g.暖地・南西諸島の農業を支えるさとうきび等資源作物の低コスト安定生産技術の開発

g.暖地・南西諸島の農業を支えるさとうきび等資源作物の低コスト安定生産技術の開発

課題番号2008010573
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2008
大課題A 地域の条件を活かした高生産性水田・畑輪作システムの確立
中課題g.暖地・南西諸島の農業を支えるさとうきび等資源作物の低コスト安定生産技術の開発
小課題g.暖地・南西諸島の農業を支えるさとうきび等資源作物の低コスト安定生産技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要1)「NiF8」以上の生産性を発揮する株出多収性のさとうきび新品種候補系統「KR96-93」を育成した。「KR96-93」は、脱葉性が良く手刈り収穫の省力化が期待できるため、沖縄県宮古島で普及する予定である。2)黒穂病抵抗性を持つ「KR98-1003」は、多収性が認められ、飼料用さとうきび新品種候補系統として有望であった。飼料用さとうきび「KRFo93-1」を年2回収穫する栽培体系の収量性を評価したところ、既存の年1回収穫体系と同程度の収量性であった。3)収穫期間拡張が製糖システムに与える影響を解明するため、秋収穫品種の導入や収穫時期の変更が製糖工場の生産性に及ぼす影響をシミュレーションできる基本モデルを作成した。さらに、秋収穫のさとうきび品種を導入する効果を数理計画法で評価し、2haのたばこ経営では秋収穫品種の導入により52万円の所得増が期待できることを明らかにした。4)高バイオマス量さとうきび新品種候補系統として「KY01-2043」と「KY01-2044」を選定した。両系統は株出し栽培で極多収で有望であった。5)暖地での新たな利用開発に向けバイオマス生産量の高いエネルギー資源作物を開発するため、エリアンサスの栽培試験を実施し、乾物生産量が優れることを認めた。6)機能性、栄養性を活用した作物素材を開発するために、嗜好性と消化性に優れるスーダン型ソルガム「九州交2〜4号」の系統適応性試験を九州各地で実施した。その結果、「九州交3号」が多収で有望であった。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,九州研,バイオマス・資源作物開発チーム
予算区分技会交付金研究 委託・作物対応研究[加工プロ] 委託・作物対応研究[えさプロ] その他
業績(1)多収で収穫しやすいサトウキビ新品種候補「KR96-93」
(2)ハトムギ「あきしずく」の育成
(3)A novel gene that diverts the anthocyanin biosynthetic pathway towards the production of proanthocyanidins in common buckwheat (Fagopyrum esculentum).
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093313
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat