(4)動物を用いた有用物質生産技術の開発とモデル家畜の作出

(4)動物を用いた有用物質生産技術の開発とモデル家畜の作出

課題番号200709647
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間2006-2010
年度2007
大課題1)バイオテクノロジーによる有用物質生産技術の開発
中課題(4)動物を用いた有用物質生産技術の開発とモデル家畜の作出
小課題(4)動物を用いた有用物質生産技術の開発とモデル家畜の作出
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要1.医療用モデルブタの開発を目的として、ブタ胎子線維芽細胞にノックアウトベクターを導入し、G418による薬剤選択を行った。目的遺伝子がノックアウトされた細胞を選び、核移植を行ったところ、計31頭の遺伝子ノックアウト・クローン産子が得られ、うち4頭は生存中である。2.ヒトセレノプロテイン(hSP)遺伝子導入雄ヤギを交配に用い、雄3頭、雌1頭の後代を得た。PCR解析により、雄1頭を除いてhSP遺伝子の伝達を確認した。得られた後代組換えヤギの体重、体温、血液性状は正常であった。また、乳腺特異的BACベクターを導入したG418耐性細胞を分離し、これらの細胞を用いたクローンヤギ作出を開始した。3.初期胚血液より採取した始原生殖細胞をイン・ビトロ培養下で1か月間維持できた。これらの始原生殖細胞をレシピエント胚の血液中へ移植した結果、生殖隆起への移住能が確認された。孵卵20日目胚の生殖巣に存在する生殖細胞は抗CVH抗体染色により同定でき、雄由来の生殖細胞ではイン・ビトロ培養下で増殖が認められた。4.スクレイピー感染マウス脳において、PrPSc蓄積が著明になる感染後期にかけてミクログリアの活性化とP2X7受容体mRNA発現量の増加が認められた。プリオン感染とミクログリアにおけるP2X7受容体亢進との関連性が示唆された。5.P2X7受容体の細胞内ドメインに特異的なモノクローナル抗体遺伝子からintrabodyを構築し、マウスの受精卵に顕微注入した。作出された7系統の遺伝子組換えマウスのうち、少なくとも2系統において抗P2X7- intrabodyタンパク質の発現が確認され、残りも調査中である。6.血管内皮増殖因子(VEGF)を含むコラーゲンビトリゲル薄膜は、生理食塩水中にVEGFを継続的に徐放した。ラット皮下へ移植して14日後の観察では、コントロールに比べVEGF含有のコラーゲンビトリゲル薄膜を移植した周囲で多くの毛細血管網が観察され、血管新生の誘導活性が確認された。
研究分担遺伝子組換え家畜研究センター,(動物)
予算区分技会交付金研究 委託・バイテク先端技術[アグリ・ゲノム] 文科省・JST競争的資金 技会・その他 その他 文科省[科研費]
業績(1)Establishment of a lipid accumulation model in an insect cell line
(2)Upregulation of tight-junctional proteins in corneal epithelial cells by corneal fibroblasts in collagen vitrigel cultures
(3)Alternative strategy for overcoming ABO incompatibility
(4)Germ cell-specific expression of GFP gene induced by chicken vasa homologue (Cvh) promoter in early chicken embryos
(5)Effect of soft X-ray irradiation on the migratory ability of primordial germ cells in chickens
(6)Intense expression of GFP gene in gonads of chicken embryos by transfecting circulating primordial germ cells in vitro and in vivo
(7)Testicular and ovarian gonocytes from 20-day incubated chicken embryos contribute to germline lineage after transfer into bloodstream of recipient embryos
(8)Impaired LPS-induced signaling in microglia overexpressing the Wiskott-Aldrich syndrome protein N-terminal domain
(9)KIT receptor-positive cells in the bovine corpus luteum are primarily theca-derived small luteal cells
(10)Activin as an anti-inflammatory cytokine produced by microglia
(11)Characterization of a donor mitochondrial DNA transmission bottleneck in nuclear transfer derived cow lineages
(12)Prion infection correlates with hypersensitivity of P2X7 nucleotide receptor in a mouse microglial cell line
(13)Tissue array substratum composed of histological sections: A new platform for orienting differentiation of embryonic stem cells towards hepatic lineage
(14)A protein-permeable scaffold of a collagen vitrigel membrane useful for reconstructing crosstalk models between two different cell types Cells
(15)Reconstruction of a hard connective tissue utilizing a pressed silk sheet and type-I collagen as the scaffold for fibroblasts
(16)Collagen vitrigel membrane useful for paracrine assays in vitro and drug delivery systems in vivo
(17)A novel method to isolate primordial germ cells and its use for the generation of germline chimeras in chicken
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093233
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat