(ア)種苗の安定生産技術の開発と飼養技術の高度化

(ア)種苗の安定生産技術の開発と飼養技術の高度化

課題番号2008010781
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2006-2010
年度2008
大課題イ.水産生物の効率的・安定的な増養殖技術の開発
中課題(ア)種苗の安定生産技術の開発と飼養技術の高度化
小課題(ア)種苗の安定生産技術の開発と飼養技術の高度化
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要安定的種苗生産技術や環境にやさしく高品質な飼餌料の開発を目指している。例えばカンパチを対象にしている課題では、外国産天然種苗依存の現状から養殖用種苗の国産化を目指し、20年度は1000万粒以上の安定採卵技術を開発し、親魚の飼育環境条件の制御による早期採卵に3年連続して成功した。栄養価の高いワムシ等の培養技術の開発では、L型ワムシで1,000個体/mlの高密度連続培養に成功し再現性を確認した。低環境負荷の養殖魚生産のため魚粉の代替タンパク質原料である大豆油かす等の投与法を検討し、マダイとニジマスにおいて、それぞれアルコール抽出残渣の添加による飼育成績向上と大豆サポニン添加による消化器官組織変性の軽減を明らかにした。
研究分担水産総合研究センター,北海道区水産研究所,海区水産業研究部,資源培養研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,内水面研究部,育成生理研究室
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,生産環境部,資源増殖研究室
水産総合研究センター,西海区水産研究所,石垣支所,資源増殖研究室
水産総合研究センター,養殖研究所,生産技術部,繁殖研究グループ
水産総合研究センター,養殖研究所,生産技術部,繁殖研究グループ
水産総合研究センター,養殖研究所,生産システム部,飼餌料研究グループ
水産総合研究センター,養殖研究所,生産システム部,飼餌料研究グループ
水産総合研究センター,宮古栽培漁業センター
水産総合研究センター,小浜栽培漁業センター
水産総合研究センター,養殖研,栽培技術開発センター,栽培技術研究グループ
水産総合研究センター,能登島栽培漁業センター
水産総合研究センター,屋島栽培漁業センター
水産総合研究センター,養殖研究所,栽培技術開発センター
水産総合研究センター,養殖研究所,生産技術部,繁殖研究グループ
水産総合研究センター,養殖研究所,栽培技術開発センター
水産総合研究センター,養殖研究所,栽培技術開発センター,古満目分場
水産総合研究センター,養殖研究所,生産技術部,育種研究グループ
水産総合研究センター,養殖研究所,生産技術部,繁殖研究グループ
協力分担関係長崎大学
オリエンタル酵母(株)
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 水産庁交付金 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金 その他
業績(1)Effect of an alcohol extract from defatted soybean meal supplemented to a casein-based semi-purified diet on the biliary bile status and intestinal conditions in rainbow trout Oncorhynchus mykiss (Walbaum)
(2)間歇ろ過方式による硝化機能活性型生物ろ過装置の開発
(3)閉鎖循環飼育システムを用いたマダイ種苗生産の研究−VI〜飼育廃水の凝集剤処理による水の再利用〜
(4)Preliminary trials on the effect of lighting for the population growth of the rotifer, Brachionus plicatilis
(5)Supplemental effect of Porphyra spheroplasts on the growth and feed utilization of black sea bream
(6)Comparison between ?-LNA and DHA in early developmental stages of Takifugu obscurus and Takifugu rubripes
(7)Novel diet for short-neck clam by using Porphyra spheroplasts
(8)Effect of different particle size of Porphyra spheroplasts diet for short-neck clam
(9)閉鎖循環システムを用いたマダイ種苗生産における餌飼料由来の窒素およびリン収支
(10)閉鎖循環システムにおけるマダイ仔稚魚の種苗生産可能尾数の推定
(11)Jumbo-flying squid as a potential feed for captive Pacific bluefin tuna
(12)周防灘におけるトラフグ放流魚の自然再生産
(13)瀬戸内海におけるアサリ再生方策
(14)Predation on the Asari clam, Ruditapes philippinarum by intertidal fishes in Japan: a list of fish predators
(15)魚類によるアサリ食害-食害魚種リスト-(魚類と干潟のアサリとの相互関係に関する研究Ⅴ)
(16)広島湾におけるマガキ種苗に及ぼす魚類の捕食の影響
(17)Influence of light intensity on feeding, growth, and early survival of leopard coral grouper (Plectropomus leopardus) larvae under mass-scale rearing conditions
(18)フィロソーマの摂餌生態と天然餌料の開発
(19)キジハタの鰾の開腔と背鰭起部の陥没異常について
(20)Japanese stock enhancement programs for spotted halibut, Verasper variegatus: their effectiveness, status, and problems
(21)ズワイガニのメガロパ期の生残向上により,稚ガニの1万尾生産に成功
(22)量産規模の模擬飼育水におけるワムシ栄養価に及ぼす微細藻類の添加効果
(23)Improvement of fish larviculture using closed recirculation system in Japan
(24)The use of poly-L-lysine to facilitate examination of sperm entry into pelagic, non-adhesive fish eggs.
(25)高水温耐性を有する餌料用珪藻類株の作出と屋外培養器の開発
(26)Two egg-derived molecules in sperm motility initiation and fertilization in the Pacific herring (Clupea pallasi).
(27)Molecular alteration of three forms of vitellogenins and their derivative yolk proteins during oocyte growth and maturation in grey mullet (Mugil cephalus).
(28)Controlled accumulation of multiple vitellogenins into oocytes during vitellogenesis in the barfin flounder, Verasper moseri.
(29)魚類繁殖生理とビテロジェニン
(30)造礁サンゴ類・イソギンチャク類・シャコガイ類に由来する共生藻と,ヒメジャコ幼生との共生
(31)ヒメジャコ種苗生産時の意図せざる自家受精の可能性
(32)光周期がクエ仔魚の生残、成長および摂餌に及ぼす影響
(33)Influence of certain antinutritional factors supplemented to a casein-based semi-purified diet on intestinal and liver morphology in fingerling rainbow trout Oncorhynchus mykiss
(34)カンパチ仔魚の成長にともなう体密度と水槽内鉛直分布の変化
(35)異体類における形態異常の発現機序解明とその防除技術の開発
(36)閉鎖循環飼育システムに用いる高性能な泡沫分離装置の開発とその有効性
(37)Comparison of UV-B tolerance in early life stages of slime flounder Microstomus achne and spotted halibut Verasper variegatus
(38)クルマエビ卵巣のビテロジェニン遺伝子発現調節に働く細胞内シグナル伝達系の解明
(39)Efficient analysis for natural diet of marine animal larvae using peptide nucleic acid (PNA)-mediated PCR clamping
(40)瀬戸内海のさかな「キュウセン」
(41)光周期がマハタ仔魚の生残,成長および摂餌に及ぼす影響
(42)Feeding habits of hatchery-reared larvae of greater amberjack Seriola dumerili
(43)日本におけるホシガレイ栽培漁業の現状と展望
(44)Nutritional evaluation of live food organisms and commercial dry feeds used for the seed production of amberjack Seriola dumerili
(45)Neuronal peptides induce oocyte maturation and gamete spawning of sea cucumber, Apostichopus japonicus
(46)初めて突破!ズワイガニ稚ガニの生産数1万尾以上−メガロパ飼育手法の開発と実証−
(47)閉鎖循環飼育システムを用いたトラフグ種苗生産での低塩分条件の有効性
(48)瀬戸内海のさかな「ナルトビエイ」
(49)淡水クロレラ添加量を変えたマダイの閉鎖循環飼育システムを用いた種苗生産
(50)ズワイガニ幼生の生残と成長に及ぼす高度不飽和脂肪酸の影響
(51)Influence of the time to egg stripping on eyeing and hatching rates in rainbow trout Oncorhynchus mykiss under cold temperatures.
(52)魅力溢れる魚―ヒメマス―の安定生産技術の確立を目指して
(53)水産総合研究センターでのハタ類種苗生産技術の現状について
(54)豊かな海を取り戻すために我々は何ができるか?〜循環型志向と食の再考〜
(55)The future of mariculture: a regional approach for resonsible development in the Asia-Pacific region, SECTION2 Country experiments, Japan
(56)循環ろ過による海水魚の飼育〜閉鎖循環式種苗生産の有効性とシステム開発〜
(57)閉鎖循環式種苗生産のシステム開発と有効性について
(58)省エネ・高性能な閉鎖循環飼育装置 〜普及タイプのシステム構築〜
(59)閉鎖循環飼育の有効性について
(60)栽培漁業におけるコスト削減の考え方
(61)栽培漁業におけるコスト削減の考え方
(62)栽培漁業におけるコスト削減の考え方
(63)Recent progress in closed recirculation seed production system in Japan
(64)閉鎖循環濾過を用いたマダイ種苗生産の利点
(65)省エネ・高性能な閉鎖循環飼育装置 〜普及タイプのシステム構築〜
(66)世界の水産事情と閉鎖循環飼育の可能性 〜食の再考〜
(67)マダイを対象とした閉鎖循環飼-III〜種苗生産段階に適したろ材の探索〜
(68)No.136 閉鎖循環システムを用いて海がなくてもトラフグ生産が可能
(69)閉鎖循環飼育システムを用いたトラフグ種苗生産での低塩分条件の有効性
(70)トゲノコギリガザミの量産技術、さらに躍進!過去最高の300万尾に成功
(71)んっ! 新種のカニか?
(72)ズワイガニ種苗生産の現状 〜稚ガニの量産まであと・・・一歩!〜
(73)世界初!ズワイガニの大量生産に成功
(74)長年の研究が実る! ズワイガニの稚ガニ量産に一歩前進
(75)稚ガニ生産数1万尾を突破!ズワイガニの種苗生産に大きな一歩
(76)「いきおい」よく増えるワムシが良質である!
(77)省力化型マダラ種苗生産手法の検討
(78)シオミズツボワムシ培養水温がヒラメ仔魚飼育に及ぼす影響
(79)さいばい日記ホシガレイ編
(80)特集 お正月を彩る「さかな」サワラ
(81)干潟の魚類生産を回復するための適正な餌環境
(82)マダイ稚魚のリンおよびタンパク質の消化吸収率に及ぼす飼料中リン酸源の影響
(83)養殖用餌飼料の確保について
(84)次世代型魚類養殖システム開発の現状と展望
(85)原料の利用性の改善
(86)飼料安全法
(87)アミノ酸
(88)餌料用ケイ藻類への新しいケイ酸供給剤
(89)餌料となる微細藻類の屋外培養に適した安価な光照射培養装置
(90)瀬戸内海の魚類に見られる異変と諸問題
(91)Supplemental effect of cholyltaurine and soybean lecithin to to a soybean meal-based fish meal-free diet on the hepatic and intestinal morphology of rainbow trout Oncorhnchus mykiss. Fisheries Science
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093268
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat