j.家畜生産性向上のための育種技術及び家畜増殖技術の開発

j.家畜生産性向上のための育種技術及び家畜増殖技術の開発

課題番号2008010588
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2008
大課題B 自給飼料を基盤とした家畜生産システムの開発
中課題j.家畜生産性向上のための育種技術及び家畜増殖技術の開発
小課題j.家畜生産性向上のための育種技術及び家畜増殖技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要1)乳牛の長命性の育種価評価のため、在群能力を評価形質として生存時間解析による遺伝的能力推定モデルを検討し、モデルに入れる効果として初産分娩年次季節、地域・産次・乳期、地域・牛群内産次内乳量レベル、農家、種雄牛の5つが適当であることを明らかにした。豚では生産頭数の改良を検討し、初期発育における同腹内の子豚体重のばらつきを評価形質とすることで改良できる可能性を示唆した。さらに、相対希望改良量や最適値のある複数の形質の遺伝的能力評価法を確立するため、血縁情報量の影響を検討し、形質間の重み付け値は、個体とその個体との血縁係数が1/8までの血縁個体の情報が有用であることを明らかにした。2)セイヨウミツバチの自然免疫関連遺伝子と腐蛆病との関連を解明するため、自然免疫関連遺伝子のうち関連性が推測されているアバエシンおよびディフェンシン2について、セイヨウミツバチと抗病性に優れるニホンミツバチのアミノ酸配列を比較した結果、その差は小さく、抗病性の違いは遺伝子配列の差ではなく遺伝子発現の違いによる可能性が高いことを明らかにした。3)鶏の育種素材開発の基盤となるキメラ鶏の作出効率向上のため、レシピエント胚からのPGC除去法を検討し、乳化ブスルファン液を用いることで内在性PGCを効率的に除去でき、またドナーPGCへの悪影響が少ない技術を開発した。4)遺伝子発現を利用した牛の早期妊娠診断技術を開発し、不受胎牛の早期発見により増殖技術の効率化をはかるため、妊娠牛および非妊娠牛の末梢白血球での遺伝子発現を調べた結果、interferon-stimulated gene 15 (ISG15)に加え、Mx1遺伝子とMx2遺伝子の発現量が妊娠牛で高く、妊娠診断への応用が期待できることを明らかにした。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,畜草研,家畜育種増殖研究チーム
協力分担関係家畜改良事業団
家畜改良センター
帯広畜産大学
アメリカ農務省ベルツビル農業研究センター
玉川大学学術研究所
茨城県肉用牛研究所
京都大学
信州大学
予算区分技会交付金研究 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託・バイテク先端技術[アグリ・ゲノム] 委託・その他プロ 技会・その他
業績(1)線形計画法による制限付き選抜のためのプログラムの開発
(2)Effects of modification of in vitro fertilization techniques on the sex ratio of the resultant bovine embryos.
(3)Nutritional skewing of conceptus sex in sheep: effects of a maternal diet enriched in rumen-protected polyunsaturated fatty acids (PUFA).
(4)Effect of environmental factors on fertility of Holstein-Friesian cattle in Japan
(5)乳牛における在群性の遺伝的パラメータ推定と評価について
(6)豚において選抜と集団の大きさが分散成分および育種価の推定に及ぼす影響
(7)豚系統造成における産子数の遺伝的パラメーターの推定精度
(8)シリアンハムスターの出生時における生存数および一腹体重と2週齢および3週齢一腹体重との関係
(9)Quantitative trait loci analysis on Sus scrofa chromosome 7 for meat production,meat quality, and carcass within a Duroc purebred population.
(10)豚における長期繰り返し選抜によるQTLの遺伝子頻度の変化
(11)Optimal method for establishing an inbred strain of laboratory animals with high performance for litter size at weaing
(12)Genetic structure of Mongolian goat populations using microsatellite loci analysis
(13)Variable microsatellite loci isolated from the Asian honey bee, Apis cerana
(14)Characterization of trypsin-and chymotrypsin-like genes in the midgut of the tsetse fly Glossina morsitans morsitans (Diptera: Glossinidae)
(15)Increased proportion of donor primordial germ cells in chimeric gonads by sterilisation of recipient embryos using busulfan sustained-release emulsion in chickens
(16)シリアンハムスターに出現した毛色を黒色化する突然変異
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093328
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat