t.家畜排せつ物の効率的処理・活用のための飼養管理システム及び資源化促進技術の総合的検証と新たな要素技術の開発

t.家畜排せつ物の効率的処理・活用のための飼養管理システム及び資源化促進技術の総合的検証と新たな要素技術の開発

課題番号2008010617
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2008
大課題D 地域特性に応じた環境保全型農業生産システムの開発
中課題t.家畜排せつ物の効率的処理・活用のための飼養管理システム及び資源化促進技術の総合的検証と新たな要素技術の開発
小課題t.家畜排せつ物の効率的処理・活用のための飼養管理システム及び資源化促進技術の総合的検証と新たな要素技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要1)資源化に適さない雑排水を低コストで処理するための表面流式人工湿地を用いた排水処理試験において、夏季では水位の高さにかかわらず全窒素浄化率は同等であるが、冬季では水位上昇による滞留時間増加処理を行うと処理を行わない場合に比べて全窒素浄化率が向上することを明らかにした。また、カラム試験により異粒径資材に対する吸着曲線を得た。この結果は、湿地処理水のさらなる高次処理および栄養塩回収に適した資材の選択に利用できる。2)排せつ物からのアンモニア等の低コスト回収利用技術では、吸引通気式堆肥化システムを用いたアンモニア回収液を一次発酵終了後の堆肥に掛け戻して、N-P-Kが4-6-5%で窒素が再揮散しにくい高肥料成分堆肥を調製する方法を実規模で開発した。また、アンモニア回収液を飼料用稲への追肥に利用する方法を考案し、飼料米の多収栽培に活用できることを実証した。さらに通年堆肥化技術では、家畜排せつ物の資源化(堆肥化)と環境負荷ガス抑制の両立を図るための基礎的知見として、堆肥中微生物群集構造の安定化には揮発性脂肪酸の枯渇が重要であることを明らかにした。3)家畜ふん尿を燃料として利用するには、塩素濃度と含水率の低減が必要なことから、固液分離装置を用いてケーキ含水率を60%程度に下げることで、含水率に比例してふん尿に含まれる塩素の濃度を燃料化の目標濃度である3,500ppm以下にできることを明らかにした。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,畜草研,資源化システム研究チーム
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,北農研,資源化システム研究北海道サブチーム
協力分担関係(株)フリーデン
(有)岡本製作所
朝日工業(株)
群馬県畜産試験場
三重県科学技術振興センター
北海道立畜産試験場
岡山県総合畜産センタ-
熊本県農業研究センタ-
豊橋技術科学大学
神戸大学
予算区分技会交付金研究 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託・環境研究[バイオマスプロ] 経産省・NEDO競争的資金 その他
業績(1)傾斜地管理や荒廃農地への無線草刈機の利用
(2)急傾斜放牧地での無線草刈機利用技術の開発(第2報)
(3)吸引通気式堆肥化の初期反応特性
(4)切り返し頻度が吸引通気式堆肥化システムにおける取得可能な熱量および炭酸ガス濃度に及ぼす影響
(5)地下ピットに対応できる電動ホイストを活用したクレーン式堆肥切り返し装置
(6)圧縮空気で堆肥原料の好気発酵を促進するインパクトエアレーションシステム
(7)堆肥中の揮発性脂肪酸の枯渇に伴い微生物群集構造が変化する
(8)Continuous hydrogen production from glucose by using extreme thermophilic anaerobic microflora
(9)Effect of Covering Composting Piles with Mature Compost on Ammonia Emission and Microbial Community Structure of Composting Process
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093357
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat