(ア)沿岸域生態系の保全・修復技術の開発

(ア)沿岸域生態系の保全・修復技術の開発

課題番号2008010785
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2006-2010
年度2008
大課題ウ.水産生物の生育環境の管理・保全技術の開発
中課題(ア)沿岸域生態系の保全・修復技術の開発
小課題(ア)沿岸域生態系の保全・修復技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要沿岸域生態系の保全・修復技術の開発を目指し、20年度は沿岸域の調査を継続し、沿岸環境の評価・診断のためのツールの開発、修復技術として、残存藻場の維持機構の解明や、貝類資源回復に有効な手法を明らかにすることを目的として実施した。沿岸資源をとりまく生物環境データの取得が進み、瀬戸内海と有明海に流入する河川からの栄養塩負荷量を推定した。干潟生物の代表としてアサリの餌料環境の把握を進め、産地比較手法を開発した。さらに、サザエほか各種海産ベントス類の幼生・稚仔判別技術を活用し、サザエを含む巻貝類幼生の高密度分布域を確認した。そのほか、藻場生態系の研究、生態系モデルの改良も進んでいる。
研究分担水産総合研究センター,北海道区水産研究所,海区水産業研究部,海区産業研究室
水産総合研究センター,日本海区水産研究所,海区水産業研究部,海区産業研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,海洋生産部,物質循環研究室
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,生産環境部,環境動態研究室
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,生産環境部,藻場干潟環境研究室
水産総合研究センター,西海区水産研究所,海区水産業研究部,有明海・八代海漁場環境研究センター・漁場環境研究科
水産総合研究センター,西海区水産研究所,石垣支所,生態系保全研究室
水産総合研究センター,西海区水産研究所,石垣支所,海洋環境研究室
水産総合研究センター,養殖研究所,生産システム部,増養殖システム研究グループ
水産総合研究センター,西海区水産研究所,東シナ海海洋環境部,生物環境研究室
水産総合研究センター,西海区水産研究所,海区水産業研究部,資源培養研究室
水産総合研究センター,水産工学研究所,水産土木工学部,水理研究室
水産総合研究センター,水産工学研究所,水産土木工学部,環境分析研究室
水産総合研究センター,水産工学研究所,水産土木工学部,水理研究室
水産総合研究センター,西海区水産研究所,海区水産業研究部,有明海・八代海漁場環境研究センター
水産総合研究センター,西海区水産研究所,海区水産業研究部,沿岸資源研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,水産遺伝子解析センター
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,赤潮環境部
水産総合研究センター,養殖研究所,生産システム部,増養殖システム研究グループ
水産総合研究センター,西海区水産研究所,海区水産業研究部,有明海・八代海漁場環境研究センター
協力分担関係長崎大学
北海道大学
森林総合研究所
島根大
福岡県水産海洋技術センター
佐賀県玄海水産振興センター
長崎県総合水産試験場
熊本県水産研究センター
宮崎県水産試験場
鹿児島県水産技術開発センター
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託・その他プロ 水産庁交付金 水産庁・その他 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金 環境省・その他 その他
業績(1)沖ノ鳥島とその周辺地域のミドリイシ類の遺伝的比較
(2)沖ノ鳥島の造礁サンゴ相
(3)環境中に出現する褐虫藻の系統解析
(4)イシサンゴからの褐虫藻放出現象:サンゴは選択的に褐虫藻を放出するのか
(5)環境水中のサンゴ褐虫藻:シンクかソースか?
(6)サンゴによる褐虫藻の獲得と喪失のメカニズム
(7)1998年の大規模サンゴ白化が浦底湾の魚類組成に及ぼした中・長期の影響
(8)サンゴによる褐虫藻の放出には褐虫藻の遺伝子型が関係する
(9)Coral recruitment can be enhanced by larval seeding: An in situ demonstration
(10)Bacterial degradability of the organic matter released from symbiotic coral colonies
(11)Genetic structure of a widespread coral Acropora hyacinthus among populations in the northern peripheral region of Indo-Pacific reefs
(12)Species specific habitat selectivity of Acropora corals in subtropical reef
(13)Organic matter cycling through reef-building corals
(14)Specific growth rate as a determinant of the isotope composition of the temperate seagrass Zostera marina
(15)日本周辺海域におけるヒトデ相の研究
(16)光学式センサーによる硝酸塩鉛直分布の測定事例
(17)PIV法による懸濁物食二枚貝の水管周辺の流速計測の試み
(18)鹿児島県沿岸に出現するウニ3種の水槽内での行動.移動速度の解析と日周性および砂の影響.
(19)Physical and biological processes for maintenance of kelp beds in an urchin barren on the northeastern Pacific coast of Honshu, Japan.
(20)佐渡真野湾でのガラモ場分布に及ぼす砂と植食の影響
(21)松名瀬海岸の地形と稚貝の空間パターンとの関係
(22)Correlations between spatial patterns of juvenile clams and fine-scale topographies on sand flats
(23)Inhibitory effects of wave action on destructive grazing by sea urchins: a review
(24)魚類養殖の環境インパクトと持続的生産
(25)魚類養殖場における残餌と糞の定量と適正給餌
(26)Environmental management in aquaculture in Japan
(27)Quantification of waste feed and fish feces using stabel carbon and nitrogen isotopes
(28)Disturbance and rehabilitation of Tsunami impact on mangrove forests and macrobenthic communities in Andaman Sea, Thailand
(29)Recycling-oriented aquaculture system utilizing natural ecological functions of mangrove organisms
(30)Secondary succession of coral reef communities at Urasoko Bay, Ishigaki Island, the Ryukyus (southern Japan)
(31)伊勢市二見町川口干潟におけるノリ網敷設によるアサリ稚貝の捕捉についてII
(32)Present status and problems of Manila clam production in Japan and research activities for its recovery
(33)アサリ増殖場造成の基質としてのカキ殻加工固形物利用の試み
(34)諫早湾内の諫早市小長井町地先干潟の貧酸素化の実態とその対策
(35)松名瀬干潟におけるアサリ着底稚貝の空間パターンと干潟地形および流動との関係
(36)伊勢湾のアサリ資源回復に向けた視点
(37)稚貝の環境ストレスについて
(38)貝類に関する研究成果と今後の研究課題
(39)伊勢湾アサリ漁場における貧酸素の調査結果
(40)Environmental indicators and modeling studies for assessing sustainability of marine aquaculture.
(41)Sustainability indicators for aquaculture.
(42)数値計算モデルによる魚類養殖場の環境評価
(43)アナアオサを用いた魚類養殖による窒素負荷の評価
(44)Comparison of reef fish community structures from mangrove estuary to coral reef slope, at Ishigaki Island, southern Japan.
(45)サンゴ群集の修復技術−石西礁湖と阿嘉島、それぞれに適した再生戦略は?−
(46)Assessment of the water purification ability in the mangrove ecosystem.
(47)数値シミュレーションによる魚類養殖場の環境評価
(48)数値計算モデルによる魚類養殖場の環境評価
(49)濃縮係数の変動性−魚類を例として
(50)海の中の森、、藻場を守るために食物網を研究
(51)アマモZostera marina栄養株の移植適地選定手法高度化の試み
(52)東シナ海域における陸起源物質負荷が生物環境に及ぼす影響の解明
(53)東シナ海域における陸起源物質負荷が生物環境に及ぼす影響の解明
(54)Current status and the recovery attempt of Isoyake in northern Japan.
(55)宮崎県串間市沿岸のタマナシモクの生長と成熟及び群落の維持について
(56)ノリの色落ち原因珪藻Coscinodiscus wailesiiの窒素、リン取り込みの動力学的解析
(57)沿岸海域低次生態系における藻場の役割
(58)沿岸海域低次生態系における藻場の役割
(59)長江エスチャリーからの生態系要素エクスポートの評価
(60)Seasonal and spatial variations in cellobiosidase activity of juveniles of Manila clam Ruditapes philippnarum
(61)沿岸海域低次生態系における藻場の役割
(62)Long-term Increasing Trend of Transparency and its Relationships to Red Tide Outbreaks in Ariake Bay, Japan
(63)Long-term variations of summer surface salinity and nutrients in the northern East China Sea and their relations to Changjiang discharge: background data before the closure of the Three Gorges Dam.
(64)有機炭素安定同位体比を用いた筑後川懸濁粒子の特性把握
(65)優占する海藻種の異なる藻場で採集した クロアワビとメガイアワビの孕卵数
(66)長崎市沿岸に広がる“春藻場”の現状と課題について
(67)夏季の駿河湾沖におけるイセエビ類幼生の分布について
(68)九州西岸で季節的に形成されるガラモ場の維持機構-直立部のない時期の生残率
(69)長崎県沿岸の磯焼け継続要因を把握する試み
(70)九州産ホンダワラ類4種の付着器からの再生能とその温度特性
(71)植食性魚類の摂食活動と磯焼けの進行
(72)南方系2種と在来3種の海藻で飼育したアカウニの成長比較
(73)石垣島浦宮良川沖沿岸海域表面水中のケイ酸塩
(74)亜熱帯沿岸域における動物プランクトン群集の昼夜変化
(75)Environmental impact of human activity and buffering capacity of Ulva sp. in Miyara Bay, Ishigaki Island, Okinawa, Japan. Program and Abstracts,
(76)石垣島宮良川マングローブ域における物質収支
(77)安定同位体比を用いたアサリの好適餌料環境評価手法の検討
(78)アサリはいつ何を食べているのか?
(79)二枚貝類の安定同位体比からみた多摩川河口干潟の環境
(80)西日本沿岸の藻場の現状と温暖化影響
(81)堆積が藻場に及ぼす影響
(82)亜熱帯海域における海草葉上付着生物の親生物元素組成の変動
(83)枝状サンゴ群集の再生のための技術開発
(84)アマモ場における魚類と小型無脊椎動物の群集構造の関係
(85)海草藻場の小型動物群集における種数―機能群構造関係の空間変異
(86)除去後のウニの侵入量の予測
(87)Distribution of Changjiang diluted water detected by satellite chlorophyll-a and its interannual variation during 1998-2007
(88)The long-term freshening and nutrient increases in summer surface water in the northern East China Sea in relation to Changjiang discharge variation.
(89)砂面の飽和・不飽和に伴う硬度の変化が小型甲殻類の潜砂に与える影響
(90)瀬戸内海における藻場と魚類の空間分布解析
(91)生態系機能の広域評価に基づく瀬戸内海のアマモ場再生プラン
(92)海況変動による動物―植物相互作用系のフェノロジー変化と群集動態
(93)九州産ホンダワラ類4種の付着器からの再生能およびその温度特性
(94)バイオログによる干潟微生物の解析2 50株分離法による予備調査結果
(95)バイオログによる干潟微生物の解析1 段階希釈法による予備調査結果
(96)抗体によるアサリ稚貝の網羅的生理機能評価法の試み
(97)Possible bottom-up control of fisheries production in the Seto Inland Sea, Japan
(98)瀬戸内海の低次生物生産構造は変化しているか?
(99)瀬戸内海における環境変動の現状と関連する取り組み
(100)2008年春季の瀬戸内海における植物プランクトン群集のサイズ組成
(101)TSMaster Version 8.14
(102)TSEditor Version 4.21
(103)有明海における透明度の長期的上昇傾向及び赤潮発生との関連
(104)Production of dissolved and particulate organic matter by the reef-building corals Porites cylindrica and Acropora pulchra.
(105)ナミノリソコエビHaustorioides japonicus(端脚目:ナミノリソコエビ科)の潜砂に及ぼす飽和水位の変動と砂表面における含水比の影響
(106)深海底生動物の帯状分布の成因について−棘皮動物クモヒトデ類を例に餌料供給源の観点から−
(107)日本海南部浅海域より得られたOphidiaster属の1種
(108)魚類養殖由来有機物の拡散と行方−漁場の回復力を知るための必須情報−
(109)魚類養殖の環境インパクトと持続的生産
(110)海面養殖による汚染とその管理
(111)魚類養殖場における残餌,糞の定量と適正給餌
(112)アサリ増殖に関する最新の知見について
(113)石西礁湖における2007年の夏季高水温によるサンゴの白化
(114)Depth-related shift in food sources at subtidal soft-bottom megabenthic community in the Sea of Japan.
(115)新潟沿岸および知多湾産貝類の炭素・窒素安定同位体比分布様式の比較
(116)日本南西海域より100年ぶりに再発見されたウデナガカギトゲヒトデ(新称)
(117)Between-habitat interactions in coastal ecosystems: current knowledge and future challenges for understanding community dynamics
(118)Development of Twelve compound microsatellite markers in the blue coral Heliopora coerulea (Alcynonaria: Coenothecalia)
(119)Overwinter mortality of young-of-the-year Ezo abalone in relation to seawater temperature on the North Pacific coast of Japan.
(120)Ecosystem management including the ayu Plecoglossus altivelis altivelis in Japanese rivers
(121)Nitrate and phosphate uptake kinetics of the harmful diatom Eucampia zodiacus Ehrenberg, a causative organism in the bleaching of aquacultured Porphyra thalli
(122)室内培養下の褐藻マメタワラの成長・成熟特性
(123)Applicability of stable isotope analyses for the ecological studies in abalone: estimation of fractionation values and natural diets.
(124)Cadmium accumulation on coastal surficial sediments from Yaeyama Islands, Okinawa.
(125)Seasonal and spatial variation of bacterial community structure in river-mouth areas of Gokasho Bay, Japan
(126)Latitudinal gradients in speices richness in assemblages of sessile animals in rockey intertidalzone: mechanisms determining scale-dependent variability
(127)Factors controlling dissolved silica in coral reef surface water of Urasoko Bay, Ishigaki Island, Japan.
(128)Effects of restricted feeding on growth of red sea bream and sedimentation of aquaculture wastes
(129)Isoyake (barren grounds) Recovery Project 2004-2007 in Japan
(130)ノリ養殖と珪藻赤潮・栄養塩
(131)磯焼け場で海藻を繁茂させる−ウニ、アワビ、海藻を共存させる理想の技術−
(132)漁港・漁場の水理環境
(133)水温・流動環境とウニの摂餌行動
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093272
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat