(2)農家所得の向上を目指した水利用の高度化による経営複合化

(2)農家所得の向上を目指した水利用の高度化による経営複合化

課題番号2008010750
研究機関名国際農林水産業研究センター
研究期間2006-2010
年度2008
大課題2. 持続的な農林水産業のための環境資源管理・生産管理技術の開発
中課題(2)農家所得の向上を目指した水利用の高度化による経営複合化
小課題(2)農家所得の向上を目指した水利用の高度化による経営複合化
大項目II 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためにとるべき措置
中項目A 国際的な食料・環境問題の解決に向けた農林水産技術の研究開発
摘要これまでの活動を総括するためのワークショップを、プロジェクトの中心サイトであるノンセン村において開催した。ノンセン村のみならず近隣農村を含めた多くの農民、普及組織や郡組織の幹部並びにコンケン大学農学部長、地元のNGOや新聞・テレビ等のマスコミの参画を得た。ノンセン村ベースの研究の中で生まれた技術の中でハイライトとなるものを3つ(地下水の農業利用、節水野菜栽培、水利用計画ツール)を選抜し、ワークショップに参加した農民にできるだけ平易に説明し、彼等の協力のもとに生み出された技術の還元を試み、プロジェクト成果の伝播という点ではある程度の目的を果たすことができたと考えられる。農民交流によって新たに技術導入を行った農家は、より複合化し、所得が向上している。東北タイに広く分布している砂質傾斜農地では、砂質層が降水の浸透によって飽和状態になった時、表面流出が発生し、その結果ため池の水位が上昇することを土壌水分の観測値を基にした解析によって現場実証した。東北タイのBan Phai流域を例として、調査孔からの地下水位と全溶存成分量等のデータから、差分モデル(MODFLOW)を使った分布型地下水流動シミュレーションにより、持続的な地下水利用可能量を推定しマップ化した。334系統のIR64NILから120系統を選抜し、これらの系統について、IRRI内に設けた節水間断潅漑(AWD)圃場で、到穂日数により早生・中生・晩生の3グループに分けて栽培試験を行った。その結果、IR64を含む中生グループでは、IR64NILのほとんどはIR64よりも算出収量が高く、AWDに適しているとされるPSBRc80などの比較品種並みの収量を示す系統も見られた。また早生や晩生のグループの中でも、それぞれの比較品種に匹敵する系統のあることが示唆された。本プロジェクトで得られた実測データを用いた数値解析モデルの改良を開始した。既存のDNDC−Rice モデルをそのまま用いて実測結果と比較したところ、AWD水田では実測された温室効果ガス放出を正確に予測できなかった。AWD条件下の土壌水分の予測に問題があると思われ、検討を進めることとした。IR64NILを使って、少分けつ性に関わる形質の遺伝子解析を行ったところ、少分げつ性に関わる遺伝子Ltnは、SSRマーカーssr6049-23とssr6049-2の間に位置しており、その候補領域は76.7 kbpに絞ることができた。収量漸減現象が認められるエアロビック・ライス連作圃場から採取した土壌を用いたポット試験において、薬剤や熱処理によって生物的要因を排除してもイネの生育に有意な改善が見られなかったことから、収量漸減には非生物的な土壌自体に関わる何らかの要因が関与することが示された。表現型の1つである炭素安定同位体分別率(CID)の効率的分析のため、JIRCASの分析装置(炭素・窒素質量分析システム)のオートサンプラーの修繕を行い、炭素同位体の場合、これまで1日で60検体の分析が上限だったものが、1日あたり120検体の分析が可能となった。インド南部の2カ所で圃場試験を行っているが、対象のヒヨコマメは乾期作のため収量の結果と植物サンプルの調達は今年2月末以降になる。それまでは、前倒しで行っていた前々年の乾期作サンプル約200についてCIDの分析を継続した。委託元であるICRISATならびに共同研究機関であるインド農科大学(UAS)を訪問し、今季のサンプリング、次季の試験計画、日本でのトレーニングプログラム等について打ち合わせを行った。試験地におけるイネの収量および収量構成要素について、データ解析を行い、25品種を4グループに分けた。イネには穂数型と穂重型の品種があるが、試験地に適応し収量が向上するのは穂重型品種が多かった。収量に影響を及ぼす主な環境要因について、土壌肥沃度より土壌水分の方が影響していた可能性が示唆された。試験地における収量構成に最も強く寄与しているのは登熟歩合(約50%)であり、次に1穂あたり籾数(約30%)が寄与していることがわかった。
研究分担(独)国際農林水産業研究センター,生産環境領域
協力分担関係タイ農業局
予算区分技会交付金研究 文科省[科研費] その他
業績(1)Potentiality of rice cultivation in seasonal wetlands and Zambezi river flood plains in Namibia
(2)Improvement of soil fertility by rice straw compost.
(3)Existence of abiotic factors in the gradual yield decline under continuous aerobic rice cultivation system.
(4)Greenhouse Gas Emissions under AWD.
(5)Effect of alternate wetting and drying irrigation management on methanogenic archaeal communities in rice field soil.
(6)灌水と窒素追肥のタイミングがメタンおよび亜酸化窒素の放出に及ぼす影響−乾湿繰り返し潅漑条件下の節水熱帯水田条件における検討
(7)水田における乾湿繰り返し潅漑による節水と稲わら鋤込み時期がメタンおよび亜酸化窒素の放出に及ぼす影響−フィリピンIRRI圃場における通年評価
(8)Relationship between soil water content of a surface sandy soil and groundwater level in a study site in northeast Thailand
(9)Analysis of surface runoff in a sloping sandy soil in northeast Thailand using soil water storage capacity
(10)Modeling interaction of fluid and salt in an aquifer/lagoon system
(11)Adapting to climate change impacts on the water resources systems of the Seyhan River Basin in Turkey
(12)An inverse-modelling approach to assess the impacts of climate change in the Seyhan River basin, Turkey
(13)Assessing the impacts of climate change on the water resources of the Seyhan River Basin in Turkey: Use of dynamically downscaled data for hydrologic simulations
(14)A comparative proteome approach to decipher the mechanism of rice adaptation to phosphorous deficiency.
(15)Genotypic variation in tolerance to elevated ozone in rice: Dissection of distinct genetic factors linked to tolerance mechanisms.
(16)Plant drought stress: effects, mechanisms and management.
(17)Strategies for producing more rice with less water.
(18)東北タイにおけるため池の水位と電気伝導度の期別変化
(19)Sustainable water management in the rural landscape of Cianjur watershed, Cianjur district, West Java, Indonesia.
(20)Profile probeによる原位置キャリブレーションと土壌水分測定−東北タイ天水圃場における事例−
(21)Morphological and physiological responses of rice seedlings to complete submergence (flash flooding)
(22)Sequence comparisons between rice genotypes reveal a complex genetic structure at the major QTL for phosphorus uptake Pup1.
(23)Zinc (Zn) isotope discrimination patterns reveal different uptake mechanisms in Zn efficient and inefficient rice genotypes. (Oral)
(24)Evolution and mechanisms of plant tolerance to flooding stress
(25)Genetic and breeding study on near isogenic lines of IR64 for yield-related traits - Detection of introgressed chromosome segments associated with unique agronomic traits
(26)Trial on water saving irrigation farming technology in semi-arid area of Ethiopia.
(27)Soil water content and water balance in rainfed fileds in northeast Thailand
(28)Impacts of higher irrigation efficiency on rice market in Thailand
(29)Carbon balance in maize fields under cattle manure applicaiton and no-tillage cultivation in Northeast Thailand
(30)Contrasting physiological responses by cultivars of Oryza sativa and O. glaberrima to prolonged submergence
(31)イネ初期栄養生長期におけるアンモニア態および硝酸態窒素に対する乾物生産性および 窒素利用効率に関する量的形質遺伝子座(QTL)の解析
(32)Sub1 and Pup1: Application of two major stress tolerance rice QTLs.(Oral)
(33)IR64準同質遺伝子系統を用いた根系の可塑的発育反応が土壌水分変動ストレス下におけるイネの地上部乾物生産に果たす役割の評価
(34)Sequence analyses of the major QTL Phosphate Uptake 1 (Pup1).( Paper)
(35)Evaluation and identification of key root traits of rice genotypes for adaptation to soil moisture fluctuations under water saving conditions
(36)農業水路の汚濁物質濃度の重回帰モデル
(37)Drought phenotyping and dehydration avoidance root traits for rice improvement under water-limited conditions
(38)「種子つきマット」を用いた水稲の「箱なし育苗」に適した苗床被覆資材,覆土量,および灌水量.
(39)Growth of submerged rice in West Afeica
(40)Association studies and development of molecular markers for Pup1, a major QTL for phosphorus deficiency tolerance. (Paper)
(41)Variety development for water-saving irrigation
(42)Role of roots for stabilizing rice production under water stress conditions
(43)ベトナムの水田におけるアンモニア揮散の測定と水田の窒素収支
(44)Effects of organic manure application combined with chemical fertilizers on nutrients absorption and yield of rice in Hunan of China
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093293
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat