(3)作物主要病害に対する病原菌レースの同定と抵抗性遺伝資源の選抜

(3)作物主要病害に対する病原菌レースの同定と抵抗性遺伝資源の選抜

課題番号2008010744
研究機関名国際農林水産業研究センター
研究期間2006-2010
年度2008
大課題1. 不安定環境下における安定生産及び多用途利用のための生物資源活用技術の開発
中課題(3)作物主要病害に対する病原菌レースの同定と抵抗性遺伝資源の選抜
小課題(3)作物主要病害に対する病原菌レースの同定と抵抗性遺伝資源の選抜
大項目II 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためにとるべき措置
中項目A 国際的な食料・環境問題の解決に向けた農林水産技術の研究開発
摘要ネットワーク参加国の中国、フィリピン、ベトナム、インドネシアでこれまでに合計3,000点以上のいもち病菌系の収集を行い、一部の参加国の菌系についてはJIRCASで保存を開始した。各国で少なくとも70菌系以上について病原性評価を行った結果、中国南部を境として菌系に明確な分化があることが明らかとなった。各国のいもち病抵抗性の遺伝資源の多様性の解析のためにSSRマーカーにより分類した。インドネシアの品種LAKAが持つ抵抗性遺伝子をQTL解析し、第11染色体上に座乗位置を推定しPi48 (t) と仮称した。この抵抗性遺伝子はPikの対立遺伝子と推定される。EMBRAPA大豆研究所に、ブラジル、アルゼンチン、パラグアイの担当者を集め、さび病の病斑型の評価法を統一した。各国でさび病菌の菌系の採取を進め、確立した病斑型の評価法に基づき、これまでに18サンプルの評価を終えた。ブラジル、パラグアイのサンプルは採取地により病原性の違いがみられ、多様な菌系の存在が示唆される。南米の菌系と日本の菌系を比較したところ、両者は病原性に関して大きく異なり、ブラジル菌系に対して抵抗性を示す品種は少なく、その抵抗性も弱いことがが明らかとなった。大豆の抵抗性遺伝子Rpp2とRpp4を集積した系統を育成してきたが、今年度はダイズ品種Kinoshitaに由来するRpp5を集積した3抵抗性遺伝子集積個体を育成した。ブラジルのさび病菌を各種の抵抗性遺伝子を持つ系統に接種したところ、これまで有効であったRpp2は感受性を示し、Rpp4, Rpp5も抵抗性が弱まっていた。広範な菌系に対する抵抗性の可能性があるDefensin、NPR等の遺伝子のアグロバクテリウムによるダイズへの導入を試み、これまでにそれぞれの遺伝子について約10個体の形質転換体を得た。14抵抗性遺伝子を対象として育成した17同質遺伝系統群について、フィリピン産標準判別いもち病菌菌系(20)と日本産菌系(29)を用いた評価を行い、US-2同質遺伝子系統の方が、遺伝的背景が均一であることより、一遺伝子系統より正確な抵抗性反応を示していること確認した。圃場抵抗性遺伝子保有品種については、ほとんどのものが広範ないもち病菌菌系に対して抵抗性を示したが、全ての品種について病原性を示す菌系が認められた。ベトナムの抵抗性品種OM576は、用いた全ての菌系に対して抵抗性もしくは部分抵抗性を示し、遺伝資源として注目された。
研究分担(独)国際農林水産業研究センター,生物資源領域
協力分担関係ブラジル農牧研究公社
予算区分技会交付金研究 委託・バイテク先端技術[新農業展開ゲノムプロ] 文科省[科研費]
業績(1)Identification of blast resistance genes in IRRI-bred rice varieties by segregation analysis based on a differential system.
(2)Blast network research for stable rice production: application research of differential varieties developed by the IRRI-Japan Collaborative Research Project
(3)DNA marker analysis for pyramided of Fusarium head blight (FHB) resistance QTLs from different germplasm
(4)Molecular mapping of two loci that confer resistance to Asian rust in soybean
(5)Diversity analysis for resistance of rice (Oryza sativa L.) to blast disease [ Magnaporthe grisea(Hebert) Barr.] using differential isolates from the Philippines
(6)Transcriptions of soybean induced during the interaction with Asian soybean rust
(7)Genetic parameter of the resistance associated with Asian soybean rust (Phakopsora pachyrhizi).
(8)Comparison of DNA marker analysis of the blast resistance genes Pib and Pita in IRRI-bred rice varieties with gene estimation by conventional genetic analysis.
(9)Genetic characterization of universal differential varieties for blast resistance developed under the IRRI-Japan collaborative research project using DNA markers in rice (Oryza sativa L.).
(10)Two resistance genes, Rpp2 and Rpp4 against Asian soybean rust don't show their genetic effect additively
(11)Differences between Japanese and Brazilian isolates of Asian soybean rust in the pathogenicity to resistant varieties and resistance genes.
(12)Conserved salt tolerance quantitative trait locus (QTL) in wild and cultivated soybeans
(13)Blast resistance genes and their selection markers in rice (Oryza sativa L.).
(14)Dissecting of the FHB resistance QTL on the short arm of wheat chromosome 2D using a comparative genomic approach: from QTL to candidate gene
(15)陸稲ネリカ品種のいもち病抵抗性評価
(16)Genetic diversity of upland rice varieties in Indonesia
(17)US-2準同質遺伝子系統を用いたイネいもち病抵抗性遺伝子PiaおよびPi7(t)の遺伝解析
(18)Blast Research Network for stable Rice Production under Unfavorable Environment Condition
(19)たちすがた 第22595号
(20)初山吹 第23176号
(21)コムギ縞萎縮病の発生生態と防除
(22)Reaction of Leersia grasses to Xanthomonas oryzae pv. oryzae collected from Japan and Asian countries
(23)Proposal for a new international system of differentiating races of blast (Pyricularia oryzae Cavara) by using LTH monogenic lines in rice (Oryza sativa L.).
(24)Protocols for the sampling of diseased specimens and evaluation of blast disease in rice.
(25)抵抗性イネ品種を加害するツマグロヨコバイのバイオタイプの発育と産卵
(26)ツマグロヨコバイ抵抗性遺伝子Grh2を保有するイネ準同質遺伝子系統における抵抗性の変動
(27)東,東南アジアのイネいもち病菌菌系の反応からみた一遺伝子系統の特徴づけ
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093287
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat