f.寒地・寒冷地特産作物の優良品種の育成及び利用技術の開発

f.寒地・寒冷地特産作物の優良品種の育成及び利用技術の開発

課題番号2008010650
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2008
大課題A 高品質な農産物・食品と品質評価技術の開発
中課題f.寒地・寒冷地特産作物の優良品種の育成及び利用技術の開発
小課題f.寒地・寒冷地特産作物の優良品種の育成及び利用技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要馬鈴しょについては、1)長期貯蔵性を有しチップ品質が優れる「北海102号」やジャガイモシストセンチュウ抵抗性を有しフライ適性が高い赤肉の「勝系25号」を選抜した。2)収穫時のでん粉価が中位のものでは貯蔵中の還元糖が増加しにくいこと、貯蔵中の温度低下は酸性インベルターゼ遺伝子の発現を誘導するが、その反応は品種により大きくことなること、長期貯蔵後に萌芽した芽をトリミングする作業効率は品種によって異なり、芽の伸長形態等に影響されることを明らかにし、品種ごとのハンドリング、貯蔵条件の策定を試みた。 たまねぎ・かぼちゃおよび果樹等については、1)たまねぎ「月交23号」は、いずれの検定場所においてもケルセチンの含有量が多いことを引き続き確認した。かぼちゃでは加工・業務用として大果で果肉が厚く乾物率の高い系統を選抜した。2)西洋なし「札幌1〜3号」の系統適応性検定試験において、「札幌1号」が大果で果実品質も良く最も有望と判断された。ブルーベリーの育成系統では、「CW1」および「CW2」が大粒で収量性が高いことから有望と判断された。3)アリウムでは、低温処理期間が短くても開花する濃青色系統を選抜した。 そばについては、1)寒地向けに育成した大粒高品質そば系統「北海11号」について、現地試験において標準品種(「キタワセソバ」)よりも多収であることを確認するとともに、味の強さや香りなどで実需者から高い評価を得たことから、新品種候補系統とした。2)そば「盛系4号」は耐倒伏性が強く、早生で粒揃いに優れ収量性が高いことから有望系統と判断し、「東北1号」と地方番号を付し、品種化に必要な試験を実施することとした。 なたねについては、1)生産力検定予備試験に供試したなたね系統から比較的収量の高い東北地域向けのダブルロー4系統および高オレイン酸の2系統を選定した。無エルシン酸なたね系統のうち、「東北97号」は「キザキノナタネ」に比べ、収量はわずかに低く、熟期はやや晩、「東北98号」は、収量、熟期ともに同等、「東北96号」は寒雪害に弱く、収量も低いが、熟期は早生であった。 はと麦については、1)はと麦「東北4号」は標準品種「はとじろう」と比較して、直播栽培では成熟期が7〜16日早く、草丈は14〜37cm低かった。標準品種に比べた殻実収量は、標準的な播種密度の場合、一般的な播種期では同等(標準品種比101)、晩播では低収(同93)となったが、 密植の場合は、標準的な播種期、晩播ともに多収(同128、113)となった。これらの結果から、本系統は、目標とする早生・短稈という特性を有し、かつ収量性も高いものと判断した。 地域特産作物の機能性評価においては、1)そばスプラウト混合飼料は、糖尿病モデルマウスに対して糖尿病関連指標である血糖値等を改善するだけでなく、脂質代謝も改善するなど、幅広い作用を示すことを認めた。2)桑葉エキスおよび桑葉に含まれる糖分解酵素阻害物質である1-デオキシノジリマイシン(DNJ)について、ラットを用いたショ糖負荷試験を行った結果、両者による血糖値上昇抑制効果は血漿中のDNJ濃度に依存したことから、消化管におけるDNJの吸収が効果を左右するものと推定した。3)アミロイドベータ遺伝子を導入した米はマウス血清の抗体価を上昇させたことから、アルツハイマー病のワクチン療法に利用できる可能性が示唆された。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,北農研,寒地地域特産研究チーム
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,東北研,寒冷地特産作物研究チーム
協力分担関係カルビーポテト
森産業
北海道大学
青森県畑作園芸試験場
南九州大学
東京家政学院短期大学
北海道立中央農業試験場
東京大学
鹿児島県農業試験場
北海道種馬鈴しょ協議会
予算区分技会交付金研究 委託・作物対応研究[加工プロ] 委託・バイテク先端技術[信頼性確保プロ] 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金 経産省・NEDO競争的資金
業績(1)Cucumber mosaic virus isolated from Aconitum spp. in Japan
(2)在来栽培ヒエのアミロース含有率および粗タンパク質含有率の系統間変異
(3)Extraction and digestibility of Perilla frutescens seed proteins
(4)糖尿病モデルマウスのソバスプラウト長期摂食の影響
(5)ソバにおけるD-chiro-inositol含量の品種間差および個体間差
(6)ハトムギ難脱粒性系統の育成
(7)Production of mycotoxins by Penicillium expansum inoculated into apples
(8)Anti-stress effects of flavonoids from buckwheat sprouts in mice subjected to restraint stress
(9)カーランツ休眠枝挿しにおける品種間差異
(10)Tetra-acylated cyanidin 3-sophoroside-5-glucosides from the flowers of Iberis umbellata L.(Cruciferae)
(11)Effective long-term storage method for soft X-ray irradiated pollen and the use of pollen extender medium.
(12)Plant regeneration from suspension cells induced from hypocotyls derived from interspecific cross Alstroemeria pelegrina x A. magenta and transformation with Agrobacterium tumefaciens
(13)Establishment of a long-term storage method for soft X-ray irradiated pollen
(14)Seed abortion of 'Tosa-Buntan' pummelo pollinated with soft-X-irradiated pollens.
(15)Triacylated cyanidin 3-(3X-glucosylsambubioside)-5-glucosides from the flowers of Malcolmia maritima
(16)The anthocyanin occurrence in the root peels, petioles and flowers of red radish (Raphanus sativus L.)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093390
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat