f.てん菜の省力・低コスト栽培のための品種の育成

f.てん菜の省力・低コスト栽培のための品種の育成

課題番号2008010572
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2008
大課題A 地域の条件を活かした高生産性水田・畑輪作システムの確立
中課題f.てん菜の省力・低コスト栽培のための品種の育成
小課題f.てん菜の省力・低コスト栽培のための品種の育成
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要1)直播栽培に適した低温出芽性や初期生育性に優れる品種の育成については、複数年の検定結果から、「NK-210BR」とその派生系統で低温発芽性および組合せ能力が高いことを見出した。2)温暖化とともに発生率が高まっているてん菜の褐斑病については、抵抗性のDNAマーカー設計に有用なQTLを見出した。3)てん菜そう根病については、DNAマーカーにより抵抗性遺伝子を固定した7系統を親系統候補として選抜した。てん菜の苗立枯病については、抵抗性系統を育成するには両親系統がともに抵抗性を有していることが重要であることを明らかにした。4)DNAマーカー選抜により、黒根病等の主要4病害に対する抵抗性を集積した育成系統を選抜した。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,北農研,寒地バイオマス研究チーム
協力分担関係北海道大学
北海道立中央農業試験場
日本甜菜製糖株式会社
ホクレン女満別種子工場
北海道糖業株式会社
KWS社
SES-VDH社
Syngenta社
Desprez社
予算区分技会交付金研究 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業
業績(1)Quantitative trait locus responsible for resistance to Aphanomyces root rot (black root) caused by Aphanomyces cochlioides Drechs. in sugar beet
(2)トップクロス検定によるテンサイF1系統の根腐病抵抗性に関する遺伝解析
(3)遊走子接種による育成系統のAphanomyces cochlioides苗立枯病抵抗性の評価
(4)テンサイ自殖系統における褐斑病,根腐病および黒根病抵抗性の評価と複合病害抵抗性品種育成の可能性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093312
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat