n.高品質畜産物生産のためのクローン牛等の安定生産技術の開発

n.高品質畜産物生産のためのクローン牛等の安定生産技術の開発

課題番号2008010636
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2008
大課題A 先端的知見を活用した農業生物の開発及びその利用技術の開発
中課題n.高品質畜産物生産のためのクローン牛等の安定生産技術の開発
小課題n.高品質畜産物生産のためのクローン牛等の安定生産技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要未成熟卵子の体外成熟技術の開発に向けて、1)卵母細胞が顆粒膜細胞の分化を抑制しつつ増殖を促進していること、細胞透過型Adenylate Cyclase添加培地による成熟培養により減数分裂第2分裂中期への移行時期が揃い、体外受精後の胚発生率が向上することを明らかにした。なお、卵母細胞の培養方法および発育方法については特許(特許第4122425号)」を取得した。 高受胎性クローン初期胚の評価・選別法の開発に向けて、1)DNAメチル基転移酵素1型遺伝子の発現を抑制することにより、体細胞核移植胚盤胞で観察される高メチル化状態が改善し、胚発生率も向上することを明らかにした。また、血清飢餓培養細胞に比べ初期G1期細胞を用いた核移植胚では、受胎率は高い傾向にあったが流産が頻発した。透明帯除去除核卵子を通常より高い精子濃度で体外受精することにより、胚発生における父方遺伝子の役割を調べる上で有効なモデルとなる牛雄性発生胚を効率的に作出できることを明らかにした。メチル化感受性を含む制限酵素の認識標識配列に依存したDNA部位の検出法について特許を出願した。2)体細胞クローン牛や後代牛の健全性評価のため、IGF2、PEG3、XIST等のインプリント遺伝子は、クローン雄牛においても生殖系列で適切にリプログラミングされていることを明らかにした。また、体細胞クローン後代牛と一般牛の血液性状には、顕著な差異や正常値を大きく逸脱する項目は認められなかった。 体外操作胚の受胎率向上技術の開発に向けて、1)インターフェロンτ産生細胞の効率的な増殖技術を開発するため、温度感受性高分子修飾培養皿で増殖した栄養膜細胞の表面に支持膜を載せ、下限臨界共溶温度まで冷却することにより、細胞シートとしての回収・継代を可能とした。2)暑熱感作の少ない時期においては、人工授精後の栄養膜小胞の追い移植および投与日は、黄体機能や受胎率に影響を及ぼさない可能性を示唆した。また、長期不受胎牛のオキシトシン感受性は、発情日(0日)、2、18および20日において正常牛と明らかに異なり、受胎性評価指標の一つとなり得ることを示した。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,畜草研,高度繁殖技術研究チーム
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,東北研,高度繁殖技術東北サブ研究チーム
協力分担関係東京農業大学
京都大学大学院
北海道立畜産試験場
鹿児島県肉用牛改良研究所
家畜改良センター
大分県農林水産研究センター
(財)日本農業研究所実験農場
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 文科省[科研費] その他
業績(1)Comparison of the levels of dioxins and dioxin-like compounds in blood and milk in grazing beef cows.
(2)Transfer and Accumulation of Persistent Organochlorine Compounds from Bovine Dams to Newborn and Suckling Calves.
(3)ウシ雄性発生胚作出法の検討
(4)In vitro development of polyspermic porcine oocytes: Relationship between early fragmentation and excessive number of penetrating spermatozoa
(5)Interspecies nuclear transfer embryos reconstructed from cat somatic cells and bovine ooplasm.
(6)In vitro growth of mouse oocytes: oocyte size at the beginning of culture influences the appropriate length of culture period
(7)卵胞腔形成期前後の異なる発育段階から培養したウシ卵母細胞の体外発育
(8)Growth of bovine oocyte-granulosa cell complexes cultured individually in microdrops of various sizes
(9)体細胞クローン作出におけるエピジェネティックス研究の現状について
(10)Nuclear reprogramming: what has been done and potential avenues for improvements
(11)Live Piglets Derived from In Vitro-Produced Zygotes Vitrified at the Pronuclear Stage1
(12)ブタ体外成熟・受精卵の超低温保存と発生能
(13)Effect of Centrifugation Treatment before Vitrification on the Viability of Porcine Mature Oocytes and Zygotes Produced In Vitro.
(14)Selected aspects of advanced porcine reproductive technology.
(15)Comparison between effects of 3-isobutyl-1-methylxanthine and FSH on gap junctional communication, LH-receptor expression, and meiotic maturation of cumulus-oocyte complexes in pigs
(16)Production of monozygotic twin calves using the blastomere separation technique and Well of the Well culture system
(17)Germ-line transmission of donor mitochondrial DNA showed bottleneck in nuclear transfer derived cow lineages.
(18)A 12-month feeding study of reproduction/development in rats fed meat/milk powder supplemented diets derived from the progeny of cloned cattle produced by somatic cell nuclear transfer
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093376
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat