a.いも類・雑穀等の機能性の解明と利用技術の開発

a.いも類・雑穀等の機能性の解明と利用技術の開発

課題番号2008010654
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2008
大課題B 農産物・食品の機能性の解明と利用技術の開発
中課題a.いも類・雑穀等の機能性の解明と利用技術の開発
小課題a.いも類・雑穀等の機能性の解明と利用技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要1)機能性成分として注目されているが重合体や構造異性体が存在するため、その評価法がこれまで確立されていなかったプロシアニジンの分析法を確立した。ラットにプロアントシアニジンを含有する黒大豆抽出物を経口投与すると、投与1時間後にプロシアニジン(2量体〜4量体)の血漿での濃度が最大となり、24時間後においても一部の2量体を除きプロシアニジンが血漿中に存在することを明らかにするなど、重合別の生体内挙動を明らかにした。2)試験管レベルの試験において、パインアップル果皮搾汁残さの新規機能性として、発がん物質吸着作用、ビフィズス菌の増殖促進作用を見出し、ビフィズス菌増殖促進に関与する成分が熱水可溶性ペクチンであることを明らかにした。3)さとうきび酢に、脂肪吸収抑制効果などが期待できるマンニトールを見出した。また、本成分の含量は、さとうきび酢の製造方法により左右されることを明らかにした。4)極小粒子の馬鈴しょでん粉は発泡酒の副原料として優れていることを見出した。また、馬鈴しょでん粉を用いた発泡酒は、機能性成分であるリン酸化オリゴ糖を他のビール・発泡酒に比べて多く含むことを明らかにした。5)黒ごま「関東13号」、白ごま「関東15号」は安定してリグナン類が多く、また既存品種に比較して明らかに早生で病害に強いなど農業特性にも優れることから品種登録候補系統とした。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,九州研,機能性利用研究チーム
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,作物研,機能性利用研究チーム
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,北農研,機能性利用研究北海道サブチーム
協力分担関係帯広畜産大学
東京農業大学
十勝ビール(株)
信州大学
岩手大学
予算区分技会交付金研究 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託・現場即応研究[沖縄特別] 委託・バイテク先端技術[信頼性確保プロ] その他
業績(1)Variation of Anthocyanin Types at Different Nodal Position and Growth Stages in Common Buckwheat (Fagopyrum esculentum Moench).
(2)紫トウモロコシサイレージの発酵品質
(3)Use of Near-Infrared Reflectance Spectroscopy for the Estimationof the Isoflavone Contents of Soybean Seeds
(4)γ−アミノ酪酸(GABA)を増強したサトウキビ乳酸発酵飲料の開発
(5)Functional characterization of the SRF1 gene using trasgenic sweetpotato plants
(6)パインアップル果皮搾汁液を原料とした酢の機能性
(7)Nutrition and utilization of a new sweetpotato cultivar for tops
(8)Rapid Determination of Fatty Acids in Soybeans [Glycine max (L.) Merr.] by FT-Neae-Infrared Reflectance Spectroscopy
(9)サツマイモでん粉廃液中蛋白質のナカジロシタバ幼虫に対する抗害虫効果
(10)Anti-oxidative activity in the lipophilic fraction of sweetpotato tubers
(11)極小粒子馬鈴薯澱粉を利用したリン酸化オリゴ糖を含有する発泡酒
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093394
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat