequence variation in the Tetranychus kanzawai complex in northern Hokkaido, Japan
(4)Morphological and chemical comparison of males of the white grub beetle Dasylepida ishigakiensis (Coleoptera: Scarabaeidae) among four island populations in the Sakishima Islands of Okinawa
(5)Differential effects of sugar-mimic alkaloids in mulberry latex on sugar metabolism and disaccharidases of Eri and domesticated silkworms: Enzymatic adaptation of Bombyx mori to mulberry defense
(6)Regioselective formation of quercetin 5-O-glucoside from orally administered quercetin in the silkworm, Bombyx mori
(7)Essential compounds in herbivore-induced plant volatiles that attract the predatory mite Neoseiulus womersleyi
(8)Genetic variations in a population of herbivorous mites Tetranychus urticae in the production of the induced volatiles by kidney bean plants
(9)Suppression of the stored-product insect Tribolium confusum by Xylocoris flavipes and Amphibolus venator
(10)The genetic variations among populations of Tetranychus kanzawai complex (Acari: Tetranychidae) indicated by using mitochondrial, ribosomal, and microsatellite DNA markers
(11)The population genetic structure of Tetranychus kanzawai Kishida (Acari: Tetranychidae) in northern Hokkaido, Japan, as estimated using microsatellite polymorphism
(12)Ecological and morphological attributes of parthenogenetic Japanese Schwiebea species (Acari: Acaridae)
(13)Dimocarpomyia, a new oriental genus of the tribe Asphondyliini (Diptera: Cecidomyiidae) inducing leaf galls on longan (Sapindaceae)
(14)Sex pheromone of the blue-striped nettle grub moth Parasa lepida (Cramer) (Lepidoptera: Limacodidae): Identification and field attraction
(15)Sex pheromone of the oriental tussock moth Artaxa subflava (Bremer) (Lepidoptera: Lymantriidae): Identification and field attraction
(16)Aggregation of the black chafer Holotrichia loochooana loochooana (Sawada) (Coleoptera: Scarabaeidae): Function of female pheromone and possible adaptive significance
(17)Host plant chemicals serve intraspecific communication in the white-spotted longicorn beetle, Anoplophora malasiaca (Thomson) (Coleoptera: Cerambycidae)
(18)ゴマダラカミキリの性刺激剤
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093227
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat