g.斑点米カメムシ類の高度発生予察技術と個体群制御技術の開発

g.斑点米カメムシ類の高度発生予察技術と個体群制御技術の開発

課題番号2008010604
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2008
大課題D 地域特性に応じた環境保全型農業生産システムの開発
中課題g.斑点米カメムシ類の高度発生予察技術と個体群制御技術の開発
小課題g.斑点米カメムシ類の高度発生予察技術と個体群制御技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要1)斑点米カメムシ類の発生動態と変動要因を解明する研究において、カスミカメムシ類による斑点米被害の発生変動要因として、登熟期間中の捕獲数および割れもみ率の変動を抽出した。クモヘリカメムシのイネ科植物群落上での捕獲数と周辺の出穂面積率との間には高い相関関係があった。2)斑点米カメムシ類の防除適期の解明に向けて被害解析試験を行った結果、カスミカメムシ2種は割れもみが多発する出穂20〜25日後の穂で斑点米を多く発生させたが、アカスジカスミカメは割れもみが存在しない登熟前半でも多くの斑点米を発生させることを明らかにした。9日齢以降の幼虫と雌雄成虫は同等の斑点米発生能力を持つことを明らかにした。3)地域個体群の遺伝的変異を解析した結果、我が国のアカスジカスミカメ個体群は3つの大きな群に分けられ、それぞれの群間での遺伝子交流は非常に少なく、全国レベルでの長距離の移動や分布拡大はないものと考えられた。4)アカヒゲホソミドリカスミカメで性フェロモンによる交信かく乱効果が低い理由を明らかにするため雄の触角切除実験を行い、至近距離では雌雄間のコミュニケーションに雌の放出する性フェロモンは必ずしも重要ではないことを示唆した。5)情報化学物質を利用した発生予察手法の開発に向けて、アカスジカスミカメ性フェロモン主要3成分を発生予察用誘引剤に用いる場合の最適混合比・量を決定し、この誘引剤の野外での誘引性が約2週間は低下しないことを明らかにした。また、クモヘリカメムシではアクトグラフを用いた行動解析から、雄では生殖腺が発達し、胃の内容物が無い状態の個体の活動性が高いことを示したが、これは誘引剤トラップに捕獲された雄の生理状態の特徴と一致していた。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,中央研,斑点米カメムシ研究チーム
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,東北研,斑点米カメムシ研究東北サブチーム
協力分担関係青森県農林総合研究センター
岩手県農業研究センター
宮城県古川農業試験場
鳥取県農業総合研究所農業試験場
秋田県農林水産技術センター
新潟県農業総合研究所作物研究センター
山形県農業総合研究センター
福島県農業総合センター
千葉県農林総合研究センター
長野県農事試験場
予算区分技会交付金研究 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託・環境研究[生物多様性プロ]
業績(1)アカスジカスミカメの交尾行動と産卵特性
(2)Development of polymorphic microsatellite markers for the sorghum plant bug, Stenotus rubrovittatus (Heteroptera: Miridae)
(3)アカスジカスミカメ幼虫孵化に対するコムギ幼苗に産み付けられた卵の低温保存の影響
(4)Exposure of non-diapause eggs to low temperature: the effects on egg hatching, nymphal survival, and developmental periods in Trigonotylus caelestialium (Heteroptera: Miridae)
(5)アカスジカスミカメ地域個体群の遺伝的多様性
(6)Developmental parameters and photoperiodism in Trigonotylus tenuis (Reuter) (Heteroptera: Miridae)
(7)Identification of receptors of main sex pheromone components of three Lepidopteran species
(8)Effect of Plant Species on Survivorship and Duration of Nymphal Stage in Leptocorisa chinensis (Hemiptera: Alydidae)
(9)Sex attractant pheromone of the sorghum plant bug Stenotus rubrovittatus (Matsumura) (Heteroptera: Miridae)
(10)Female mating strategy during precopulatory mate guarding in spider mites
(11)Role of excreta in predator avoidance by the Kanzawa spider mite, Tetranychus kanzawai (Acari: Tetranychidae)
(12)Is only the first mating effective for females in the Kanzawa spider mite, Tetranychus kanzawai (Acari: Tetranychidae)?
(13)Seasonal attraction of the rice bug, Leptocorisa chinensis Dallas (Heteroptera: Alydidae), to synthetic attractant
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093344
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat