(1)絹タンパク質を利用した医療用素材の開発

(1)絹タンパク質を利用した医療用素材の開発

課題番号200709648
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間2006-2010
年度2007
大課題2)シルクテクノロジーによる生活・医療素材の開発
中課題(1)絹タンパク質を利用した医療用素材の開発
小課題(1)絹タンパク質を利用した医療用素材の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要1.冷却速度・時間を変化させることにより、フィブロイン-有機溶媒混合水溶液の凍結プロセスを制御することが可能であることを見出し、フィブロイン多孔質構造体の多孔質構造や孔径をコントロールする技術を開発した。2.フィブロインH鎖タンパク質の繰り返し領域の代わりにオニグモ牽引糸タンパク質の一部を挿入した組換えタンパク質の組換えカイコによる発現に成功した。3.バージンセリシンを利用してゲルフィルム化プロセスにより、高含水でありながら優れた力学的物性を持つセリシンフィルム材料の開発に成功した。4.ゲルフィルム化は、βシート構造(セリシン)やcoiled coil構造(ホーネットシルク)による架橋点の形成とその後の分子ネットワーク形成によるプロセスであることを確認した。5.セリシンAタンパク質の分子性状を調査し、糖鎖付加や酵素的二量体化が生じていないことを確認した。6.キイロスズメバチのホーネットシルクタンパク質のcDNA配列を決定し、またアミノ酸繰り返し構造が豊富な新たなホーネットシルクタンパク質を見出した。7.ゲルフィルム化手法で作製したフィブロイン、バージンセリシン、及びホーネットシルクのモルモット皮膚感作性評価を実施し、いずれの材料も陰性であることを確認した。8.オニグモ牽引糸タンパク質の繊維化には、脱水プロセスによる2次構造変化とともに物理的延伸プロセスが重要であることを確認した。
研究分担絹タンパク素材開発U,(昆虫)
予算区分技会交付金研究 委託・バイテク先端技術[アグリ・ゲノム] 文科省・JST競争的資金 その他 文科省[科研費]
業績(1)Transplantation of allogeneic chondrocytes cultured in fibroin sponge and stirring chamber to promote cartilage regeneration
(2)Gold nanoparticles used as a carrier enhance production of anti-hapten IgG in rabbit: A study with azobenzene-dye as a hapten presented on the entire surface of gold nanoparticles
(3)Development of a compact stacked flatbed reactor with immobilized high-density bacteria for hydrogen production
(4)In-situ observation of tryptophan in larval cocoon silk of the hornet Vespa simillima xanthoptera cameron by ultraviolet resonance raman spectroscopy
(5)A new method for the modification of fibroin heavy chain protein in the transgenic silkworm
(6)Ecdysone response element in a baculovirus immediate-early gene, ie1, promoter
(7)Vibrational spectroscopic study of sulphated silk proteins
(8)Identification of four major hornet silk genes with a complex of Alanine-rich and Serine-rich sequences in Vespa simillima xanthoptera Cameron
(9)Crystal structures of hydrogenase maturation protein HypE in the apo and ATP-bound forms
(10)Chemical and physical properties of sulfated silk fabrics
(11)Identification and characterization of a novel sericin gene expressed in the anterior middle silk gland of the silkworm Bombyx mori
(12)Time-dependent changes in adhesive force between chondrocytes and silk fibroin substrate
(13)Improving cell-adhesive properties of recombinant Bombyx mori silk by incorporation of collagen or fibronectin derived peptides produced by transgenic silkworms
(14)オニグモ縦糸タンパク質を導入した遺伝子組換えカイコ絹糸の高次構造解析
(15)天然生体高分子を含有するコンタクトレンズ及びその製造方法
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093234
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat