(ウ)水産物の機能特性の解明と高度利用技術の開発

(ウ)水産物の機能特性の解明と高度利用技術の開発

課題番号2008010791
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2006-2010
年度2008
大課題該当なし
中課題(ウ)水産物の機能特性の解明と高度利用技術の開発
小課題(ウ)水産物の機能特性の解明と高度利用技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要水産物の有用な機能の解明と評価及び未利用資源等の利用技術の開発並びに品質保持技術及び利用高度化技術の開発を目的としている。20年度は、ホタテガイに含まれる紫外線吸収アミノ酸について検討し、生殖腺及び卵巣から効率的に抽出可能であり、紫外線に対する効果は市販の紫外線ケア製品と同等であることを明らかにした。また、ホタテガイのセラミドは外套膜に比較的多く含まれることを明らかにするとともに、約75%純度のセラミドの抽出を可能とした。さらに、マグロ肉の解凍硬直と色調変化の両方を制御できる解凍条件を検討し、解凍硬直抑制と肉質や色の保持には、サクの場合は-7℃で1〜2日間、ブロックの場合は-10℃で6〜8日間の昇温処理が有効であることを明らかにした。
研究分担水産総合研究センター,中央水産研究所,利用加工部,機能評価研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,利用加工部,品質管理研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,利用加工部,食品バイテク研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,利用加工部,素材開発研究室
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,赤潮環境部
水産総合研究センター,北海道区水産研究所,海区水産業研究部,資源培養研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,利用加工部,素材開発研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,利用加工部,食品安全研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,利用加工部,品質管理研究室
水産総合研究センター,養殖研究所,生産システム部
水産総合研究センター,養殖研究所,生産システム部,飼餌料研究グループ
水産総合研究センター,中央水産研究所,利用加工部
協力分担関係アイン食品(株)
近畿大学
かなわ水産株式会社
三洋電機株式会社
広島工業大学
コミュニティサポート株式会社
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 産学官連携 委託・環境研究[バイオマスプロ] 委託・バイテク先端技術[信頼性確保プロ] 委託・バイテク先端技術[食品ナノテク] 水産庁交付金
業績(1)未利用海藻類に含まれる有用成分の機能性の評価と利用技術の開発(低品質ノリの有効利用研究)
(2)1.3 独立行政法人研究機関におけるゼロエミッション研究の取り組み例
(3)Unusual novel n-4 polyunsaturated fatty acids in cold-seep mussels (Bathymodiolus japonicus and Bathymodiolus platifrons), originating from symbiotic methanotrophic bacteria
(4)Effect of dietary taurine and lipid contents on conjugated bile acid composition and growth performance of juvenile Japanese flounder Paralichthys olivaceus
(5)魚の骨からマリンコラーゲン〜水産物を利用した機能性食品の開発〜
(6)マグロ類ヤケ肉の品質評価
(7)Fermentation properties of low-quality red alga Susabinori Porphyra yezoensis by intestinal bacteria.
(8)反復凍結解凍処理による繊毛虫培養用新規微細藻類の選抜.
(9)凍結メバチの尾部と可食部の品質の相関
(10)養殖ハマチの中骨のコラーゲン利用研究
(11)愛媛特産じゃこ天の新たな展望
(12)水産加工について
(13)水産物に含まれる生活習慣予防に有効な成分と、それらに着目した水産加工品の開発
(14)味の科学
(15)高鮮度クジラ肉の解凍方法の開発
(16)養殖ハマチの加工残渣の有効利用ー機能性食品の開発事例ー
(17)ノリに含まれるビフィズス菌増殖促進因子グリセロールガラクトシドの機能性のヒト試験等による評価
(18)バリンの味覚特性とウニ生殖巣における分布
(19)高鮮度冷凍クジラ肉の解凍方法の開発
(20)Characteristics of ground fish meatwith a high content of ATP
(21)Changes in free amino acid composition in the ovary and testis of the sea urchin Pseudocentrotus depressus, The 13th
(22)Effect of inosine monophosphate (IMP) on behavioral response to lysine and arginine in mice
(23)バリンの味覚特性とウニ生殖巣における分布
(24)Inhibitory effects of edible marine algae extracts on degranulation of RBL-2H3 cells and mouse eosinophils.
(25)Distribution pattern of Porphyra (Bangiales, Rhodophyta) species with PCR-RFLP analysis around Okinawa Islands, Japan.
(26)ミトコンドリアDNAの部分塩基配列比較による変種オオバアサクサノリの判別.
(27)Effect of dietary docosahexaenoic acid connecting phospholipids on the lipid peroxidation of the brain in mice.
(28)1.3.6 藻類の生体調節機能
(29)機能性成分素材としての海苔
(30)ホタテガイPatinopecten yessoensis に含まれるマイコスポリン様アミノ酸組成の季節変動
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093278
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat