(ア)主要水産資源の変動要因の解明

(ア)主要水産資源の変動要因の解明

課題番号2008010777
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2006-2010
年度2008
大課題ア.水産資源の持続的利用のための管理技術の開発
中課題(ア)主要水産資源の変動要因の解明
小課題(ア)主要水産資源の変動要因の解明
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要主要資源の変動要因を解明し、資源評価及び資源動向予測の精度を向上させることにより、水産資源の持続的利用のための管理技術の開発を図ることを目的としている。20年度は、スケトウダラとスルメイカの加入量予測モデルの精度向上、スルメイカの日本海の南下経路の中長期変化の推定、日本海の大羽カタクチイワシの水温と餌生物の変化に対応した産卵期間の変化及び産卵開始の遅れに伴う産卵間隔短縮の検出、及び小型浮魚類産卵量のデータ解析システムの改善に基づく、太平洋側マイワシ・カタクチイワシの産卵場形成に影響する要因解明、ベニズワイの深度分布様式、移動、成長の把握、ツバイの能登以西と以北における生物特性の違いの解明等の成果をあげた。
研究分担水産総合研究センター,北海道区水産研究所,亜寒帯漁業資源部,資源評価研究室
水産総合研究センター,北海道区水産研究所,亜寒帯漁業資源部,生態系研究室
水産総合研究センター,東北区水産研究所,八戸支所,資源生態研究室
水産総合研究センター,東北区水産研究所,海区水産業研究部,沿岸資源研究室
水産総合研究センター,東北区水産研究所,混合域海洋環境部,生物環境研究室
水産総合研究センター,日本海区水産研究所,日本海海洋環境部,生物生産研究室
水産総合研究センター,日本海区水産研究所,日本海漁業資源部,資源生態研究室
水産総合研究センター,日本海区水産研究所,日本海漁業資源部,資源生態研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,浅海増殖部,浅海生態系研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,資源評価部,生理特性研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,海洋データ解析センター,広域データ解析グループ
水産総合研究センター,中央水産研究所,海洋データ解析センター,海洋モデル研究グループ
水産総合研究センター,東北区水産研究所,混合域海洋環境部
水産総合研究センター,東北区水産研究所,混合域海洋環境部,生物環境研究室
水産総合研究センター,日本海区水産研究所,日本海漁業資源部,資源評価研究室
水産総合研究センター,西海区水産研究所,東シナ海漁業資源部,資源生態研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,資源評価部,生態特性研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,資源評価部,生態特性研究室
水産総合研究センター,西海区水産研究所,石垣支所,漁業資源研究室
水産総合研究センター,遠洋水産研究所,熱帯性まぐろ資源部,混獲生物研究室
協力分担関係富山県水産試験場
石川県水産総合センター
福井県水産試験場
鹿児島県水産技術開発センター
三重県科学技術振興センター
高知県水産試験場
宮崎県水産試験場
NOAA
九州大学
北海道大学
予算区分水産庁交付金 水産庁・その他 文科省[科研費] その他
業績(1)アルカリ度・塩分ダイアグラムを用いた黒潮・親潮混合比の算出
(2)親潮域におけるNeocalanus属カイアシ類3種の体長の長期変動
(3)親潮を構成するオホーツク海水・東カムチャツカ海流水成分の分布と変動
(4)サンマ飼育魚の遊泳速度
(5)個体群密度効果がマイワシの成長および分布に与える影響
(6)東北地方の海洋環境の長期変動
(7)Ontogenetic vertical migrating copepod Neocalanus: Pivotal role linking the end-to-end food web in the subarctic North Pacific
(8)Japanese modeling activity on small pelagic fish
(9)Observational data for determining physiological parameters and validating model simulations: Suggestions by NEMURO developers
(10)The Effects of Anthropogenic Global Warming on the Marine Ecosystem
(11)The mesopelagic ecosystem in the western subarctic Pacific: its structure and the interaction with the epipelagic ecosystem
(12)The end-to-end food web of the subarctic Pacific from the viewpoint of Neocalanus copepods
(13)For the Marine Ecosystem Study in the First Half of the 21st Century
(14)Grazing activity of microzooplankton during a diatom bloom in the Oyasio region
(15)The impact of density-dependent processes on growth of Japanese sardine (Sardinops melanostictus)
(16)Spatial and seasonal variability of euphausiid distribution and community structure in the Oyashio and the Kuroshio-Oyashio transition region
(17)Feeding impacts of ontogenetically migrating copepods on the spring phytoplankton bloom in the Oyashio region
(18)An application of a deeper-type underwater glider to observe temperature, salinity, DO and Chl-a distributions and its connection to an operational ocean forecasting model
(19)Future projection of Pacific saury to climate change and its improvements by experimental and observational approaches
(20)アルカリ度を用いた黒潮・親潮混合比と混合時間の推定
(21)CTD 観測データを用いたSTMW のAOU 増加量に注目した解析
(22)親潮を構成するオホーツク海水・東カムチャツカ海流水成分の分布と変動
(23)LADCPシアーから見積もられた黒潮続流南側再循環域における鉛直拡散係数
(24)黒潮続流前線-亜寒帯前線間海域の表層水塊と流速場
(25)高解像度海洋生態系-水産資源モデルによる地球温暖化の影響予測
(26)夏季の南極海定着氷下における珪藻Thalassiosira australis Peragalloの個体群動態
(27)低次生態系モデルNEMUROのパラメーター自動推定
(28)海洋生態系を支える小さな生産者:珪藻の生理生態学
(29)アルカリ度・塩分ダイアグラムによる黒潮・親潮混合比の算出
(30)Simulation of the impact of climate change on migration pattern and growth of Japanese sardine
(31)親潮生態系の動態解明に向けて -生態系モデルからのアプローチ-
(32)Introduction on modelling tools
(33)Importance of spring diatom bloom in reproductive activity of large subarctic calanoid copepods Eucalanus bungii in the subarctic Pacific
(34)Importance of spring diatom bloom in reproductive activity if large subarctic calanoid copepod Eucalanus bungii in the Oyashio region, northwestern Pacific
(35)温暖化シナリオ下において予期されるマイワシの成長と回遊経路
(36)Multi-element ecosystem dynamics in the SERIES iron-enrichment experiment: comparing optimal uptake kinetics to michaelis-menten
(37)Physical and biological coupled modeling for Japanese sardine
(38)A response of Pacific saury to a future climate scenario
(39)Modeling multi-trophic level marine ecosystems using the NEMURO family models: Scientific potential for Eastern Boundary Current Upwelling Ecosystems
(40)低次生態系モデルNEMUROの開発の歴史
(41)Seasonal and interannual variation of marine ecosystem in the western subarctic Pacific simulated by a 3D marine ecosystem model
(42)Possible mechanism of decadal-scale variation in PO4 concentration in the western north Pacific, and the influence to the ocean productivity
(43)Pan-North Pacific sysnthesis of long-term variation of Neoclanus spp. based on stable isotope analysis
(44)Future ecosystem changes projected by a 3-D high-resolution ecosystem model. Effects of climate changes on the world oceans
(45)近年のサンマの資源状況
(46)スケトウダラ噴火湾産卵群の産卵期の遅速と年級変動
(47)Satellite tracking of two Steller sea lions (Eumetopias jubatus) off the coast of northern Hokkaido and Sakhalin
(48)北海道日本海におけるトドの来遊頭数推定
(49)捕食性魚類がスケトウダラ加入過程に及ぼす影響
(50)Inside and outside foodwebs: factors affecting dynamics of walleye pollock
(51)Advective supply of offshore prey into the continental shelves in the Oyashio area: the role of tidal currents
(52)北海道周辺海域におけるマダラの漁獲状況および年齢と体長の関係
(53)スケトウダラ日本海北部系群の稚魚のふ化日と成長履歴
(54)Inter-annual variation in early growth and survival of Pacific herring Clupea pallasii in Miyako Bay, Japan
(55)レジームシフトにともなうスルメイカの産卵回遊経路の変化
(56)Size-dependent effect of temperature on growth of chum salmon: Implications of global warming
(57)Potential effect of rising temperature on growth performance and its influence on chum salmon
(58)Estimation of terminal molting probability of snow crab Chionoecetes opilio using instar- and state-structured model in the waters off the Pacific coast of northern Japan.
(59)「ちきゅう、南極生態系、漁業」サマー・サイエンスキャンプ:フィールド研究が地球を救う.
(60)ナンキョクオキアミの遊泳姿勢測定と姿勢平均ターゲットストレングス.
(61)南大洋上における海上気象変動特性および南極半島近海の上層海況変動への影響.
(62)南極半島北部における上層海洋構造の年々変動特性.
(63)ロス海(175°E)におけるカイアシ類群集組成.
(64)Relationship between distribution of Antarctic krill (Euphausia superba) and environmental index MTEM-200 in the entire Antarctic Ocean.
(65)Identification of Ommastrephid paralarvae from the northwestern Pacific
(66)Identification of Dosidicus gigas and Sthenoteuthis oualaniensis paralarvae using SSP-PCR analysis onboard a ship
(67)Can the stock size of the Argentine shortfin squid (Illex argentinus) be forecast for the following fishing season?
(68)春季の日本海鳥取沖におけるカタクチイワシの成熟と産卵
(69)Horizontal and vertical distribution and demography of euphausiids in the Ross Sea and its adjacent waters in 2004/2005
(70)DISTRIBUTION AND ABUNDANCE OF JUMBO FLYING SQUID PARALARVAE (DOSIDICUS GIGAS) OFF PERU AND IN WATERS WEST OF THE COSTA RICA DOME DURING THE 2007 LA NINA
(71)海鳥類・海亀類の回遊と摂餌生態
(72)中西部熱帯太平洋におけるカツオの産卵頻度とバッチ産卵数の推定
(73)2007/08(ラ・ニーニャ)年ペルー・コスタリカ沖のアメリカオオアカイカ稚仔の分布
(74)2007/08(ラ・ニーニャ)年  ペルー・コスタリカ沖のクロロフィル分布
(75)Multiple spawning of amphidromous type ayu Plecoglossus altivelis in a large river, Mogami River System
(76)Diurnal Tidal Current on the Eastern Shelf of Hidaka Bay -Can juvenile walleye pollock, Theragra chalcogoramma, move southeastward with the diurnal tidal current?-
(77)クロマグロ稚仔の分布可能域を推定する2008年11月(ポスター発表)
(78)PATおよび超音波テレメトリー法を用いた大型アメリカオオアカイカの鉛直行動追跡
(79)アメリカオオアカイカの行動追跡
(80)Effect of ocean turbulence on survival and ingestion of Pacific bluefin tuna larvae. 第32回稚魚会議講演要旨
(81)Overview of the pacific bluefin tuna fisheries.
(82)クロマグロ産卵場の輸送・水温環境
(83)Change in distribution patterns of juvenile skipjack tuna with ENSO variability.
(84)中西部熱帯太平洋におけるカツオの性比と魚体特性
(85)2008年4〜6月に石垣島に水揚げされたクロマグロ雌の成熟と産卵
(86)Two-species population dynamics model for Japanese sardine Sardinops melanostictus and chub mackerel Scomber japonicus off the Pacific coast of Japan.
(87)北海道西岸沖日本海における繁殖期のウトウの分布
(88)クロマグロ産卵場推定と環境特性〜2. 産卵場を規定する環境要因の抽出〜
(89)クロマグロ産卵場推定と環境特性〜1.FRA-JCOPE モデルを用いた産卵場推定〜
(90)黒潮域表層におけるイワシ類卵仔魚の経験水温特性
(91)Spawning ground and larval transport processes of Jack mackerel Trachurus japonicas in the shelf-break region of the southern East China Sea.
(92)Grazing impact of the copepod community in the Oyashio region of the western subarctic Pacific Ocean.
(93)Foraging rates and substrate selection in foraging activity of checkered snapper Lutjanus decussatus (Lutjanidae) in an Okinawan coral reef
(94)Seasonality, lunar periodicity of settlement and microhabitat association of juvenile humpback red snapper Lutjanus gibbus (Lutjanidae) in an Okinawan coral reef.
(95)A rapid analysis of copepod grazing using the FlowCAM
(96)Seasonal appearance of expatriated boreal copepods in the Oyashio-Kuroshio mixed region
(97)Differences in cell viabilities of phytoplankton between spring and late summer in the northwest Pacific Ocean.
(98)Chaetognaths in the diet of Pacific saury (Cololabis saira) in the northwestern Pacific Ocean
(99)Fecundity estimation by oocyte packing density formulae in determinate and indeterminate spawners: Theoretical considerations and applications.
(100)Changes in the immunostaining intensities of follicle-stimulating hormone and luteinizing hormone during ovarian maturation in the female Japanese flounder.
(101)hCGによる天然マアジの成熟・排卵誘導とそのタイムコース
(102)給餌条件の向上に伴うカタクチイワシの成長、成熟・産卵の応答
(103)マサバの産卵数は産卵期前に決まっているか?-BrdUを用いた生殖細胞の増殖解析-
(104)ニシン目魚類cytochrome bの新規ユニバーサルプライマーの開発と分子系統解析
(105)カタクチイワシの卵巣成熟、産卵に伴う卵巣重量の日周変動
(106)マサバの精製GtHによる各種卵濾胞のin vitroステロイド産生能
(107)マミチョグGnRH受容体遺伝子のクローニングと発現解析
(108)Perspectives on mummichog (Fundulus heteroclitus) as a model animal of marine fish reproductive physiology. 6th International Symposium on Reproductive Physiology of Fishes
(109)Latitudinal variation in egg size and number in anadromous masu salmon Oncorhynchus masou
(110)Changes in the activities of two types of gonadotropin (GtH) cells during annual and spawning cycle in chub mackerel (Scomber japonicus).
(111)Molecular cloning of cDNA encoding metallothionein from mummichog Fundulus heteroclitus.
(112)Improvements of identification and evaluation of chronological changes of post-ovulatory follicles using various staining methods.
(113)FRA-JCOPEを用いたカタクチイワシ加入モデルの試行
(114)小型浮魚類の産卵場特性の比較と産卵場予測の試み
(115)小型浮魚類の初期生態と魚種交替過程に関する研究
(116)Growth-selective predation on larval anchovy
(117)太平洋中部・南部における沖合底びき網漁業の漁獲物組成の年代区分
(118)小型浮魚類の標識放流手法の問題点について
(119)太平洋外海域における小型クルマエビ科種組成の変化
(120)Evolution, Ecology, and Conservation of Dolly Varden, White-spotted Char, and Bull Trout
(121)Hatch-period-dependent early growth and survival of Pacific herring Clupea pallasii in Miyako Bay, Japan
(122)総説 水産上重要な通し回遊魚、サケ・マスの視覚メカニズムとその資源生物学的意味.
(123)Regional synchrony in return rates of chum salmon (Oncorhynchus keta) in Japan in relation to coastal temperature and size at release.
(124)日本系サケの資源変動と資源の持続的利用に関する考察
(125)日本系サケの資源変動からみた日本海サケ資源の特徴
(126)日本系サケの資源変動
(127)Total lipid content of chum and pink salmon in the North Pacific Ocean and the Bering Sea during the summer of 2007
(128)Comparative biology of the family Carangidae in the East China Sea and the Sea of Japan
(129)Acoustic surveys in the coastal waters off northern and western of Kyushu in Japan from 1997 to 2008.
(130)Size and spatial arrangement of home range of checkered snapper Lutjanus decussatus (Lutjanidae) in an Okinawan coral reef determined using a portable GPS receiver
(131)加速度データロガ−を用いたハマフエフキ成魚の日周活動リズムの理解
(132)対馬暖流域を含む日本周辺のマイワシの資源変動と環境要因の関係
(133)マイワシ・カタクチイワシ対馬暖流系群(7000)
(134)平成20年度ゴマサバ東シナ海系群の資源評価
(135)平成20年度マサバ対馬暖流系群の資源評価
(136)平成20年度マアジ対馬暖流系群の資源評価
(137)平成20年度マイワシ対馬暖流系群の資源評価
(138)外洋いか類の資源動向
(139)H19年度における海外イカの資源状況とそれをとりまく研究体制
(140)視物質組成変動から推察されるサケとカラフトマスの資源生物学的特徴
(141)Can the stock size of the Argentine shortfin squid (Illex argentinus) be forecast for the following fishing season?
(142)Identification of Ommastrephid paralarvae from the northwestern Pacific
(143)Approach of salmon resources creation in Japan
(144)Lipid content of immature chum salmon in the North Pacific Ocean and the Bering Sea. NPAFC International Symposium on Bering-Aleutian Salmon International Surveys (BASIS).
(145)南極生態系における海洋環境変動とナンキョクオキアミ資源. 水産海洋シンポジウム「広域性水産資源と海洋環境の関係解明をめぐる課題と展望」
(146)南極海マゼランアイナメ(メロ)
(147)南極海ナンキョクオキアミ
(148)Report of member’s activities in the convention area 2007/08 Japan. Reports of Member’s Activities, Commission,
(149)Short note: By-catch of fishes caught by the krill fishing vessel Niitaka Maru in the South Georgia area (August 2007).
(150)Community structure of copepods in epipelagic layers in the Ross Sea and neighbouring waters.
(151)Distribution patterns and biomasses of Antarctic krill (Euphausia superba) and ice krill (E. crystallorophias) with note on distribution of Antarctic minke whales (Balaenoptera bonaerensis) in the Ross Sea in 2005.
(152)Time series of Drake Passage Oscillation Index (DPOI) during 1952-2008 and its possible influence on environmental variability.
(153)Relationship between distribution of Antarctic krill (Euphausia superba) and environmental index MTEM-200 in the Antarctic Ocean throughout the year.
(154)Relationships between oceanographic environment and distribution of krill and baleen whales in the Ross Sea and adjacent waters, Antarctica in 2004/05.
(155)ツチクジラ
(156)静岡県のいるか漁業の昔、今、将来
(157)小型鯨類の摂餌生態
(158)シャチの資源生態と漁獲の歴史
(159)小型鯨類(総説)
(160)イシイルカ
(161)スナメリの不思議に迫る
(162)スナメリ
(163)Relationship between body size, maturity, and feeding habit ofcommon minke whales off Kushiro in autumn season, from2002-2007 whale sampling surveys under the JARPN II coastalcomponents off Kushiro
(164)Methodology and survey procedure under the JARPN II ? coastal component of Sanriku and Kushiro-, with special emphasis on whale sampling procedures
(165)Relationship between body size, maturity, and feeding habit of common minke whales off Sanriku in spring season, from 2003-2007 whale sampling surveys under the JARPN II coastal component off Sanriku
(166)Cruise report of the second phase of the Japanese Whale Research Program under Special Permit in the Western North Pacific (JARPN II) in 2007 - Coastal component off Kushiro.
(167)小型浮魚類の初期生態と魚種交替過程に関する研究
(168)カタクチイワシ太平洋系群の資源状況
(169)ウナギとマアナゴの産卵場に類似性はあるか(予報)
(170)横浜港と館山湾において採集された巨大アナゴについて
(171)新刊書紹介「レジーム・シフト−気候変動と生物資源管理−」川崎健・谷口旭・花輪公雄・二平章編著,(成山堂書店)
(172)太平洋サンマ(Cololabis saira)の遺伝的集団構造と進化
(173)土佐湾における透明度の変遷と基礎生産の推定
(174)日本海の「海況予報」のしくみと活用
(175)水深2000mからの大移動-ベニズワイの生活史と漁場水深の関係-
(176)水深によって異なるベニズワイの餌環境−ベニズワイの敵はベニズワイ?!−
(177)日本海北部におけるヒラメ資源変動予測
(178)魚類の産卵頻度推定方法
(179)東北ブロック沿岸水温速報のWEB公開スタート
(180)温暖化の影響評価のための三陸・常磐ネットワークの構築と温暖化影響評価技術の手法の開発
(181)三陸中部海域における沿岸漁場環境モニタリング手法の開発
(182)「東北区水産研究ってどんなところ?」温暖化−環境変動への対応について
(183)東北海域のオキアミ漁況ー2008年漁況のまとめー
(184)道東養育場におけるスケトウダラ稚魚・幼魚の分布と餌料環境
(185)混合域における栄養塩動態及び餌料環境
(186)仔魚期−変態期の餌料環境が成長に及ぼす影響
(187)光環境変化が植物プランクトンブルーム過程へ及ぼす影響
(188)環境変動に伴う海洋生物大発生現象に関する研究プロジェクト(POMAL)について
(189)新海洋像創設に向けたこれからの海洋研究-衛星海洋学に求められる視点と視力-
(190)浮魚類餌生物としての橈脚類個体群動態および種遷移機構
(191)物理構造変化が栄養塩供給機構へ及ぼす影響
(192)天気と大漁−気象変化が引き起こす海洋生態系の激変現象−
(193)気象変動と大漁・不漁の関係を探る
(194)従属栄養性渦鞭毛虫による炭素輸送機構の解明
(195)親潮域・混合域における海洋環境と低次生態系のモニタリングと影響評価
(196)Population Outbreak of Marine Life (POMAL): IMBER-JAPAN Project
(197)日本産魚類の耳石外部形態 II. 耳石の計測による解析
(198)日本産魚類の耳石外部形態 I. 耳石形状の類型化による解析
(199)沿岸魚類資源の中長期変動とレジーム・シフト
(200)Age compositions of flatfish stocks as determined by a new otolithometry
(201)The first IMBER IMBIZO Integrating biogeochemistry and ecosystems in a changing ocean
(202)北海道〜東北沖表層の水塊分布と循環について〜アルカリ度を用いた解析〜
(203)フロート観測で得られた親潮域から混合域にかけての輸送時間と水塊分布
(204)東北近海におけるマダラ加入量変動と水温変動との関係
(205)三陸〜常磐沿岸域の水温変動とマダラ加入量変動との関係‐水温変化に伴う底魚類の資源変動メカニズムの考察‐
(206)総合討論と今後の温暖化研究に対する提言
(207)水産海洋シンポジウム「地球温暖化とその沿岸・沖合海洋生態系への影響−検知と予測−」速報
(208)水中グライダー観測の実施について
(209)Natural behavior of adult Japanese flounder (Paralichthys olivaceus) in the Seto Inland Sea estimated from archival tag data.
(210)NEMURO.FISHの改良に向けての試み
(211)沖合小型浮魚類への温暖化影響
(212)地球温暖化と海況の変化、資源への影響
(213)地球温暖化による水産業への影響
(214)魚の成長をコンピューターで解析
(215)2006年8月北西太平洋サンマ長期海況予報の予測の検証
(216)2006年東北海区の海況の経過について
(217)6月の海面水温が下がっ鱈?−マダラ0歳魚量と水温変動との関係−
(218)北海道〜東北沖中層の水塊分布と循環について
(219)複数トレーサー解析による親潮〜混合域中層の起源水成分の推定
(220)黒潮続流域における冬季混合層形成および循環過程の実態把握
(221)東北区水産研究所基盤強化費研究課題「Excel VBAを用いたデータ解析・図化ライブラリの整備」について
(222)Excel VBAを用いたデータ解析講習会
(223)東北海区における約3年周期変動について
(224)日本初!水中グライダーの導入
(225)2007年東北海区の海況について
(226)沖合域における海洋生態系モデルの高度化と水産業への温暖化影響評価技術の開発
(227)サンマ成長モデルの高精度かと回遊モデルおよび資源動態モデルの開発
(228)音響・光学複合システムを用いたマイクロネクトン定量調査の試み
(229)親潮-移行域におけるマイクロネクトン頭足類の摂餌生態
(230)西部北太平洋おける中層性魚類マイクロネクトンの分布に関するデータベースの開発
(231)The Mesopelagic ecosystem in the western subarctic Pacific
(232)First database in the world for species identification of acoustically detected micronekton myctophid fish collected in the subarctic and transition regions of the western North Pacific
(233)Introduction for long-term monitoring in the sardine spawning area: seasonal and annual variations of plankton biomass and compositions
(234)東海沖の栄養塩類とプランクトン群集構造の動態
(235)Dynamics of lower-trophic-level ecosystems in the 5 ecological regions in the western North Pacific simulated by an ecosystem model eNEMURO
(236)仔稚魚生残過程の変動による魚種交替モデル構築
(237)東北ブロック海況解析技術研修会
(238)秋のサンマはどこに?イワシは?
(239)2008 PICES Summer School on ""Ecosystem-Based Management""
(240)PICES/ESSAS workshop on ""Marine Ecosystem Model Inter-Comparison""
(241)Forecasting Japanese commercially exploited species
(242)Impact of global warming on fisheries
(243)サイドスキャンソナーによる海中のサンマ個体数の推定
(244)幼魚ネットと中層トロールを併用した漁期前調査におけるサンマ0歳魚体長別資源豊度および自然死亡率の推定
(245)資源動向要因分析調査(サンマ太平洋北西部系群)について
(246)2007年〜2008年のサンマ漁況
(247)サンマ太平洋北西部系群 胃内容物・餌環境調査
(248)主要水揚げ港周辺の冷凍、加工、流通の質的、量的な変化とそれを招いた要因 銚子
(249)東北・北海道太平洋岸における多獲性魚類の漁獲量の変動とその要因 浮魚類の漁獲量および資源変動
(250)サンマはまだまだ謎がいっぱい―ここまでわかってきたサンマ資源とその生態―
(251)硬組織による成長・ふ化時期研究
(252)2003年及び2006年漁期に採集されたサンマ1歳魚のふ化時期の推定
(253)サンマの体長組成から資源尾数を探れ!
(254)2008年の北西太平洋におけるサンマ資源状態
(255)サンマ太平洋北西部系群
(256)日本におけるサンマ資源の現状評価とその意義
(257)サンマの分布と資源構造
(258)スケトウダラ太平洋系群,小課題番号1050
(259)生体捕獲および衛星追跡試験
(260)系群解析
(261)日本海沿岸航空機目視調査
(262)トド(北太平洋沿岸・オホーツク海・ベーリング海)
(263)日本の哺乳類学3巻水生哺乳類 加藤秀弘編
(264)Spatio-temporal variation in stable isotopic signatures of POM and Asari clam Ruditapes philippinarum
(265)スケトウダラ太平洋系群,小課題番号1080
(266)スケトウダラを未来に残すために
(267)カレイ類の資源状態要約票
(268)ソウハチ北海道北部系群の資源評価(ダイジェスト版)
(269)ソウハチ北海道北部系群の資源評価(詳細版)
(270)マガレイ北海道北部系群の資源評価(ダイジェスト版)
(271)マガレイ北海道北部系群の資源評価(詳細版)
(272)日本海海況予測システムにおける沿岸域の海況再現性について
(273)マダラ北海道の資源評価(ダイジェスト版)
(274)マダラ北海道の資源評価(詳細版)
(275)Operational forecasting system of the Japan Sea for fishery environments
(276)レジームシフト前後における日本海海洋環境場の再現
(277)日本海海況予測システム(JADE)の構築(IV)−潮位データの同化−
(278)マダラの資源状態要約票
(279)日本海海況予測システム(JADE) の精度評価ー 海洋観測との比較
(280)スケトウダラ太平洋系群,小課題番号1060
(281)スケトウダラ日本海北部系群
(282)日本海海況予測システムJADEの運用状況
(283)平成20年スケトウダラ日本海北部系群の資源評価
(284)Modeling of the Japan/East Sea circulation and its applications to the physical-biological
(285)Assimilation of the alimeter and CTD data in the Japsn/East Sea.
(286)コマイ
(287)平成20年スケトウダラ太平洋系群の資源評価
(288)平成20年スケトウダラ太平洋系群の資源評価
(289)北海道沖合底曳網漁業漁場別漁獲統計年報2007年(平成19年)
(290)春季,日本海中部沿岸域におけるカタクチイワシの産卵期間・時期と仔魚の生残
(291)ズワイガニ×ベニズワイ交雑個体出現状況の経年変化
(292)ツバイBuccinum tsubai の分類と日本海における動物地理
(293)2008年度のスケトウダラ調査結果
(294)スケトウダラオホーツク海南部
(295)平成20年スケトウダラオホーツク海南部の資源評価
(296)スケトウダラ根室海峡
(297)日本海西部におけるズワイガニ属幼生の分布
(298)平成20年スケトウダラ根室海峡の資源評価
(299)太平洋沿岸におけるスルメイカ漁況の変化
(300)異なる水温で飼育したブリ仔魚の体長と耳石径の推移
(301)ヒラメの産卵回遊2−ヒラメはどこにいたのか?
(302)ヒラメの産卵回遊1−ヒラメはいつ泳ぐのか?
(303)卵巣内の卵母細胞収容密度と卵母細胞径の関係II.ヒラメ.
(304)卵巣内の卵母細胞収容密度と卵母細胞径の関係I.大西洋ニシン.
(305)太平洋スルメイカの資源状況
(306)2008年太平洋スルメイカ漁況(中間報告)
(307)2007年〜2008年の太平洋スルメイカ漁況
(308)スルメイカ冬季発生系群
(309)仙台湾および常磐沖で採集された魚卵の遺伝子による同定
(310)ウルメイワシ卵の水温依存型発生モデルと産卵時刻推定
(311)ウシノシタ科2種アカシタビラメ、クロウシノシタの浮遊期仔魚の食性
(312)仙台湾・常磐海域におけるヒラメの年級群水準と浮遊期の成長速度との関係
(313)仙台湾・常磐海域におけるヒラメ科4種浮遊期仔魚の水平分布
(314)仙台湾・常磐海域におけるウシノシタ科2種浮遊期仔魚の水平および鉛直分布
(315)Factors influencing year-class strength of Japanese flounder Paralichthys olivaceus off the Pacific coast of northern Japan
(316)Pre- and post-settlement processes in determining year-class strength of Japanese flounder off the Pacific coast of northern Japan
(317)平成20年度スルメイカ冬季発生系群の資源評価
(318)平成20年度イカナゴ類宗谷海峡の資源評価
(319)スケトウダラ太平洋系群の卵期から着底期における海洋環境と低次生産の中長期変動の解明
(320)音響調査のためのハダカイワシ類の分布に関するデータベース開発
(321)Looking at the end-to-end food web through copepod Neocalanus
(322)IMBER特にE2E関連研究
(323)培養実験下での珪藻殻珪化と栄養塩環境
(324)数値モデルによる栄養塩動態の解明
(325)eNEMUROはどの程度日本周辺の生態系を再現できているか
(326)春季土佐湾におけるニシン目魚類卵稚仔の分布特性
(327)黒潮続流縁辺域における浮魚類仔稚魚の餌料環境の変動
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093264
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat