(1)安全性確保や有用物質生産に向けた組換え基盤技術の開発

(1)安全性確保や有用物質生産に向けた組換え基盤技術の開発

課題番号200709644
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間2006-2010
年度2007
大課題1)バイオテクノロジーによる有用物質生産技術の開発
中課題(1)安全性確保や有用物質生産に向けた組換え基盤技術の開発
小課題(1)安全性確保や有用物質生産に向けた組換え基盤技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要ジーンターゲッティング1.イネカルス細胞から染色体標本を作製する手法を開発した。2.イネのジーンターゲッティング(GT)において、点変異導入型、プロモーター置換型、レポーター挿入型のベクター系を構築した。イネのGTにミスマッチ修復が関与することを示した。GT効率化に向け、姉妹染色分体交換の抑制に働くヘリカーゼを明らかにし、ジンクフィンガーヌクレアーゼのin vivoアッセイ系を確立した。3.非接触型超音波遺伝子導入装置を作成し、イネ種子への一過的な遺伝子導入を検出した。部位特異的組換え酵素の利用1.イネにおいて部位特異的に遺伝子を導入することに成功した。また部位特異的組換え酵素の時期・組織特異的発現により、マーカーの効率的除去を示唆する結果を得た。ジーンサイレンシングの制御1.サイレンシングを受ける内在性遺伝子がトランススプライシングを受けたRNAを産生していることを示した。2.OsSIRT4,OsMOM1b1の変異体のアレイ解析を行い、イネにおいて多数の内在性サイレンシングマーカー遺伝子候補を見出した。オルガネラ工学1.加工特性に優れたイネ変異体を玄米1粒で判別する方法、及びその変異体の米粉の利用法を開発した(図1)。安全性1.イネ葉緑体へ導入した遺伝子が次世代に遺伝することを示した。プロテアーゼ等の利用により、雄性不稔ブロッコリーを作成した。セイヨウナタネと在来ナタネの雑種の環境適応度は両親より低下していることが確認された。
研究分担遺伝子組換え技術研究U,(植物)
予算区分技会交付金研究 委託・バイテク先端技術[組換え体安全性確保] 技会・その他 その他 文科省[科研費]
業績(1)Molecular breeding of a novel herbicide-tolerant rice by gene targeting
(2)The TIR-NBS but not LRR domains of two novel N-like proteins are functionally competent to induce the elicitor p50-dependent hypersensitive response
(3)Transgenic Nicotiana benthamiana plants resistant to cucumber green mottle mosaic virus based on RNA silencing
(4)Over-expression of calcium-dependent protein kinase 13 and calreticulin interacting protein 1 confers cold tolerance on rice plants
(5)Two alternatively spliced transcripts generated from OsMUS81, a rice homolog of yeast MUS81, are up-regulated by DNA-damaging treatments
(6)Receptor-like protein kinase 2 (RPK 2) is a novel factor controlling anther development in Arabidopsis thaliana
(7)A genome-wide gain-of-function analysis of rice genes using the FOX-hunting system
(8)A novel NAC transcription factor, IDEF2, that recognizes the iron deficiency-responsive element 2 regulates the genes involved in iron homeostasis in plants
(9)Gene organization in rice revealed by full-length cDNA mapping and gene expression analysis through microarray
(10)Rice WRKY45 plays a crucial role in benzothiadiazole-inducible blast resistance
(11)Rice tillering dwarf mutant dwarf3 has increased leaf longevity during darkness-induced senescence or hydrogen peroxide-induced cell death
(12)Propanil and swep inhibit 4-coumarate:CoA ligase activity in vitro
(13)任意のペプチドを植物のタンパク顆粒で蓄積させる方法
(14)任意のペプチドを植物のタンパク顆粒で蓄積させる方法(イネ胚乳組織のタンパク顆粒PB-1で外来遺伝子産物の蓄積に必要なアミノ酸配列の同定とその利用)
(15)アセト乳酸合成酵素遺伝子プロモーター
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093230
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat