(ウ)外来生物や有毒・有害生物等の影響評価・発生予察・被害防止技術の高度化

(ウ)外来生物や有毒・有害生物等の影響評価・発生予察・被害防止技術の高度化

課題番号2008010787
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2006-2010
年度2008
大課題ウ.水産生物の生育環境の管理・保全技術の開発
中課題(ウ)外来生物や有毒・有害生物等の影響評価・発生予察・被害防止技術の高度化
小課題(ウ)外来生物や有毒・有害生物等の影響評価・発生予察・被害防止技術の高度化
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要外来生物や有毒・有害生物等の影響評価・発生予察・被害防止技術の高度化を目指し、20年度は有毒・有害生物等の分析・検出技術の確立、出現予測技術の開発を行うとともに、遺伝子組み替え魚の安全性について検討を行うことを目的として実施した。有毒・有害プランクトン8種について、高感度かつ種特異的なDNAプローブを開発した。コクロディニウムについては個体群動態と環境要因との関係を解明した。また、大型クラゲに関しては日中韓協力のもと、出現過程シミュレーションモデルの高度化を図った。遺伝子組み替え魚については、ベニザケ成長ホルモン遺伝子のコピー数を明らかにするとともに、遺伝子組換えアマゴの卵及び精子の形成の解析を行う等安全性評価に向かって進んでいる。
研究分担水産総合研究センター,東北区水産研究所,海区水産業研究部,海区産業研究室
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,赤潮環境部,赤潮生物研究室
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,赤潮環境部,有毒プランクトン研究室
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,赤潮環境部,赤潮制御研究室
水産総合研究センター,養殖研究所,生産技術部,育種研究グループ
水産総合研究センター,中央水産研究所,内水面研究生,生態系保全研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,内水面研究生,生態系保全研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,海洋データ解析センター,海洋モデル研究グループ
水産総合研究センター,日本海区水産研究所,日本海海洋環境部,生物生産研究室
水産総合研究センター,東北区水産研究所,海区水産業研究部,海区産業研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,水産遺伝子解析センター
水産総合研究センター,養殖研究所,生産技術部,育種研究グループ
水産総合研究センター,中央水産研究所,内水面研究生,生態系保全研究室
水産総合研究センター,さけますセンター,さけます研究部,環境・生態研究室
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,赤潮環境部,赤潮制御研究室
水産総合研究センター,養殖研究所,魚病診断・研修センター
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,赤潮環境部,有毒プランクトン研究室
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,生産環境部,沿岸資源研究室
水産総合研究センター,西海区水産研究所,東シナ海海洋環境部
水産総合研究センター,中央水産研究所,内水面研究部,資源生態研究室
協力分担関係熊本県水産研究センター
鹿児島県水産技術開発センター
京都大学
広島大学
福井県水産試験場
東海大学
大阪大学
福井県立大
京都大学
大阪府立公衆衛生研究所
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託・バイテク先端技術[eDNA] 水産庁交付金 水産庁・その他 農水省・その他 文科省[科研費]
業績(1)Acoustical method using a quantitative echosounder for estimating abundance and distribution of the giant jellyfish (Nemopilema nomurai)
(2)エチゼンクラゲの輸送に関わる生態特性
(3)Ecology, physiology and genetics of a phycodnavirus infecting the noxious bloom-forming raphidophyte Heterosigma akashiwo.
(4)Diverse responses of the bivalve-killing dinoflagellate Heterocapsa circularisquama to infection by a single-stranded RNA virus.
(5)Global scale processes with a nanoscale drive - the role of marine viruses.
(6)Ecological dynamics of the toxic bloom-forming Microcystis aeruginosa and its cyanophages in freshwater.
(7)The big bang of picorna-like virus evolution antedates the radiation of eukaryotic supergroups.
(8)Dinoflagellates, diatoms and their viruses.
(9)Algal viruses.
(10)長崎県古江湾における有毒渦鞭毛藻Gymnodinium catenatum Grahamの冬春季の出現状況および培養株の増殖特性
(11)Purification and characterization of a novel high molecular weight exotoxin produced by red tide phytoplankton, Alexandrium tamarense
(12)Growth dynamics of Heterosigma akashiwo (Raphidophyceae) in Hakata Bay, Japan
(13)Red tide due to dinoflagellate Karenia mikimotoi in Hiroshima Bay 2002: environmental features during the red tide and associated fisheries damages to finfish and shellfish aquaculture
(14)Comparative study on the PSP component and toxicity produced by Alexandrium tamiyavanichii (Dinophyceae) strains occurring in Japanese coastal water
(15)Re-examination of cyst-motile relationships of Polykrikos kofoidii Chatton and Polykrikos schwartzii Butschli (Gymnodiniales, Dinophyceae)
(16)熱帯性の有毒プランクトンの新たな出現と貝類の毒化問題
(17)マイクロサテライトによるCochlodinium polykrikoidesの個体群構造解析
(18)マイクロサテライト多型による有害赤潮藻Cochlodinium polykrikoidesの個体群構造解析
(19)Successful cultivation of the toxic dinoflagellate Dinophysis caudata (Dinophyceae)
(20)Growth characteristics and phylogenetic analysis of the marine dinoflagellate Dinophysis infundibulus (Dinophyceae).
(21)PREDATION BY THE TOXIC DINOFLAGELLATE DINOPHYSIS FORTII ON THE CILIATE MYRIONECTA RUBRA AND OBSERVATION OF SEQUESTRATION OF CILIATE CHLOROPLASTS
(22)The search for the origin of cnidarian nematocysts in dinoflagellate
(23)Production of dinophysistoxin-1 and pectenotoxin-2 by a culture of Dinophysis acuminata (Dinophyceae)
(24)Nutrition and growth kinetics in nitrogen- or phosphorus-limited cultures of the novel red tide flagellate Chattonella ovata (Raphidophyceae).
(25)Cochlodinium polykrikoidesの増殖生理
(26)Effect of temperature on light-limited growth of the harmful diatom Coscinodiscus wailesii, a causative organism in the bleaching of aquacultured Porphyra thalli
(27)Morphology and germination characteristics of the cysts of Chattonella ovata (Raphidophyceae), a novel red tide flagellate in the Seto Inland Sea, Japan.
(28)Cytoskeletal toxicity of pectenotoxins in hepatic cells
(29)First detection of Pectenotoxin-11 and confirmation of OA-D8 diolester in Dinophysis acuta from European waters by LC-MS/MS
(30)Occurrence of toxic Dinophysis acuminata (Dinophyceae) in Uranouchi Inlet, Japan.
(31)LC-MS/MS analysis of okadaic acid analogues and other lipophilic toxins in single-cell isolates of several Dinophysis species collected in Hokkaido, Japan.
(32)養殖における遺伝子組換え技術の応用
(33)大型クラゲの行動調査結果
(34)有明海における大型クラゲ分布調査
(35)日中韓の科学者による共同調査の実施(東シナ海調査)
(36)高度多型分子マーカーを用いた有害・有毒赤潮生物の個体群構造の解明と分布拡大機構の解明
(37)8.Alexandrium属の個体群構造と分布拡大要因の解明
(38)有毒プランクトンを知ろう「第3回 麻痺性貝毒を起こすプランクトン」
(39)有毒プランクトンを知ろう「第2回 麻痺性貝毒を起こすプランクトン」
(40)有毒プランクトンを知ろう「第1回 下痢性貝毒を起こすプランクトン」
(41)ミズクラゲ発生機構と食物連鎖構造、特に微小動物プランクトンの役割
(42)下痢性貝毒原因プランクトンの毒生産を初めて確認
(43)赤潮の発生件数 ほか
(44)有害藻類ブルームの発生機構に関する近年の知見
(45)藻場と磯やけ域におけるアイゴの食性及び成長の違い
(46)日本海沖合域における大型クラゲの分布状況
(47)ディノフィシスの間接的な餌料となるクリプト藻の石巻湾における種組成について.
(48)Offspring characterizaton from artificial mating of Atlantic salmon with chum salmon and brown trout. 5th World Fisheries Congress
(49)有明海奥部の干潟と浅海底における底生動物の食物源
(50)Acoustical method using a quantitative echosounder to estimate horizontal and vertical distribution of the giant jellyfish (Nemopilema nomurai)
(51)大型クラゲの比重が鉛直分布および水中挙動に及ぼす影響に関する一考察
(52)A study of the specific gravity of jellyfish which affect their vertical distribution and behavior in the sea
(53)Vertical distribution and movement of giant jellyfish Nemopilema nomurai
(54)マガキに対する有害ラフィド藻Chattonella属の影響
(55)2008 年8 月に有明海で確認された青潮について.
(56)砂泥(有明海)におけるFree-H2Sの定量について.
(57)有明海北東部タイラギ漁場における底泥間隙水中溶存硫化水素濃度の季節変動.
(58)夏季の有明海北西奥部における硫化水素水の発生とサルボウの生理状態.
(59)夏季の有明海北東部タイラギ漁場における海域環境とタイラギの生理状態.
(60)有明海奥部における貧酸素水塊の胴体と影響要因に関する検討.
(61)有明海における貧酸素水塊の発生状況.
(62)Information about rhizostomid jellyfish distributed in the Ariake Sea, Japan
(63)Distribution of Nemopilema nomurai in the East China Sea. Observation in summer seasons from 2006 to 2008.
(64)宇和海における底生高次消費者Acropoma japonicumの有機炭素起源の推定
(65)大阪湾における有毒渦鞭毛藻Alexandrium tamarenseシストのreal-time PCR法を用いたモニタリング
(66)Possible impacts of polyamines on the growth of HAB-causing microalgae.
(67)Genetic and biochemical characterization of the lytic enzymes from cyanophages Ma-LMM01 infecting Microcystis aeruginosa.
(68)Transcription of the phycobilisome degradation gene in cyanophage Ma-LMM01 infecting Microcystis aeruginosa.
(69)シアノファージMa-LMM01のゲノム上に見出されたISのMicrocystis aeruginosa における分布.
(70)光合成を中心とするラン藻とシアノファージの相互作用.
(71)Dynamics of cyanophages infecting the toxic cyanobacterium Microcystis aeruginosa in the environment.
(72)2006年および2007年の大阪湾における有毒渦鞭毛藻Alexandrium tamarenseおよびAlexandrium catenellaシストの現存量と水平分布
(73)Dynamics of toxic bloom-forming cyanobacterium Microcystis aeruginosa and its infective cyanophages in the environment.
(74)Dynamics of toxic bloom-forming ctyanobacterium Microcystis aeruginosa and its infective cyanophages in the environment.
(75)瀬戸内海沿岸域の赤潮藻の増殖に対するシデロホアの影響
(76)有害渦鞭毛藻類Cochlodinium polykrikoidesの分子系統学的解析と形態比較
(77)岩国沿岸で観察された赤潮プランクトン
(78)土佐湾の養殖漁場に置ける新奇有害ラフィド藻Chattonella ovataシストの分布と発芽特性
(79)Introduction of a new project "Conservation Strategy based on Regional Reef Connectivity and Environmental Load Assessment in SEA-WP Region
(80)Seasonal distribution of resting cysts of the toxic dinoflagellate Alexandrium tamarense monitored by real-timePCR assay in sediments of Osaka Bay, the eastern Seto Inland Sea, Japan.
(81)Microsatellite markers reveal unexpected diversity among and within populations of the toxic dinoflagellate Alexandrium catenella
(82)有害渦鞭毛藻Heterocapsa circularisquamaを宿主とするRNAウイルスの宿主特異性.
(83)海洋植物プランクトンに感染するウイルスのゲノム性状
(84)How come virus-inoculated algal culture exhibits regrowth?
(85)有害赤潮原因藻ヘテロカプサとウイルス間の感染現象を巡る両者の多様性について.
(86)近年の海産ウイルスに関する研究はウイルス進化の理解を深めつつある.
(87)海産赤潮プランクトンの系群レベルでの組成変化に対するウイルス側の挙動応答について.
(88)ガラスの鎧を持つ珪藻類はウイルスに感染するか?
(89)Viral impacts on HABs in marine environments.
(90)Unusual viruses infecting marine protists.
(91)Molecular ecology of viruses infectious to HAB-causing microalgae.
(92)First isolation of a cryptophyte-infecting virus, TaDNAV (Teleaulax amphioxeia DNA virus).
(93)赤潮原因鞭毛藻に感染するウイルス −これまでの研究と今後の展望−.
(94)下痢性貝毒原因渦鞭毛藻Dinophysis属の葉緑体起源に関する分子生態学的研究
(95)Genetic structure of Asian geographic populations in Alexandrium catenella (Dinophyceae): a study usingmicrosatellite markers
(96)Population Genetic Structure Of The Crown-Of-Thorns Starfish, Acanthaster Planci (L.) Across Indo-Pacific: Genetic Evidence For The Secondary Outbreaks?
(97)A Preliminary Study On Early Life Ecology Of Blue Coral, Heliopora Coerulea (Alcynonaria: Coenothecalia) Assessed By Microsatellite Variation
(98)インド洋・太平洋におけるオニヒトデ大量発生集団の遺伝的構造
(99)Genetic analyses of the cryptomonad nucleomorph in natural Myrionecta rubra cells reveal a simple lineage of Dinophysis kleptoplastids
(100)Transfer of harmful algal bloom species in Japanese and Korean coastal waters through natural and human associated dispersals revealed by microsatellites
(101)Transfer of harmful algal bloom species in Japanese and Korean coastal waters through natural and human associated dispersals revealed by microsatellites
(102)A large scale transfer of the noxious red tide forming dinoflagellate Cochlodinium polykrikoides by ocean currents in Japanese and Korean coastal waters and possible gene flows by human-assisted dispersals revealed by microsatellite polymorphisms
(103)Direct detection of harmful algae from the oyster spat and live fish transportation trailers
(104)活魚運搬車による有毒有害プランクトンの人為的輸送
(105)マガキ漁場付近の海水中ノロウイルスの鉛直出現特性
(106)繊毛虫プランクトンに対するミズクラゲ エフィラの捕食能
(107)貝毒プランクトンと繊毛虫プランクトン:食う食われるの関係と毒の行方
(108)海の小さな食いしん坊−さまざまな生物の餌としての役割−
(109)マイクロプランクトンに対するミズクラゲポリプの捕食と同化
(110)定量PCR法による有毒渦鞭毛藻Pyrodinium bahamense var. compressumの簡易モニタリング手法の開発
(111)Morphology and germination ability of long term preserved hyaline cyst of Cochlodinium polykrikoides (Dinophyceae)
(112)Environmental conditions on the germination of resting cyst of Pyrodinium bahamense var. compressum
(113)有毒渦鞭毛藻Pyrodinium bahamense var. compressumのシストの休眠・発芽に及ぼす水温,光,および溶存酸素環境の影響
(114)First report of fungal parasitism on the toxic dinoflagellate Alexandrium tamarense
(115)Ecophysiological characteristics of the harmful dinoflagellate Karenia mikimotoi in Japanese coastal waters
(116)Ecology of red tide organism in coastal waters of Western Japan
(117)養殖ノリ色落ち原因珪藻Eucampia zodiacus現場個体群の細胞分裂周期
(118)瀬戸内海燧灘におけるミズクラゲ増加の影響のシミュレーション
(119)Salinity tolerance of planulae and polyps of genus Rhopilema/Nemopileama, and speculation on their polyps' habitat
(120)Salinity tolerance of planula and polyp stages of Nomura’s jellyfish, and their possible natural habitat
(121)Natural habitat of polyps of Aurelia sp. in Mikawa Bay, Japan
(122)伊勢湾・三河湾のミズクラゲの分布
(123)伊勢・三河湾におけるミズクラゲAurelia auritaのエフィラ期幼生と成体の出現状況
(124)カワウの採食場所の決定プロセス
(125)安定同位体を用いたカワウ季節移動の検証
(126)冬の千曲川でカワウが食べた魚たち
(127)Distribution of the giant jellyfish in the Tsushima Strait monitored by the ferryboat 'New Camellia'
(128)Numerical simulation on the migration of the giant jellyfish in the Japan Sea during 2006-2008
(129)Current structure in the Tsushima warm Current region in the Japan Sea observed by satellite-tracked drifters.
(130)Numerical tracer study on the migration of the giant jellyfish (Nemopilema Nomurai) in the Japan Sea.
(131)Dominant species and contribution of Cryptophyta in phytoplankton sample collected off Oginohama in Sendai Bay, Japan.
(132)環境サンプルからの微生物同定に関する簡易手法の検討
(133)上向き曳航カメラによる大型クラゲの分布密度調査法の開発(H20研究成果情報掲載課題)
(134)有害・有毒プランクトンも水産生物と一緒に運ばれる
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093274
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat