(ウ)主要水産資源の調査及び海洋環境等のモニタリング

(ウ)主要水産資源の調査及び海洋環境等のモニタリング

課題番号2008010795
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2006-2010
年度2008
大課題該当なし
中課題(ウ)主要水産資源の調査及び海洋環境等のモニタリング
小課題(ウ)主要水産資源の調査及び海洋環境等のモニタリング
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要長期モニタリングによる海洋生態系データベースの構築、放流効果の実証や国際資源調査研究を目的としている。20年度は近年の沿岸水温上昇が徐々ではなく数回ジャンプしたことを明らかにした。また、我が国周辺水域の重要魚種75種86系群について資源評価を行い、説明会等を通じて広報に努めるとともに、まぐろ延縄漁業における混獲回避手法を開発した。
研究分担水産総合研究センター,中央水産研究所,海洋データ解析センター,広域データ解析グループ
水産総合研究センター,本部,業務推進部,栽培管理課
水産総合研究センター,さけますセンター,さけます研究部,技術開発室
水産総合研究センター,中央水産研究所,海洋生産部,海洋放射能研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,海洋生産部,海洋放射能研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,資源評価部
水産総合研究センター,日本海区水産研究所,日本海漁業資源部
水産総合研究センター,中央水産研究所,資源評価部,資源動態研究室
協力分担関係沖縄県水産試験場
日本水産資源保護協会
予算区分水産庁交付金 水産庁・その他 文科省・その他
業績(1)平成20年度カツオ資源会議報告
(2)北大西洋ビンナガ.
(3)北太平洋ビンナガ.
(4)南大西洋ビンナガ.
(5)南太平洋ビンナガ.
(6)中西部太平洋カツオ.
(7)National Tuna Fisheries Report of Japan.
(8)太平洋クロマグロ天然資源の現況
(9)効率的漁獲条件等の分析
(10)サンマの分布と資源構造
(11)マダラの繁殖特性の時系列変化と資源変動
(12)東北海域におけるマダラ・スケトウダラの新規加入量調査の結果(2007年)
(13)東北海区における沖合底びき網漁業と主要底魚類の動向(2006年)
(14)2007年の底魚類現存量調査
(15)春期の東北海域におけるキチジの栄養状態
(16)マダラの繁殖特性の年変化が産卵数に及ぼす影響
(17)平成20年度サンマ太平洋北西部系群の資源評価
(18)Meauruement of sound-speed and density contrasts of Antarctic krell (Euphausia superba) on board RV Kaiyo Maru
(19)平成20年度キアンコウ太平洋北部の資源評価
(20)Assessing the accuracy and precision of stereo-video and sonar length measurements of southern bluefin tuna (Thunnus maccoyii).
(21)Researchers sheds light on history of tuna fishing.
(22)Distribution patterns and viomasses of Antarctic krill (Euphausia superba) and ice krill (E. crystallorophias) with note on distribution of Antarctic minke whales (Balaenoptera bonaerensis) in the Ross Sea in 2005
(23)平成20年度「開洋丸」第1次調査航海調査速報
(24)平成20年度「開洋丸」第5次調査航海調査速報
(25)平成20年度国際資源調査等推進対策事業 水産庁漁業調査船「開洋丸」第3次調査航海 天皇海山トロール漁場環境調査レグ2結果速報
(26)大西洋クロマグロ(東系群)
(27)平成20年度キチジ太平洋北部の資源評価
(28)太平洋クロマグロ
(29)ミナミマグロ幼魚の魚肉内通過音速測定
(30)Catch and distribution of Pacific bluefin tuna, Thunnus orientalis, in Tsugaru Strait
(31)Evaluating the utility of Stock Synthesis Version 3 for Pacific bluefin tuna stock assessment
(32)Stock assessment of Pacific bluefin tuna ?Specification of modeling and base case results
(33)Basic results of analysis of sexed size data of large sized Pacific bluefin tuna
(34)Future projections from the current stock status estimated by Stock Synthesis II for Pacific bluefin tuna
(35)Advance technique for measuring the length of fish during transfer by the acoustic camera (DIDSON) system.
(36)Preliminary stock assessment of Pacific bluefin tuna
(37)Reconsideration to adult natural mortality of Pacific bluefin tuna in the presence of new information of age and growth
(38)Seasonal variability of primary production off Abashiri, the southern Okhotsk Sea
(39)東大生産研と共同で開発した音響カメラ用養殖魚体長自動計測ソフトウェアを、(株)東陽テクニカにて商品化を進めている。
(40)日本近海におけるカツオの移動〜標識放流データからみた肥満度と北上の関係〜 水産海洋学会2008年度研究発表大会
(41)北太平洋ビンナガ回遊に関わる海洋環境要因の検討 水産海洋学会2008年度研究発表大会
(42)北太平洋ビンナガ水平・鉛直移動と延縄・竿釣り漁業との関係 水産海洋学会2008年度研究発表大会
(43)Development of the timely monitoring system for the better management of Pacific Bluefin tuna,
(44)Inference on the nature of Atlantic bluefin tuna offBrazil caught by the Japanese longline fishery around the early 1960s.
(45)Pacific bluefin tuna fisheries in Japan and adjacent areas before the mid-20th Century.
(46)Philological approach to estimate the catches of Pacific bluefin tuna in Japan and adjacent areas from the early 19th to mid-20th Centuries.
(47)山梨県鰍沢河岸跡の明治期遺構から出土したマグロ属Thunnus等の大型魚類骨格について(予報)
(48)南部オホーツク海網走沖のサイズ分画クロロフィルaの季節変動について
(49)東北海域におけるキチジの栄養状態および食性の時空間的な変異
(50)東北太平洋岸海域の底魚類における種内の分布−密度関係
(51)東北太平洋岸海域における底生生物群集の時空間変動:時間的・空間的視点でのβ多様性
(52)マダラの繁殖特性の年齢間変異
(53)Fluctuations in catch and biomass, and their effects on growth and reproducitive characteristics of Pacific cod around Japan
(54)平成20年度ヤナギムシガレイ太平洋北部の資源評価
(55)Evaluation and recommendation of sampling method for Purse seine by using landing data in Sakai-Minato
(56)Estimation of effective sample size for landing data of Japanese purse seine in Sakai-Minato
(57)平成20年度サメガレイ太平洋北部の資源評価
(58)平成20年度マダラ太平洋北部系群の資源評価
(59)北太平洋全域におけるイワシクジラの空間分布推定
(60)平成20年度イトヒキダラ太平洋系群の資源評価
(61)Correction of the standardized CPUE of Pacific bluefin tuna caught by Japanese offshore and distant-water longliners
(62)Data set on Stock Synthesis 2 for Pacific bluefin tuna, Thunnus orientalis.
(63)Future projections from the current stock status estimated by Stock Synthesis II for Pacific bluefin tuna
(64)平成20年度ズワイガニ太平洋北部系群の資源評価
(65)底魚類の漁獲量および資源変動
(66)サメガレイの資源保護は待ったなし!
(67)2003年及び2006年漁期に採集されたサンマ1歳魚のふ化時期の推定
(68)硬組織による成長・ふ化時期研究
(69)1980〜2005年の瀬戸内海におけるカタクチイワシの産卵量分布
(70)Stock boundary between possible swordfish stocks in the northwest and southeast Pacific judged from fisheries data of Japanese longliners
(71)サンマはまだまだ謎がいっぱい―ここまでわかってきたサンマ資源とその生態―
(72)東北・北海道太平洋岸における多獲性魚類の漁獲量の変動とその要因 浮魚類の漁獲量および資源変動
(73)主要水揚げ港周辺の冷凍、加工、流通の質的、量的な変化とそれを招いた要因 銚子
(74)Uncertainty of the estimates in the terminal year of 2005 estimated by SS2 for Pacific bluefin tuna
(75)サンマ太平洋北西部系群 胃内容物・餌環境調査
(76)2007年〜2008年のサンマ漁況
(77)Review of current problems and future perspectives on length frequency data for Pacific bluefin tuna
(78)資源動向要因分析調査(サンマ太平洋北西部系群)について
(79)幼魚ネットと中層トロールを併用した漁期前調査におけるサンマ0歳魚体長別資源豊度および自然死亡率の推定
(80)Length frequency of Pacific bluefin tuna caught by Japanese troll and set net fisheries during 1980's and possible effects for stock estimates
(81)サイドスキャンソナーによる海中のサンマ個体数の推定
(82)Review of PBF catch before 1952. Catches and catchabilities.
(83)Estimation of catch at size for Pacific bluefin tuna caught by Japanese troll and set net fisheries: current problems and future perspectives
(84)近年のサンマの資源状況
(85)3-4. 畜養ミナミマグロの音響カメラによる体長測定試験
(86)ミナミマグロの生簀間トランスファー時における音響カメラ(DIDSON)を用いた体長計測手法の実用性評価
(87)平成18年度(確報)及び19年度(速報)の河川捕獲、採卵及び放流数
(88)Assessing the accuracy and precision of stereo-videoand sonar length measurements of southern bluefintuna (Thunnus maccoyii).
(89)音響カメラDIDSONを用いた養殖魚の体長計測手法 問題点と改良点,3次元計測
(90)DIDSONを用いた養殖魚トランスファー時の尾数と体長の自動計測(仮)
(91)音響カメラによるブリの三次元計測(仮)
(92)平成20年度東北沖漁場におけるカツオ来遊資源豊度の予測
(93)Target strengh measurements of juvenile southern bluefin tuna (Thummus maccoyii) swimming in cage @POSTER
(94)Meeasurements of sound-speed and density contrasts and orientation of Antarctic krill (Euphausia superba) onboard RV Kaiyo Maru
(95)ナンキョクオキアミの遊泳姿勢測定と姿勢平均ターゲットストレングス
(96)ミナミマグロ幼魚の魚肉内通過音速測定−その現場と背景−
(97)ICES水産音響シンポジウム(SEAFACTS)報告−ターゲットストレングス、魚群行動、および音響データ解析技術−
(98)北海道沿岸における春期の表層水温(日平均データ,1994-2008)
(99)日本系サケの資源構造
(100)平成20年度ビンナガ資源来遊動向検討会報告書
(101)2008年の北西太平洋におけるサンマ資源状態
(102)日本周辺海域海底土の放射能調査
(103)サンマ太平洋北西部系群
(104)褐藻類中のヨウ素-131濃度について
(105)日本におけるサンマ資源の現状評価とその意義
(106)2008年台湾のサンマ漁業の実情(速報)
(107)東部太平洋キハダ
(108)Annual catches by gears of Pacific bluefin tuna before 1952 in Japan and adcjacent areas.
(109)北西太平洋における近年のゴマサバ資源の増加と1歳以上の分布,回遊
(110)北西太平洋におけるマサバ・ゴマサバ未成魚の越冬海域の年変化
(111)サンマの体長組成から資源尾数を探れ!
(112)東部太平洋メバチ
(113)漁獲位置と海洋環境の関係についての予備的解析
(114)モデルによるカツオの分布移動に関する文献のレビュー
(115)沿岸カツオ漁業の漁獲統計等所在情報について
(116)西日本沿岸カツオに関連する標識放流データのとりまとめについて
(117)沿岸カツオ漁業統計とりまとめ結果について
(118)National Report of Japan.
(119)Further analysis of the future projection and the FSSB-Min from the results of the 2006 stock assessment for the North Pacific albacore.
(120)Preliminary 2007 Salmon Enhancement Production in Japan.
(121)標識再捕データからみた日本近海におけるカツオの回遊生態
(122)平成20年度の全国サケ来遊状況7編
(123)Advance technique for measuring the length of fishduring transfer by the acoustic camera (DIDSON)system
(124)北西太平洋沖合いで採集されたサバ類稚幼魚の日齢査定および孵化日推定分析の実施状況
(125)神奈川県漁業指導船江の島丸を使った大室出しにおける予備的なサバ類音響資源調査
(126)サンマ漁期前調査における中層トロール漁獲試験のカタクチイワシ漁獲効率の検討
(127)1974〜2005年に三陸北部漁場に来遊したマイワシの年齢、成長及び肥満度の経年変化
(128)三陸漁場に来遊したマイワシ 1975〜2002年級群の資源量と成長,肥満度の変化
(129)1〜2月期の房総〜常磐海域におけるカタクチイワシの年齢組成の推定
(130)Comparison of von Bertalanffy growth function from otolith sections with observed length frequencies from various fisheries
(131)東北海域におけるヒラメ新規加入量調査結果(2007年)
(132)公庁船によるアオザメ生態調査の結果報告
(133)平成19年度アオザメ調査の結果報告
(134)サメの共食いについて
(135)Effects of depth of underwater structures of FADs on catch of bigeye tuna (Thunnus obesus) in the tropical waters of the western Pacific Ocean
(136)Overview of Japanese tagging project on tropical tunas in the temperate area of Japanese water
(137)Preliminary results of horizontal and vertical distributions of patches of Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis in the northwestern Pacific Ocean
(138)Preliminary result of Pop-up archival tagging for Atlantic bluefin tuna (Thunnus thynnus) released in the northeastern Atlantic Ocean
(139)Report of Japan’s scientific observer program for tuna longline fishery in the Atlantic Ocean in the fishing year of 2007
(140)Japanese longline CPUE for yellowfin tuna (Thunnus albacares) in the Atlantic Ocean standardized using GLM up to 2006
(141)National Report of Japan, 2008
(142)Standardization of annual and quarterly CPUE for yellowfin tuna caught by Japanese longline fishery in the Indian Ocean up to 2007 using general linear model
(143)Standardization of swordfish CPUE of the Japanese tuna longline fisheries in the Indian Ocean (1980- 2006 and 1992-2006)
(144)新宮城丸による、本州中部海域における熱帯性まぐろ標識放流
(145)Effect of killing method and storage temperature on biochemical indictors of fish meat using alive Japanese anchovy Engraulis japonicus
(146)まぐろ類を持続的に利用するために
(147)南大西洋メカジキ
(148)ヒラメ太平洋北部系群資源評価
(149)土佐湾における透明度の変遷と基礎生産の推定
(150)Basic information to review the PBF catch before 1952: Descriptions of statistical information sources and development of fishing areas.
(151)平成19年の北海道周辺海域の海況
(152)北大西洋メカジキ
(153)大西洋キハダ
(154)大西洋メバチ
(155)中西部太平洋キハダ
(156)中西部太平洋メバチ
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093282
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat