ア 食料、農業、農村の動向分析及び農業技術開発の予測と評価

ア 食料、農業、農村の動向分析及び農業技術開発の予測と評価

課題番号2008010566
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2008
大課題ア 食料、農業、農村の動向分析及び農業技術開発の予測と評価
中課題ア 食料、農業、農村の動向分析及び農業技術開発の予測と評価
小課題ア 食料、農業、農村の動向分析及び農業技術開発の予測と評価
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目ア 食料、農業、農村の動向分析及び農業技術開発の予測と評価
摘要1)原油や穀物の需給逼迫と世界金融危機による価格反落というドラスティックな情勢変化に焦点を当て、穀物価格高騰の構造分析と今後の動向予測を行うとともに、国内食料供給力の増強、食料生産と燃料生産の均衡した地域農業システムの確立、リンの循環利用、生物的防除の拡大に向けた研究開発における重点課題を抽出した。このうち、国内食糧供給力の増強については、システムダイナミクス手法を用いて水田農業の動態構造モデルを構築し、輸入逼迫シナリオの下で増収技術の効果を確認するとともに、稲多収品種の育成、麦、大豆の多収栽培技術の開発、地下かんがいシステム等による基盤整備を含む技術開発が重要であることを示した。また、食料と燃料生産の均衡した地域農業システムの確立については、化石燃料逼迫シナリオの下での農地利用計画を線型計画法で求めた結果、稲わら・麦わらを活用した第2世代バイオ燃料変換技術(エタノール、ガス化合成液体燃料(BTL)経由)の実用化により、農業用のエネルギーを地域内で自給しつつ、稲麦二毛作地帯では食用熱量供給量を現状の155%、稲麦大豆二年三作地帯でも120%まで高めることができ、食料増産が可能となることを提示した。これを実現するためには、農地利用率を向上させる稲麦二毛作体系の拡大、資源作物の収量の高位安定化、農業生産の持続性を損なわない稲わら・麦わらの利活用システムの確立に向けた研究開発が必要なことを明らかにした。2)適切なアウトリーチ活動の解明に向け、納豆の商品化や施設園芸培地開発などの新技術の開発プロセスに関する事例調査を行い、研究機関が技術シーズの発掘や基礎データの蓄積、民間会社が製品開発やユーザーサポートなどを分担した連携により事業化を図っていることを明らかにするとともに、技術経営MOTの理論を援用して、農業技術のアウトリーチ活動の理論的整理を行った。また、開発技術の積極的な受容者である大規模農業経営者グループ18戸に対するアンケート調査において、農業関係研究機関の開発技術・成果が農業者に伝わっているとする回答は18%に過ぎず、新技術の導入・普及のためには、現場での技術実証(回答率71%)、技術導入後のサポート体制の充実(同59%)が重要であることを明らかにした。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,総合企画調整部,研究調査チーム
予算区分技会交付金研究
業績(1)The high yield of irrigated rice in Yunnan, China -a cross-location analysis-
(2)Estimation of respiratory parameters for rice based on long-term and intermittent measurement of canopy CO2 exchange rates in the field
(3)Biochar amendament techniques for upland rice production in northern Laos. 1. Soil physical properties, leaf SPAD and grain yield
(4)A Model for explaining genotypic and environmental variation in vegetative biomass growth in rice based on observed LAI and leaf nitrogen content
(5)Planted legume fallows reduce weeds and increase soil N and P contents but not upland rice yields
(6)Relay-intercropping of stylosanthes guianensis in rainfed lowland rice ecosystem in Northeast Thailand
(7)Reflectance characteristics of major land surfaces in slash-and-burn ecosystems in Laos
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093306
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat