(エ)安全・安心な水産物供給技術の開発

(エ)安全・安心な水産物供給技術の開発

課題番号2008010792
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2006-2010
年度2008
大課題該当なし
中課題(エ)安全・安心な水産物供給技術の開発
小課題(エ)安全・安心な水産物供給技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要水産物の種や原産地の判別技術及び凍結履歴等の識別技術の開発並びに有害微生物や生物毒等の防除技術等の水産物の利用に伴うリスクの低減技術の開発を目的としている。20年度は、乾ノリ製品を対象に、微量元素の含量比較により、日本産と外国産を判別することを可能とした。また、遺伝子配列を用いてハマトビウオ属6種の種判別が可能なことを確認した。さらに、食中毒ビブリオ属細菌群の分布は水温(季節)と塩分濃度(河川の流入)に大きく影響を受けることを明らかにした。
研究分担水産総合研究センター,中央水産研究所,利用加工部,食品安全研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,利用加工部,食品安全研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,水産遺伝子解析センター
水産総合研究センター,中央水産研究所,利用加工部,品質管理研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,利用加工部,素材開発研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,利用加工部,品質管理研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,利用加工部,品質管理研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,利用加工部
水産総合研究センター,東北区水産研究所,海区水産業研究部,海区産業研究室
水産総合研究センター,養殖研究所,病害防除部
水産総合研究センター,西海区水産研究所,有明海・八代海漁場環境研究センター,浅海増養殖研究科
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,赤潮環境部
水産総合研究センター,中央水産研究所,利用加工部,食品バイオテクノロジー研究室
協力分担関係東京大学
農林水産消費技術センター
北海道大学
(財)函館地域産業振興財団
東京海洋大学
富山県食品研究所
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託・バイテク先端技術[信頼性確保プロ] 水産庁交付金 水産庁・その他 農水省・その他 文科省[科研費]
業績(1)Visible/near-infrared spectroscopy for differentiation between unfrozen and frozen-thawed fish.
(2)Analysis of a 30 kbp plasmid encoding histidine decarboxylase gene in Tetragenococcus halophilus isolated from fish sauce.
(3)Visible/near-infrared spectroscopy for differentiation between unfrozen and frozen-thawed fish.
(4)メタゲノム解析手法を用いた水域環境中の組換え微生物遺伝子相対量のモニタリング技術の開発
(5)Visible/near-infrared spectroscopy for differentiation between unfrozen and frozen-thawed fish.
(6)2.3 貝毒
(7)下痢性貝毒ペクテノトキシン6の精製と毒性評価
(8)メラミンストーリー
(9)貝毒検査体制と貝毒分析技術開発の現状について
(10)Frozen tuna quality evaluation based on various indices of fish at the time of catch and chemical analysis of tail meat.
(11)解凍魚の判別
(12)Near infrared spectroscopy - a rapid and non-destructive technology in seafood analysis.
(13)海洋細菌のメタゲノム解析-海水の健康診断を目指して-
(14)SSP-PCR分析による水産近縁種判別結果の電気化学測定法を用いた迅速・簡易検出
(15)凍結マグロの解凍過程における肉質制御技術の開発
(16)蒲鉾製造ロスを原料とした魚醤油もろみ発酵中細菌相解析
(17)蒲鉾製造ロスと乳酸菌の混合・添加が発酵中の魚醤油もろみのヒスタミン(Hm)生成に及ぼす影響
(18)かつお節抽出残渣を用いて発酵した調味料の性状
(19)LC-MS/MS analysis of okadaic acid analogues and lipophilic toxins in several Dinophysis species isolated in Japan
(20)Studies of diarrhetic activity on pectenotoxin-6 in the mouse
(21)Marine toxin research in Japan
(22)アコヤガイの貝殻形成に関与するKRMP遺伝子の多型性と遺伝性の解析
(23)DNAマーカーによるメダカとハイナンメダカの種判別手法
(24)Removal of Arsenic from Seaweed hijiki by Boiling Process
(25)Origin identification of littleneck clam by multiple trace elemental analysis.
(26)mtDNAのPCR-RFLP分析と外部形態によるハタハタの集団構造解析結果、DNA多型学会第17回学術集会
(27)メタゲノム解析手法を用いた水環境の在来微生物叢のモニタリング技術の開発
(28)外洋性種を中心としたイカ類のDNA鑑定
(29)Genetic variation of mitochondrial DNA extracted from the feces of the Steller Sea lion, Eumetopias jubatus
(30)Species identification of Oryzias latipes and O. curvinotus using nuclear genes and mitochondrial gene region
(31)Extensive hybridization and polyploidy inCobitis biwae and C. striata complexes
(32)Systematics of Catostomidae (Cypriniformes) based on mitochondrial ND4/ND5 gene sequences
(33)Population genetic analysis of Japanese flounder, Paralichthys olivaceus, basedon mitochondrial DNA sequence
(34)A retrospective genetic analysis of the Pacific herring, Clupea pallasii, Hokkaido-Sakhalin stock using scales attached on historical remnants of fishing gear
(35)Cytbを利用したハマトビウオ属6種の種判別について
(36)Discrimination of 6 species in the scad Genus Decapterus using mtDNA cytb sequence
(37)Extractive components of fish sauces prepared from the wastes from kamaboko processing in Japan.
(38)Frozen tuna quality evaluation based on various indices of fish at the time of catch and chemical analysis of tail meat.
(39)スケトウダラの遺伝的な集団構造
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093279
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat