a 生物多様性保全技術及び野生生物等による被害対策技術の開発

a 生物多様性保全技術及び野生生物等による被害対策技術の開発

課題番号2008010765
研究機関名森林総合研究所
研究期間2006-2010
年度2008
大課題(イ)森林と木材による安全・安心・快適な生活環境の創出に向けた研究
中課題a 生物多様性保全技術及び野生生物等による被害対策技術の開発
小課題a 生物多様性保全技術及び野生生物等による被害対策技術の開発
大項目1 研究の推進
中項目(1)重点研究領域
摘要マツ材線虫病は我が国で最も甚大な病害をもたらしている森林害虫です。これまでその検出には高度な知識と高額な機器が必要であった。安価で迅速な判定を目指し、DNA情報を利用したマツ材線虫病診断キットを開発した。これにより2日間を要した診断が専門技術がなくとも90分で可能となった。一方、野生シカの増加も各地で森林被害を増大させている。大台ヶ原において、シカが食べる下層植生の現存量を基準にして、環境が許容できるシカの密度と下層植生の管理方法を作成し、大台ヶ原の自然再生手法として提案した。また、レブンアツモリソウは盗掘のため絶滅の危機にあり、7種の特定国内希少野生動植物種に含まれている。その回復を図るため、共生菌を利用した人工培養技術を完成させ、その適用の可否を様々な角度から検討した。その結果、礼文島内でも地域により遺伝的多様性が異なることや受粉昆虫の生息に関わる環境の保全も重要であることがわかり、レブンアツモリソウ保全における問題点を示した。
研究分担(独)森林総合研究所,企画部
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 技会・その他 林野庁交付金 林野庁・その他 文科省[科研費] 環境省競争的資金 環境省・その他 その他
業績(1)Expressed sequence tag-simple sequence repeats isolated from Shorea leprosula and their transferability to 36 species within the Dipterocarpaceae(ショレアレプロスラに由来するEST-SSRとディプテロカルパスの36種におけるトランスフェーラビィリティ)
(2)Reproduction of female sika deer in western Japan,(西日本におけるメスのニホンジカの繁殖)
(3)EST-SSRs isolated from Shorea leprosula and their transferability to 36 species within the Dipterocarpaceae. (Shorea leprosulaから単離されたEST-SSRとそれらのフタバガキ科樹36種への応用性)
(4)Contributions to the lichen flora of the Yambaru Area, Okinawa Ryukyu Is., South-western Japan (1).Genus Porina (沖縄本島ヤンバル地方の地衣フロラ(1)マルゴケ属)
(5)小笠原諸島母島産絶滅危惧種ハザクラキブシの新個体群発見とそれにより明らかになった種特性及び生育環境
(6)Taxonomy and systematics of the nematode genus Bursaphelenchus (Nematoda: Parasitaphelenchidae).
(7)Phylogenetic position of the endemic large carpenter bee of the Ogasawara Islands, Xylocopa ogasawarensis (Matsumura, 1912) (Hymenoptera: Apidae), inferred from four genes
(8)日本における動物による種子散布の研究と今後の課題
(9)草食性哺乳類がミヤコザサの地上部と地下部に与える影響 -採食排除後4年目の調査から-
(10)Tropical nematode diversity: vertical stratification of nematode communities in a Costa Rican humid lowland rainforest.
(11)Irruptive behavior in sika deer. (ニホンジカの爆発的増加)
(12)Is there a genetic difference between invasive and non-invasive bears?(出没グマと非出没グマに遺伝的差異はあるか?)
(13)双眼鏡を用いたミズナラの結実状況の評価
(14)筑波山および茨城県南部と西部の平野部におけるウラギンヒョウモン (チョウ目: タテハチョウ科) の採集・目撃記録と分布
(15)Aggregation of Red Jungle Fowl Gallus gallus on a road in Alaungdaw Kathapa National Park, Myanmar(ミャンマーアランドカタファ国立公園の道路沿いに見られた赤色野鶏の集団について)
(16)日本の亜熱帯地域から報告されたハラタケ型菌類目録
(17)Development of 10 microsatellite markers for Quercus mongolica var. crispula by database mining. (データマイニングを用いたミズナラの10マイクロサテライトマーカーの開発)
(18)Development of ten microsatellite markers for Quercus mongolica var. crispula by database mining(マイニングによるミズナラのマイクロサテライトマーカーの開発)
(19)Development and chracterization of microsatellite markers for Hibiscus glaber Matsum. Ex Nakai, an endemic tree species of the oceanic Bonin Islands, Japan(日本の海洋島である小笠原諸島における絶滅危惧樹種テリハハマボウのマイクロサテライトマーカーの開発)
(20)Geographical variation in climatic cues for mast seeding of Fagus crenata(ブナの豊作をもたらす気象合図の地理的変異)
(21)ニホンジカの生息密度とその被害との関係−剥皮害を中心として−
(22)オオタカの遺伝的多様性
(23)亜熱帯産ハラタケ型菌類(1)LentinusおよびPanus
(24)Density-dependent selfing and its effects on seed performance in a tropicalcanopy tree species, Shorea acuminata (Dipterocarpaceae).(フタバガキ科Shorea acuminataの密度依存自殖率と種子生産性への影響)
(25)クマとブナの微妙な関係
(26)Clusiidae (Diptera) from log emergence traps in the Yambaru, a subtropical forest of Japan(亜熱帯林やんばるに設置された羽化トラップから得られたクチキバエ類)
(27)Coordination between leaf and stem traits related to leaf carbon gain and hydraulics across 32 drought-tolerant angiosperms.(乾燥耐性植物32種における光合成と水分生理に関する葉と茎の特性の相互関係)
(28)センダン,シャリンバイの種子発芽特性にみられる地理的変異
(29)羽化トラップ
(30)Nutritional condition and dietary profile of invasive bears in Hiroshima Prefecture, western Japan(西日本、広島県における出没グマの栄養状態と食性履歴)
(31)集合フェロモン剤および共力剤の併用によるカシノナガキクイムシの誘引
(32)Possible dispersal of land snails by birds (鳥による陸産貝類の散布可能性)
(33)特定国内希少野生動植物種の保全に関する提案−レブンアツモリソウをモデルとした研究から−
(34)Bursaphelenchus rufipennis n. sp. (Parasitaphelenchinae) and redescription of Ektaphelenchus obtusus (Ektaphelenchinae), associates from nematangia on the hind wings of Dendroctonus rufipennis (Coleoptera: Scolytidae).
(35)キョウチクトウスズメの熊本市内での越冬の可能性について
(36)Developing a pre-entry weed risk assessment system for use in Japan.(日本における導入前雑草リスク評価法の構築)
(37)Defecation of sika deer, Cervus nippon.
(38)古処山地のヒノキ林で2007年に発生した角こすりとシカの利用頻度
(39)沖縄島北部やんばる地域における森林性動物の地上利用パターンとジャワマングースHerpestes javanicus の進入に対する脆弱性について
(40)First Report of parthenogenesis in the genus Bursaphelenchus Fuchs, 1937: a description of Bursaphelenchus okinawaensis sp. nov. isolated from Monochamus maruokai (Coleoptera: Cerambycidae).
(41)Description of Neodiplogaster crenatae sp. n. and N. acaloleptae sp. n. (Nematoda: Diplogastridae) from Japan.
(42)Why have endemic pollinators declined on the Ogasawara Islands? (なぜ小笠原諸島で固有の送粉者が衰退したのか?)
(43)Bursaphelenchus tokyoensis n. sp. (Nematoda: Parasitaphelenchinae) isolated from dead wood of the Japanese red pine, Pinus densiflora Sieb. & Zucc., in Japan.
(44)クマ類の保護管理へのコメント
(45)Threats to indigenous biota from introduced species on the Bonin Islands, southern Japan.
(46)The first report of a putative “entomoparasitic adult form” of Bursaphelenchus.
(47)大型哺乳類の管理
(48)Bursaphelenchus mucronatus (Nematoda: Aphelenchoididae) vectored by Monochamus urussovi (Coleoptera: Cerambycidae) in Hokkaido, Japan.(北海道でシラフヨツボシヒゲナガカミキリに媒介されるニセマツノザイセンチュウ)
(49)シカの採食がササにゴールを形成するタマバエとその2種寄生蜂に与える間接効果
(50)小笠原乾燥尾根部に成育する植物の葉と茎の生理生態学的特性
(51)Hot water tolerance of soil animals: utility of hot water immersion for preventing invasions of soil animals
(52)Sap visiting behavior of Ladoga glorifica (Fruhstorfer) adult (Lepidoptera, Nymphalidae)
(53)京都府で有害捕獲されたツキノワグマの性・年齢構成の特徴
(54)マツノザイセンチュウ以外の Bursaphelenchus 属樹木病原線虫:病原性とリスク評価.
(55)茨城県におけるナガサキアゲハ(チョウ目:アゲハチョウ科)の記録. 井上大成・植村好延・久松正樹
(56)沖縄本島北部の森林林床に設置した羽化トラップで得られたオキナワヒメハルゼミ
(57)林業地域における生物多様性保全技術
(58)Redescription of four North American Bursaphelenchus species from Massey’s type material.
(59)ホルトノキ萎黄病に対する抗生物質の樹幹注入による薬害発生と樹勢回復
(60)Genetic characteristics of the Black-footed Albatross Diomedea nigripes on the Bonin Islands and their implications for the species' demographic history and population structure (小笠原諸島におけるクロアシアホウドリの遺伝学的特徴)
(61)カシノナガキクイムシによるナラ枯れ被害対策の検討
(62)Effects of deer and mice on seedling survival in a temperate mixed forest of Japan (日本の温帯混交林における、シカとネズミが実生の生存に及ぼす効果)
(63)オオタカの分布と形態
(64)オオゾウムシSipalinus gigas (Fabricius) のアカマツ製材面への加害
(65)Potential impacts of the invasive flatworm Platydemus manokwari on arboreal snails
(66)第8章 森林に依存する生活史―ニホンリス―
(67)Nutritional condition and dietary profile of Japanese black bear (Ursus thibetanus japonicus) killed in western Japan in autumn 2004(2004年秋に西日本で捕獲されたツキノワグマの栄養状態と食性履歴)
(68)Sex pheromone of Lymantria dispar is antagonistic topheromonal attraction of male L. mathura(マイマイガの性フェロモンはカシワマイマイ雄のフェロモン誘引を抑制する)
(69)四国におけるツキノワグマの個体情報の収集〜体毛をもちいた遺伝学的手法による個体識別〜
(70)Mixed-species flocks of birds in Madagascar (マダガスカルにおける鳥の混群)
(71)Size-related flowering and fecundity in the tropical canopy tree species, Shorea acuminata (Dipterocarpaceae) during two consecutive general flowerings. (フタバガキ科Shorea acuminataの開花期の開花量と結実量)
(72)Vector-host tree relationships and the abiotic environment (媒介者−宿主樹木間の関係と被生物的環境要因)
(73)小笠原外来樹種の生理生態
(74)Extinction threats of a narrow endemic shrub, Stachyurus macrocarpus (Stachyuraceae) in the Ogasawara Islands (小笠原諸島産固有種ナガバキブシ(キブシ科)の絶滅リスク要因)
(75)森林の結実を測り、予測する・・・ブナ豊凶の全国予報への途
(76)Attraction trap for monitoring Monochamus alternatus adults: its usefulness and limitations(マツノマダラカミキリ成虫モニタリングのための誘引トラップ:その有効性と限界)
(77)栃木県におけるオオタカ雄成鳥の行動圏内の環境選択
(78)Chap. VI: The tree: physiology, resistance and histopathology as a result of pine wilt disease. VI3: Defense Systems of Pinus Densiflora Cultivars Selected as Resistant to Pine Wilt Disease.
(79)Control of Japanese Oak Wilt Using Aggregation Pheromone of Platypus quercivorus (Coleoptera: Platypodidae)
(80)生息環境モデルによるオオタカの営巣数の広域的予測:関東地方とその周辺
(81)Ecology and conservation of an endangered willow, Salix hukaoana (絶滅危惧種ユビソヤナギの生態と保全)
(82)Impact of selective logging on genetic diversity of two tropical tree species with contrasting breeding systems using direct comparison and simulation methods(ダイレクト比較とシミュレーション法による対照的なブリーディングシステムにおける二つのトロピカルな樹種の遺伝的多様性に対するセレクティブロッジングの効果)
(83)小笠原諸島におけるイソヒヨドリの外来植物種子散布
(84)Inoculation of pine trees with avirulent pine wood nematode under experimental conditions: risk-benefit analysis(弱病原力マツノザイセンチュウのマツへの接種実験:リスク便益分析)
(85)Introduction of Part V ""Related Microbes""、Interactions of pine wood nematodes, wood-inhabiting fungi, and vector beetles(マツノザイセンチュウ、材内菌類、媒介昆虫の相互作用)、Concluding Remarks of Part V ""Related Microbes""
(86)樽前山山麓2004年18号台風風倒地における2008年度ヤツバキクイムシ類被害状況
(87)地衣類採集後の樹皮の回復について
(88)小笠原諸島における侵略的外来種の根絶とその影響に関する研究
(89)Genetic and morphological differences between populations of the Bonin Islands White-eye in the Bonin Islands, southern Japan(小笠原諸島におけるメグロ個体群間の遺伝的及び形態的変異)
(90)小笠原諸島における送粉系撹乱の現状とその管理戦略
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093252
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat