e.農産物・食品の機能性評価技術の開発及び機能性の解明

e.農産物・食品の機能性評価技術の開発及び機能性の解明

課題番号2008010658
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2008
大課題B 農産物・食品の機能性の解明と利用技術の開発
中課題e.農産物・食品の機能性評価技術の開発及び機能性の解明
小課題e.農産物・食品の機能性評価技術の開発及び機能性の解明
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要遺伝子組換え動物を用いた機能性評価技術の開発においては、1)遺伝子組換えアレルギーモデルマウスを用いて、2種類の国産ハーブのハーブティーには即時型アレルギー反応による血管透過性を抑制する作用があることを見出した。 ニュートリゲノミクスによる機能性の総合評価においては、1)19年度に引き続いてデータの蓄積を進め、フラボノイドのフロリジンの病態モデル動物を用いたDNAマイクロアレイデータなど4件を収録した。2)ごま種子と凍り豆腐をそのまま実験動物に摂取させることにより、それぞれ脂肪代謝の活性化および血清脂質低下作用を示すことを遺伝子発現レベルで確認した。3)カロテノイドのβ-カロテンおよびルテインは実際の生体濃度の10倍になっても脂質過酸化の抑制等の抗酸化作用を示し、有害なプロオキシダントとしての作用は示さないことを、培養細胞系を用いて明らかにした。 先進的機能性評価技術の開発においては、1)近赤外分光法を用いた血糖値の非侵襲測定法において、温度補正や測定位置の改良により精度の良い検量線モデルを得たことから、実用化に向けて大きく前進した。2)糖尿病者の血中に多く存在する終末糖化産物(AGE)の簡易・迅速測定に利用可能な終末糖化産物受容体素子(RAGE)を作製する技術を確立した。3)抗酸化性評価法の統一的な基準化を図るため、ORAC(Oxygen Radical Absorbance Capacity)法について、11研究機関の参画を得て妥当性確認を実施した。 機能性発現機構の解明においては、1)腸内細菌に関する研究の隘路であったヒトふん便中の細菌叢変動を克服する技術として、イソフラボン代謝活性を長時間維持できるヒト新鮮ふん便保存法の開発に成功した。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,食総研,食品機能研究領域
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,食総研,食品分析研究領域
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,食総研,食品バイオテクノロジー研究領域
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,食総研,食品素材科学研究領域
予算区分技会交付金研究 委託・バイテク先端技術[信頼性確保プロ] 委託・その他プロ 文科省[科研費] その他
業績(1)Differential effects of resveratrol on androgen-responsive LNCaP human prostate cancer cells in vitro and in vivo
(2)Effects of epilactose on calcium absorption and serum lipid metabolism in rats
(3)Resveratrol regulates circadian clock genes in rat-1 fibroblast cells
(4)Potential of far-ultraviolet absorption spectroscopy as highly sensitive analysis method for aqueous solutions, part 2: monitoring quality of semiconductor wafer cleaning solutions using attenuated total reflection
(5)Bitter gourd suppresses lipopolysaccharide-induced inflammatory responses
(6)Reply to comment on determination of surface selection rule of surface plasmon resonance near-infrared spectroscopy by using a Langmuir-Blodgett film
(7)アレルギー性、抗アレルギー性一次評価用DNAチップの開発と利用
(8)イソフラボンの代謝変換に及ぼす乳酸菌の影響の解明
(9)Comparative study of sesame lignans (sesamin, episesamin and sesamolin) affecting gene expression profile and fatty acid oxidation in rat liver
(10)Consumption of fructo-oligosaccharide reduces 2,4-dinitrofluorobenzene-induced contact hypersensitivity in mice.
(11)Dietary lipoic acid-dependent changes in the activity and mRNA levels of hepatic lipogenic enzymes in rats
(12)Direct Determination of Experimentally Observed Penetration Depth of Evanescent Field via NIR Absorptions Enhanced by off-Resonance of Surface Plasmon
(13)Effects of soy protein and isoflavone on hepatic fatty acid synthesis and oxidation and mRNA expression of uncoupling proteins and peroxisome proliferator-activated receptor gamma in adipose tissues of rats
(14)Evaluation of the skin irritation using a DNA microarray on a reconstructed human epidermal model
(15)Flaxseed lignan attenuates high fat diet-induced fat accumulation and induces adiponectin expression in mice
(16)Prebiotic properties of epilactose
(17)腸内フローラのイソフラボン代謝変換に及ぼす大豆ペプチドの影響の解明
(18)Bioactivities of low-grade green coffee and spent coffee in different in vitro model systems
(19)Direct observation of the absorption bands of the first electronic transition in liquid H2O and D2O by attenuated total reflectance far-UV spectroscopy
(20)Dietary α-linked galacto-oligosaccharide suppresses ovalbumin-induced allergic peritonitis in BALB/c mice
(21)Detection of dehydrin-like proteins in buckwheat by immunoblotting with antibody against lysine-rich motif sequence
(22)Sensitive detection and identification of organic liquids using the second derivative of SPR-NIR spectra
(23)α-Eleostearic Acid and Its Dihydroxy Derivative Are Major Apoptosis-Inducing Components of Bitter Gourd
(24)Characterization of umami receptor and coupling G protein in mouse taste cells
(25)Concentration-dependent effects of genistein on global gene expression in MCF-7 breast cancer cells: an oligo microarray study
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093398
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat