a 森林生物の生命現象の解明

a 森林生物の生命現象の解明

課題番号2008010771
研究機関名森林総合研究所
研究期間2006-2010
年度2008
大課題(ア)新素材開発に向けた森林生物資源の機能解明
中課題a 森林生物の生命現象の解明
小課題a 森林生物の生命現象の解明
大項目1 研究の推進
中項目(1)重点研究領域
摘要樹木の環境ストレス応答機構や耐性機構の解明は、持続的に環境を保全する上で重要である。DNAマイクロアレイを用いて2214種類のポプラの環境ストレス応答性遺伝子を同定した。また、樹木への放射線の影響を明らかにするため、ポプラに放射線を照射した後に起こる異常について調べ、放射線照射によって働くDNA修復酵素遺伝子を解明した。一方、マツタケは国内流通の95%が外国産であり、原産国表示の信頼性確保、関税や価格の適正化が求められている。マツタケの進化とレトロトランスポゾンというDNA配列を用いたアジア産マツタケの原産国判別手法を開発した。日本産、韓国・北朝鮮産、中国北東部産、チベット産のマツタケを5%の判別誤差で識別できた。
研究分担(独)森林総合研究所,企画部
予算区分技会・その他 林野庁交付金 林野庁・その他 文科省[科研費] 経産省・NEDO競争的資金 環境省・その他 その他
業績(1)Enhanced hybridization rates in a Larix gmelinii var. japonica x L. kaempferi inter-specific seed orchard with a single maternal clone revealed by cytoplasmic DNA markers. (葉緑体DNAマーカーを用いて明らかになったカラマツ他隠逸クローン採種園でのカラマツとグイマツの雑種率の向上)
(2)Origins of traditional cultivars of Primula sieboldii revealed by nuclear microsatellite and chloroplast DNA variations.(核と葉緑体DNAによって明らかになったサクラソウの園芸品種の起原)
(3)Difference in light-induced increase in ploidy level and cell size between adaxial and abaxial epidermal pavement cells of Phaseolus vulgaris primary leaves.(光で誘導されるプロイディーレベルと細胞サイズの増大における、葉の向軸面と背軸面の表皮細胞の違い)
(4)Development of microsatellite markers for the dwarf bamboo species Sasa cernua and S. kurilensis (Poaceae) in northern Japan. オクヤマザサとチシマザサのマイクロサテライトマーカーの開発。
(5)Range-wide genetic structure in a north-east Asian spruce (Picea jezoensis) determined using nuclear microsatellite markers. 北東アジアにおけるエゾマツ変種群の核マイクロサテライトによる遺伝的変異。
(6)Amounts and patterns of nucleotide variation within and between two Japanese conifers, sugi (Cryptomeria japonica) and hinoki (Chamaecyparis obtusa) (Cupressaceae sensu lato).(スギとヒノキの塩基多型)
(7)Characterization of expressed sequence tags from a full-length enriched cDNA library of Cryptomeria japonica male strobili.(スギ雄花完全長cDNAライブラリーに由来するESTの解析)
(8)Demographic genetics of American Beech (Fagus grandifolia Ehrh.) IV. Development of genetic variability and gene flow during succession in a Coastal Plain forest in Maryland. アメリカブナの個体群統計遺伝学IV海岸平野メリーランド州集団での遺伝的多様性と遷移過程における遺伝子流動
(9)気候要因と地質要因を用いたヤツガタケトウヒとヒメバラモミの現在の分布域の推定
(10)第IV章 遺伝的多様性の維持
(11)塗り替えられる担子菌類の分類
(12)適合溶質[compatible osmolyte]
(13)Purification and Characterization of Recombinant Endoglucanases from the Pine Wood Nematode Burusaphelenchus xylophilus
(14)Adaptive and slightly deleterious evolution in a conifer, Cryptomeria japonica(針葉樹スギにおける適応進化と弱有害進化)
(15)本州・四国・九州におけるトウヒ属樹木(Picea spp.)の分布の現状と保全
(16)Seasonal and supra-annual fluctuation patterns in populations of lightattracted chrysomelid beetles in a Bornean tropical lowland dipterocarp forest(ボルネオの熱帯低地フタバガキ林における光誘引性ハムシの季節的および超年的な個体群変動様式)
(17)Clonal identification by microsatellite loci in sporadic flowering of a dwarf bamboo species, Sasa cernua. オクヤマザサ部分開花集団におけるマイクロサテライト多型を用いたクローン解析
(18)Eighteen microsatellite loci in Salix arbutifolia (Salicaceae) and cross-species amplification in Salix and Populus species.(ケショウヤナギにおける18個のマクロサテライト遺伝子座の開発と、ヤナギ属、ハコヤナギ属における汎用性)
(19)Effects of seed- and pollen-mediated gene dispersal on genetic structure among Quercus salicina saplings(ウラジロガシ幼樹の遺伝構造に対する種子散布および花粉散布の影響)
(20)日本の桜 増補改訂版
(21)Traceability of Asian masutake, specialty mushrooms produced by the ectomycorrhizal basidiomycete Tricholoma matsutake, on the basis of retroelement-based DNA markers(レトロエレメント由来のDNAマーカーに基づくアジア産マツタケのトレーサビリティー法の開発)
(22)Microsatellite polymorphism of Siebold’s beech (Fagus crenata Blume) at five National Forest Reserves in the Oshima Peninsula, southern Hokkaido. 北海道渡島半島国有林保護林のブナ5集団におけるマイクロサテライト多型。
(23)市販きのこ類のカドミウム含量
(24)Genetic relationships and origin of commercial clones of Nangouhi, a vegetatively propagated cultiver of hinoki cypress(Chamaecyparis obtusa)(ヒノキ挿し木品種ナンゴウヒにおけるクローン間の遺伝的関係と遺伝的起源)
(25)Genetic succession and spatial genetic structure in a natural old growth Cryptomeria japonica forest revealed by nuclear and chloroplast microsatellite markers. (葉緑体と核マイクロサテライトマーカーで明らかになったスギの空間遺伝構造と遺伝的更新)
(26)Imprint of post-glacial history in a narrow distributed endemic spruce, Picea alcoquiana, in central Japan observed in nuclear microsatellites and organelle DNA markers(核マイクロサテライトとオルガネラDNAマーカーによる中央日本の隔離分布固有樹種イラモミの後氷期における歴史の痕跡)
(27)The effects of carbon dioxide on rooting of woody plants (木本植物の発根への二酸化炭素の影響)
(28)絶滅危惧種ヤクタネゴヨウにおける殺線虫剤の樹幹注入1年後の効果
(29)Screening for genes specific to coniferous species. (針葉樹特異的な遺伝子の探索)
(30)Microsatellite markers derived from Quercus mongolica var. crispula (Fagaceae) inner bark expressed sequence tags(ミズナラの内樹皮由来ESTからのマイクロサテライトマーカーの開発)
(31)アロ接合度、ヘテロ接合度、ホモ接合度、自然集団、遺伝的浮動、選択、淘汰、サブ集団、シュードテストクロスの用語の解説。
(32)外性ジベレリンによるオオシマザクラ種子の発芽促進に必要な遮光処理期間
(33)ヨーロッパシラカンバと道産カンバ類3種   の交雑における果実の形質.
(34)Micropropagation of an endangered species Pinus armandii var. amamiana (絶滅危惧種ヤクタネゴヨウのマイクロプロパゲーション)
(35)ヒノキ葉条組織における多芽形成能力のクローン間差とプロトプラスト単離に適した培養条件の検討
(36)小笠原諸島における絶滅危惧種オガサワラグワMorus boninensis Koidz.の保全遺伝学と保全計画の立案
(37)Molecular phylogeny and expression of poplar circadian clock genes, LHY1 and LHY2(ポプラの概日時計遺伝子LHY1,LHY2の分子系統学的解析)
(38)Clonal structure and its effects of clonal growth on male and female reproductive success in Prunus ssiori(シウリザクラにおけるクローン構造とそれによる雄と雌の繁殖成功への効果)
(39)Action of fungal b-glucosidase on the mono-O-methylated p-nitorophenyl b-D-glucopyranoside (モノメチル化p-ニトロフェニルグルコシドに対する菌類b-グルコシダーゼの作用)
(40)Gene flow pattern and mating system in a small population of Quercus semiserrata Roxb. (Fagaceae)(クエルカスセミセラータの小集団のジーンフローとメイティングシステム)
(41)Testing the possibility of horizontal transfer of introduced neomycin phosphotransferase (nptII) gene of transgenic Eucalyptus camaldulensis into soil bacteria (遺伝子組換えユーカリに導入した抗生物質耐性遺伝子の土壌バクテリアへの水平伝搬の可能性の試験)
(42)Differentiation of three closely related Japanese oak species and detection of interspecific hybrid using AFLP markers(AFLPマーカーによる日本の近縁コナラ属3種の遺伝的分化と種間雑種の検出)
(43)Aluminum distribution and reactive oxygen species accumulation in root tips of two Melaleuca trees differing in aluminum resistance(アルミニウム耐性の異なるメラルーカ属2樹種の根端におけるアルミニウムの分布と活性酸素の蓄積)
(44)Purification, molecular cloning, and enzymatic properties of a family 12 endoglucanase (EG-II) from Fomitopsis palustris: role of EG-II in larch holocellulose hydrolysis.(オオウズラタケのファミリー12エンドグルカナーゼ(EG-II)の精製、クローニングと酵素の性質:EG-IIのカラマツホロセルロース分解における役割について)
(45)Tracing the origins of stocks of the endangered species Primula sieboldii using nuclear microsatellites and chloroplast DNA(核マイクロサテライトと葉緑体をつかったサクラソウの起源のトレーシング)
(46)Towards a legal framework for systematic conservation: identification and development of allele-specific PCR markers for conspecific varieties of an endangered perennial herb Primula kisoana Miquel based on sequence variation of chloroplast DNA(システマチックな保全のための法的なフレームワークに向けて:葉緑体DNAの変異にもとづくカッコソウの対立遺伝子特異的PCRマーカーの開発)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093258
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat