b.花きの品質発現機構の解明とバケット流通システムに対応した品質保持技術の開発

b.花きの品質発現機構の解明とバケット流通システムに対応した品質保持技術の開発

課題番号2008010661
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2008
大課題C 農産物・食品の品質保持技術と加工利用技術の開発
中課題b.花きの品質発現機構の解明とバケット流通システムに対応した品質保持技術の開発
小課題b.花きの品質発現機構の解明とバケット流通システムに対応した品質保持技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要花きの新規品質保持技術の開発に向けて、1)機能未知のInPSR26遺伝子を導入したアサガオの形質転換体において、InPSR26遺伝子がオートファジーの制御を介して花弁老化時のプログラム細胞死を制御している可能性を示した。2)ゆり花被において、向軸側表皮細胞、背軸側表皮細胞および柔細胞を分離する手法を確立し、細胞により糖質の蓄積パターンが異なることを明らかにした。3)トルコギキョウ切り花において、エチレン生合成阻害剤AVGと合成オーキシンNAAを組み合わせた前処理により、花持ちが16日となり、対照(抗菌剤による前処理)よりも2.9倍延長することを明らかにした。 花の大きさの制御について1)ペチュニア組換え体を用いた解析により、サイトカイニン初期情報伝達系遺伝子の発現上昇が大輪化を抑制することを明らかにした。2)トレニアにおいて、CPPU処理で生じる副花冠の形は、発生の比較的初期の段階からホメオティック遺伝子の発現パターンの違いにより制御されていることを明らかにした。サイトカイニン濃度の上昇は、なす科植物でも副花冠を誘導することを明らかにし、サイトカイニンによる副花冠誘導が普遍的な現象である可能性を示した。 花の色や香り等の制御について1)ペチュニアにおいて、覆輪花弁の非着色部位ではカルコン合成酵素遺伝子の転写後抑制が起こるのに対して、覆輪の消失活性を有するフルアクリピリム剤はカルコン合成酵素遺伝子の転写後抑制を阻害することを明らかにし、覆輪形成機構にはカルコン合成酵素遺伝子の転写後抑制が重要であることを示した。ツバキ「太郎冠者」に特異的な主要フラボノイドがケンフェロール3-ラムノシルジグルコシドとそのキシロース配糖体であることを決定した。2)ペチュニアとゆり「カサブランカ」において、フェニルアラニンアンモニアリアーゼ(PAL)阻害剤であるアミノオキシ酢酸処理により香気成分の発散が抑制されることを明らかにした。 花の花き類のアメニティ機能について1)統合失調症患者でも実施可能なフラワーアレンジメント手法を開発し、これにより、統合失調症患者において視覚的な短期記憶力が向上するというリハビリテーション効果を確認した。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,花き研,花き品質解析研究チーム
協力分担関係筑波大学
千葉大学
東京農工大学
香川大学
鹿児島大学
茨城県医療大学
慶応大学
東京農業大学
日本原子力研究開発機構
岩手県農業研究センター
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 技会・その他 文科省[科研費]
業績(1)A peculiar yellow flower coloration of camellia using aluminum-flavonoid interaction
(2)PCR-RFLP analysis of chloroplast DNA variations in the atpI-atpH spacer region of the genus Camellia
(3)Elderly adults improve verbal fluency by video-phone conversations: a pilot study
(4)Tissue-specific PhBPBT expression is differentially regulated in response to endogenous ethylene.
(5)キンカチャの黄色花弁の発色にはアルミニウムが関与する
(6)エチレン非依存性花きの老化を制御する新規遺伝子
(7)A simple and rapid extraction method of carbohydrates from petals or sepals of four floricultural plants for determination of their content
(8)Prefrontal and medial temporal contributions to episodic memory-based reasoning
(9)Occurrence of thebromine synthase genes in purine alkaloid-free species of Camellia plants
(10)Homologues of genes associated with programmed cell death in animal cells are differentially expressed during senescence of Ipomoea nil petals
(11)A simple extraction method of soluble carbohydrates from various organs of several ornamental plants using a vacuum manifold
(12)高濃度スクロース処理が蕾切りカーネーションの花色発現および花弁中の糖質とアントシアニン濃度に及ぼす影響
(13)STSとスクロースの組み合わせ前処理がデルフィニウム切り花の品質と花持ちに及ぼす影響
(14)Flower specific expression of the Agrobacterium tumefaciens isopentenyltransferase gene results in radial expansion of floral organs in Petunia hybrid.
(15)Differential contributions of the anterior temporal and medial temporal lobe to the retrieval of memory for person identity information.
(16)A simple and rapid extraction method to determine osmolar concentration of soluble carbohydrate from rose petals
(17)Confirmation of structure and synthesis of three new 11 beta-OH C20 gibberellins from loquat fruit
(18)バラ切り花におけるスクロースと抗菌剤の出荷前および輸送中の処理による品質保持効果の実証
(19)Abscisic acid, in combination with sucrose, is effective as a pulse treatment to suppress leaf damage and extend foliage vase-life in cut Eustoma flowers
(20)RNA-directed DNA methylation induces transcriptional activation in plants
(21)Effects of silver thiosulfate complex (STS), sucrose and combined pulse treatments on the vase life of cut snapdragon flowers
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093401
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat