b.生産・流通IT化のための農業技術体系データベース及び意思決定支援システムの開発

b.生産・流通IT化のための農業技術体系データベース及び意思決定支援システムの開発

課題番号2008010638
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2008
大課題B IT活用による高度生産管理システムの開発
中課題b.生産・流通IT化のための農業技術体系データベース及び意思決定支援システムの開発
小課題b.生産・流通IT化のための農業技術体系データベース及び意思決定支援システムの開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要1)農地管理支援システムである作業計画・管理支援システム(PMS)等のほ場管理、生産履歴管理、簿記システムを活用することにより、農業技術体系データベースにほ場別、作物別の情報を蓄積できることを確認した。2)中山間地における農地管理支援システム開発に資するため、備讃地域の河川流域、海域別の全窒素、全リン、CODの発生源別負荷量を推定し、農業による環境負荷は比較的軽微であることを明らかにした。3)栽培地域環境条件診断手法に関して、北海道を対象に、施肥に由来する温室効果ガス排出量を算定するプログラムを試作した。これにより、温室効果ガス排出量を適正施肥支援情報として提供することが可能になった。4)既存の農薬使用適正判定システムについて調査を行い、生産段階における農薬使用の事前リスク管理のために必須の機能要件を明らかにした。5)千葉県農林総合研究センターとともに開発したナシ病害防除支援ソフト「梨ナビ」において、フィールドサーバや小型温湿度ロガーの計測データをWeb経由で取得して病害予測モデルを実行しその結果を表示する機能を製作した。6)生産者と消費者を直接結ぶコミュニケーションシステムに、携帯電話を用いた農作業リアルタイム記録システム「サイファーズダイアリ」を組み込んだ。7)リスク指標とLCAを統合し、農業技術体系データベースをもとに環境影響評価指標を算出するプログラムの動作試験に成功した。8)複数の無線ICタグや補助センサを用いることで、生産者の作業内容をより詳細に把握することができることを実証した。9)緯度経度から地名を検索できるインターネットWebサービス(他のアプリケーションソフトウェアから共有して利用できる補助システム)を開発し、Web水稲生育予測システムの入力に係る労力を大幅に軽減した。この補助システムは都市計画、交通安全対策など農業以外の多方面でも活用されている。10)リアルタイム収集情報を利用した農薬散布技術の開発に向けて、1cc/minの精度で農薬を混合できるシリンジ型の農薬自動混合機構を開発し、実用レベルでの混合精度を得た。11)「生産資材、生産履歴管理システム」における農家の入力方法について、農家の要望に応え、これまでの紙媒体のOCRに加えて、直接インターネットで入力できるインタフェースも追加した。また、本システムを実利用するJAが19年度の4から7に増加した。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,中央研,生産支援システム研究チーム
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,北農研,生産支援システム研究北海道サブチーム
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,近農研,生産支援システム研究近中四サブチーム
協力分担関係九州大学大学院
岩手県農研センター
千葉農林総研
福島農総セ
静岡茶試
愛媛県農水研
NPO法人農業ナビゲーション研究所
鳥取大学
北海道共立エコー株式会社
株式会社共立
予算区分技会交付金研究 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託・作物対応研究[担い手ITプロ] 文科省[科研費] 文科省・その他
業績(1)Development of a teleoperation system for agricultural vehicles
(2)環境保全型雑草防除体系の収益性と環境影響に関する評価−リビングマルチを用いた大豆栽培技術を対象にして−
(3)Impact of Trichoderma harzianam Biocontrol Agent on Functional Diversity of Soil Microbial Community in Tabacco Monoculture in Argentina
(4)生産履歴を記帳、管理できるウェブアプリケーション
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093378
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat