(1) 影響評価モデルの開発と食料供給安定化のための方策の提示

(1) 影響評価モデルの開発と食料供給安定化のための方策の提示

課題番号2008010756
研究機関名国際農林水産業研究センター
研究期間2006-2010
年度2008
大課題3. 地球規模の環境変動が農林水産業に与える影響の解明及び対策技術の開発
中課題(1) 影響評価モデルの開発と食料供給安定化のための方策の提示
小課題(1) 影響評価モデルの開発と食料供給安定化のための方策の提示
大項目II 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためにとるべき措置
中項目A 国際的な食料・環境問題の解決に向けた農林水産技術の研究開発
摘要水供給変動を考慮したコメ需給モデルのシミュレーション結果が、農家にどのような影響を与えるのかを、ラオス(サバナケット県)の農家を対象に分析した。その結果、需給モデルの予測結果においてコメ価格が上昇傾向にあるため、肥料などの農業資材価格が一定であれば、利潤(=総収入-総費用)がゼロの農家の場合、10年間でその利潤が68万キップ(約7,600円:調査時為替レート)へと増加するものの、その標準偏差は54万キップと大きく、水供給変動が農業経営の安定性に大きな影響を与えることが確認された。衛星データと現地調査データに基づき、インドシナ地域の農業的土地利用条件を規定する地表水の分布を把握するとともに、正規植生指数および水分含有指数の2つの指標を用いることで、水田における稲の季節変化が捉えられることを明らかにした。アジアを中心とした32カ国・地域を対象に、確率モデル化した世界食料モデルを用いて、気温と降水量の変動幅が10%増加した際の生産量・価格の変動予測を分析し、例えば、2030年には大豆価格の変動係数が2.71%増加することなどを明らかにした。中国語版「黒龍江省水稲冷害早期警戒システム」を構築した。本システムを運用することによって農業災害に対する安定作期の策定など、黒龍江省の水稲の作柄について監視が可能となった。黒龍江省を対象とする水田分布算定手法を用いて、2003年から2008年の水稲作付分布図を作成し、その分布と変動状況を明らかにした。水田分布の変化の特徴は、東部の三江平原の北部に水田増加が見られ(ただし、2008年は減少)、従来の稲作地帯の南部は横ばいであった。このように面積の変動を早い時期で把握できることによって、生産規模を推計することも可能になる。黒龍江省虎林市を対象とした農家調査によると、水稲栽培の歴史が短い農家ほど冷害発生に対して収益変動リスクが高い品種を志向しており、また,実際に農家が作付する水稲品種は,栽培を希望するとした品種よりも冷害発生に対する収益変動リスクが一段高く、リスクへの対応が十分になされていない実態が明らかになった。黒龍江省のコメ需給予測結果によると、コメ生産は中長期的に増加する傾向にあり、コメ価格の上昇はそれほど大きくない。また、単収変動はコメ価格の変動幅を拡大し、移出地域として安定的に生産物を提供するリスクが増大する可能性がある。冷害等の気象変動によって、生産の変動をもたらし、純移出量の変動幅の振れも大きくなる。生産の面から農家への直接補助や農機具、生産資材への支持政策はコメ生産の安定化を図る有力な措置となる。 確率モデル化した世界食料モデルを用い、「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)の社会経済シナリオA2 についての気温と降水量のハドレーセンターの予測値を用い、2030年までの小麦、トウモロコシ、他粗粒穀物、コメ、大豆の生産量や価格の変動の分析を行った。その結果、温暖化の下で、飼料に多く用いられるトウモロコシと、食用油に多く用いられる大豆の生産量の変動が他の作物に比べて大きいことを明らかにし、影響が食品産業全体に及ぶことを示唆した。
研究分担(独)国際農林水産業研究センター,国際開発領域
協力分担関係中国農業科学院
予算区分技会交付金研究 技会・その他
業績(1)条件不利地域農家の経済事情と貿易自由化の影響
(2)稲作農家の生産行動
(3)中国黒龍江省稲作農家の冷害発生リスクに対する認識と対応
(4)Climate change impacts on the hydrology and water resources of the Seyhan River Basin in Turkey
(5)Adapting to climate change impacts on the water resources systems of the Seyhan River Basin in Turkey
(6)農業社会化服務体系(サービスシステム)の現状と課題
(7)MODISデータを用いた中国黒龍江省を対象とする水田面積算定手法の開発
(8)ジャポニカ米と黒龍江省稲作の発展
(9)米の品質問題と持続的地域生産システム
(10)日本産米輸入が中国稲作の発展に及ぼす影響
(11)Estimating Runoff and Water Quality During a Storm Event According to Land-Use Change Scenarios Using Curve Number Methods
(12)持続的農業経営に向けたリスク管理と経営計画
(13)Modeling economic impacts of climate change on agriculture and food supply and demand
(14)Estimation of Catchability Coefficients of The Cambodian Inland Fisheries As Preparation for Analyses of The Economy
(15)日本計画行政学会奨励賞
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093299
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat