e.飼料生産性向上のための基盤技術の確立と土地資源活用技術の開発

e.飼料生産性向上のための基盤技術の確立と土地資源活用技術の開発

課題番号2008010583
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2008
大課題B 自給飼料を基盤とした家畜生産システムの開発
中課題e.飼料生産性向上のための基盤技術の確立と土地資源活用技術の開発
小課題e.飼料生産性向上のための基盤技術の確立と土地資源活用技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要1)とうもろこしの不耕起播種が困難とされるイタリアンライグラス跡地においては、縦軸型ハローとケンブリッジローラ、バキュームシーダを組み合わせた部分耕うん同時播種により、慣行耕起栽培に比べ、作業能率が2倍以上となり収量も同等となることを明らかにした。また、とうもろこしの不耕起栽培における堆肥の連年表面施肥において3年目で増収効果を確認した。2)雑草リスクの予測・評価法を確立するため、雑草管理意志決定支援システムのプロトタイプを作成した。3)中課題212cにおいて育成したフェストロリウムの新品種候補系統「東北1号」は耐湿性が強く、排水不良な水田耕作放棄地において、東北地域の基幹牧草であるオーチャードグラスよりも著しく多収であることを現地実証した。4)登録農薬がない飼料用大豆栽培において、イタリアンライグラスをリビングマルチとする大豆の無農薬栽培体系を開発し、大豆をたくぱく質粗飼料として利用することを可能とした。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,畜草研,飼料作生産性向上研究チーム
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,東北研,寒冷地飼料資源研究チーム
協力分担関係新潟大学
神奈川県畜産技術センター
横浜市立大学
雪印種苗
カネコ種苗
青森県畜産試験場
宮城県畜産試験場
栃木県酪農試験場
佐賀畜産試験場
山梨県酪農試験場
予算区分技会交付金研究 委託・作物対応研究[えさプロ] 委託・環境研究[地球温暖化] 委託・環境研究[生物多様性プロ] 文科省[科研費] 環境省競争的資金 その他
業績(1)Management of nitrogen fertilizer application rates based on soil nitrogen fertility with the goal of lowering nitrate nitrogen concentraions in Sudangrass (Sorghum sudanense (Piper) Stapf)
(2)オオタコゾウムシの発育に及ぼす温度の影響
(3)2003年冷夏がサイレージ用トウモロコシ(Zea mays L.)の生育・収量に及ぼした影響
(4)Emergence and Growth of Temperate Forage Plants Surface-seeded on Litter Layers and Cattle Dung on the Forest Floor
(5)草地内樹木が暖地での寒地型牧草の空間分布に及ぼす影響および分布の草種間差違
(6)竹林伐採跡地における種子混入牛糞塊からの出芽牧草の生残と生育
(7)放牧利用される放棄農林草地でのスイバに対するヤギと牛の採食特性
(8)東北地域の公共牧場における肉用牛放牧頭数の推移の解析
(9)イタリアンライグラスと大豆を組み合わせた高蛋白質粗飼料の無農薬栽培体系
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093323
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat