a 森林への温暖化影響予測及び二酸化炭素吸収源の評価・活用技術の開発

a 森林への温暖化影響予測及び二酸化炭素吸収源の評価・活用技術の開発

課題番号2008010763
研究機関名森林総合研究所
研究期間2006-2010
年度2008
大課題(ア)地球温暖化対策に向けた研究
中課題a 森林への温暖化影響予測及び二酸化炭素吸収源の評価・活用技術の開発
小課題a 森林への温暖化影響予測及び二酸化炭素吸収源の評価・活用技術の開発
大項目1 研究の推進
中項目(1)重点研究領域
摘要日本各地で竹林面積が増加している。竹林の炭素蓄積量を求めるため、竹の稈(幹)の直径測定データを用いた地上部と地下部バイオマス推定式を作成し、森林計画データを活用することにより全国の竹林における炭素量や二酸化炭素吸収量を算定する方法を開発した。また、森林の二酸化炭素吸収量を評価するため、間伐などの森林管理や温暖化などの環境変化がスギやヒノキの人工林の成長に及ぼす影響を評価するモデルを開発した。スギとヒノキの収穫試験地のデータを解析し、無間伐林は林齢が若いうちにバイオマスの増加が頭打ちになること、炭素固定量を増やすためには十分な間伐が必要なことなどを明らかにした。
研究分担(独)森林総合研究所,企画部
予算区分イノベーション創出事業 技会・その他 林野庁交付金 林野庁・その他 文科省[科研費] 文科省・その他 環境省競争的資金 環境省・その他
業績(1)A neural network approach to simple prediction of soil nitrification potential: A case study in Japanese temperate forests.(森林土壌硝化活性の簡易予測におけるニューラルネットワークアプローチ、日本の温帯林における事例)
(2)Leaf photosynthetic and growth responses on four tropical tree species to different light conditions in degraded tropical secondary forest, Peninsula Malaysia.(半島マレーシアの劣化した二次林に植栽した4樹種の光合成と成長反応)
(3)秋田地方のスギ人工林における林分材積成長量の経年推移
(4)樹木指標による土壌CO2フラックスの空間変動の推定
(5)Leaf-age effects on seasonal variability in photosynthetic parameters and its relationships with leaf mass per area and leaf nitrogen concentration within a Pinus densiflora crown (アカマツ樹冠内における光合成能力および葉内窒素量の季節変化に及ぼす葉齢の影響)
(6)Leaf-Shedding Phenology in Lowland Tropical Seasonal Forests of Cambodia as Estimated From NOAA Satellite Images. (衛星NOAAによるカンボジア季節性熱帯低地林における葉群フェノロジーの推定)
(7)Using landscape metrics and topographic analysis to examine forest management in a mixed forest, Hokkaido, Japan: guidelines for management interventions and evaluation of cover changes
(8)マレーシア・セランゴール州における都市近郊林の変化に関する傾度分析
(9)Potential N2O emissions from leguminous tree plantation soils in the humid tropics(湿潤熱帯のマメ科樹木の植林によってN2Oが放出される可能性について)
(10)Recovery of species diversity and composition of braconid parasitic wasps after reforestation of degraded grasslands in lowland East Kalimantan
(11)Reflectance characteristics of major land surfaces in slash-and-burn ecosystems in Laos
(12)Scaling-up technique for net ecosystem productivity of deciduous broadleaved forests in Japan using MODIS data(日本の落葉広葉樹林の生態系純生産量の、MODIS衛星データを用いたスケールアップ手法)
(13)Spatial distribution of carbon balance in forest ecosystems across east Asia(東アジア森林生態系の炭素収支の空間分布特性)
(14)Spatial structures of N2O, CO2, and CH4 fluxes from Acacia mangium plantation soils during a relatively dry season in Indonesia(インドネシアでの比較的乾燥した季節におけるアカシアマンギウム植林土壌からのN2O、CO2、CH4フラックスの空間構造について)
(15)Temporal and spatial variations in the seasonal patterns of CO2 flux in boreal, temperate, and tropical forests in east Asia(東アジアの亜寒帯、温帯、熱帯の森林におけるCO2フラックス季節変化パターンとその空間分布)
(16)Predicting changes in potential distributions of 27 coniferous species following climate change in Japan
(17)Biochar Amendment Techniques for Upland Rice Production in Northern Laos. 1: Soil Physical Properties, Leaf SPAD and Grain Yield.
(18)REDD(レッド)と違法伐採、日本林業への期待-「木はお金で育つか?」もあわせてお読み下さい
(19)温暖化政策支援モデルのための県別ブナ林影響関数の開発
(20)Assessing the potential impacts of climate change on the alpine habitat suitability of Japanese stone pine (Pinus pumila) ハイマツの潜在分布域の予測と温暖化影響
(21)Butterfly assembrages in plantation forest and degraded land, and their importance to Clean Development Mechanism-Afforestation and Refortestation
(22)イヌケホシダの潜在分布域と気候変化シナリオに基づく分布変化の予測
(23)日本におけるチマキザサ節の潜在分布域の予測と気候変化の影響評価
(24)本州東部におけるチシマザサの潜在分布域の予測と気候変化の影響評価
(25)Review of tower flux observation sites in Asia (アジアにおけるタワーフラックス観測サイトの現状)
(26)海外産業植林への期待―その現状と課題、可能性
(27)地球温暖化緩和への森林の役割
(28)50m解像度のPALSARデータの土地被覆判読性
(29)Scaling-up technique for net ecosystem productivity of deciduous broadleaved forests in Japan using MODIS data(MODISデータを用いた日本の落葉広葉樹林の純生態系生産量のスケールアップ手法)
(30)森の恵み:アジアの食べ物、香辛料、工芸品と樹脂
(31)LIDARデータを用いた林冠撹乱強度と森林構造の関係
(32)Socio-economic conditions and agroforestry systems of local people in Sabah(サバ州における地元住民の社会経済条件とアグロフォレストリーシステム)
(33)Temperature controls temporal variation in soil CO2 efflux in a secondary beech forest in Appi Highland, Japan. (安比高原のブナ二次林における土壌CO2フラックスの時間変動に対する地温の影響)
(34)Trade-Offs and Synergy in Slash-and-Burn Farming: A Case Study FromNorthern Lao People's DemocraticRepublic
(35)熱帯の森林火災と人々の生計-インドネシア大規模火災の原因、予防への動機付け-
(36)白神山地のブナ林と温暖化
(37)間伐及び立木密度の管理が材質に及ぼす影響
(38)九州における森林・所有者情報データベース設置事業の現状と課題
(39)固定試験地による愛知・岐阜地方スギ林林分収穫表の検証
(40)枯死木からのCO2放出量の推定−羊ヶ丘実験林風倒被害3年後での試算−
(41)収穫試験地継続調査データによる炭素収支を基礎としたヒノキ成長モデルの構築
(42)上層高の変化から森林の炭素蓄積の変化を推定するときの課題
(43)測定時間帯による地温-土壌呼吸関係の変化
(44)半島マレーシアにおける熱帯樹木稚樹の光環境と葉の寿命・形態の関係
(45)PALSARデータを用いた土地被覆の判読−東日本の事例−
(46)京都議定書3条3項の下におけるARD把握手法の評価
(47)中国内蒙古自治区に生育する臭柏(Sabina vulgaris Ant.)の地下水面からの距離と種子充実率の関係
(48)木曽ヒノキの集団枯損について−赤沢ヒノキ等林木遺伝資源保存林(奥千本)の事例−
(49)半島マレーシアにおけるフタバガキ科植栽苗の光環境と成長
(50)Changes in leaf water use after removal of leaf lower surface hairs on Mallotus macrostachyus (Euphorbiaceae) in a tropical secondary forest in Malaysia.(マレーシア熱帯二次林樹木Mallotus macrostachyus (トウダイグサ科)の葉毛除去後の葉の水利用特性変化)
(51)A new record of Oniticellus cinctus (Coleoptera, Scarabaeidae) from Borneo(ボルネオからのOniticellus cinctus(甲虫目,コガネムシ科)の新記録)
(52)New Locality and host records of Triachys bilobulartus (Coleoptera, Cerambycidae)
(53)Eddy covariance CO2 flux above a Gmelin larch forest on coninuous permafrost in Central Siberia during a growing season(中央シベリア永久凍土地帯のグメリンカラマツ林成長期の渦相関法CO2フラックス)
(54)Effects of thinning and site productivity on culmination of stand growth: results from long-term monitoring experiments in Japanese cedar (Cryptomeria japonica D. Don) forests in north-eastern Japan
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093250
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat