d.先端技術を活用した食品の加工利用技術の開発

d.先端技術を活用した食品の加工利用技術の開発

課題番号2008010663
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2008
大課題C 農産物・食品の品質保持技術と加工利用技術の開発
中課題d.先端技術を活用した食品の加工利用技術の開発
小課題d.先端技術を活用した食品の加工利用技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要食品素材の理化学特性および利用特性の解明では、1)アミロース含量の近接する日本産米と韓国産米を比較し、アミロペクチン側鎖の鎖長分布の違いが老化に関わる因子の一つであること明らかにした。また、加熱時にでん粉粒子からはアミロースが優先的に溶出することが知られているが、各種でん粉におけるアミロースのでん粉粒子内での分布はでん粉の結晶型と関連しており、結晶型あるいはでん粉粒内のアミロースの粒子内分布がアミロースの溶出に関連することを示した。2)乾式粉砕機により平均粒径10〜100μmの米粉末試料を作製し、平均粒径と物理化学的特性の関係を検討した結果、平均粒径10μm前後の米粉は糊化特性が粒径がより大きいものと著しく異なり、その原因はでん粉粒の破壊等により特性が著しく変化することであると予想された。3)「コシヒカリ」の持つ良食味遺伝子の解析を目的として、QTL解析を行い、物理特性と関連するQTLを見出した。 先端技術の活用では、1)シリコン製ナノチャネル乳化基板を新たに開発し、平均液滴径が約900nmの単分散エマルション(水中大豆油滴)を作製可能であることを示すとともに、温度制御装置を有するマイクロチャネルアレイを利用して非球形の微小液滴の製作を可能とした。マイクロカプセルの消化速度は形状によって異なるため、体内吸収速度を制御したマイクロカプセルを製造できる可能性を示した。2)店舗での十割そば用粉販売にも利用可能な高生産性の店舗用低温製粉装置と、麺帯ロール機とロールカッターを備えた省スペース型卓上複合型製麺装置を開発した。3)オレンジジュースおよびトマトのペクチンエステラーゼにおける失活速度を交流高電界処理と加熱処理で比較したところ、前者における失活速度は後者のそれよりも10〜100倍速いことを明らかにし、交流高電界処理は品質低下の少ない殺菌法として利用できることを示した。4)加熱中の食材の水分を制御して高品位な加熱調理を行うことを目的として、アクアガス中の過熱水蒸気と微細水滴の混合比を制御する技術を開発した。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,食総研,食品素材科学研究領域
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,食総研,食品工学研究領域
協力分担関係東京農業大学
韓国農村振興庁
筑波大学
茨城県農業総合センター
高千穂精機(株)
アヲハタ(株)
(株)ポッカコーポレーション
(株)タイヨー製作所
越後製菓(株)
(株)東洋高圧
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 委託・作物対応研究[加工プロ] 委託・現場即応研究[リスク低減プロ] 委託・バイテク先端技術[新農業展開ゲノムプロ] 委託・バイテク先端技術[アグリバイオ] 委託・バイテク先端技術[信頼性確保プロ] 委託・バイテク先端技術[食品ナノテク]
業績(1)ジャガイモの各種加熱処理とポリフェノール化合物の変化
(2)Breakup of monodisperse oil-in-water emulsion droplets in microchannel array devices
(3)Drop generation via symmetric and asymmetric through-hole arrays micromachined in stainless steel plates
(4)Effects of the barley amo1 and wax genes on starch structure and physicochemical properties
(5)Generation characteristics of highly uniform nonspherical droplets of soybean oil using microchannel array devices
(6)Grain qualities and their genetic derivation of 7 New Rice for Africa (NERICA) varieties
(7)High-aspect-ratio through-hole array microfabricated on a PMMA plate for monodisperse emulsion production
(8)Low bioavailability of dietary epoxyxanthophylls in humans
(9)Effct of polyglycerol esters of fatty acids on physicochemical properties and stability of β-carotene emulsions during digesting in simulated gastric fluid
(10)Encapsulation of lipophilic bioactive components by microchannel emulsification
(11)Formulation of monodispersed PUFA-loaded oil-in-water emulsions by microchannel emulsification using β-carotene rich palm oil
(12)Microbeam X-ray diffraction analysis of interfacial heterogeneous nucleation of n-hexadecane inside oil-in-water emulsion droplets
(13)日本産と中国産の高アミロース米により試作した米麺の品質評価に関する一考察
(14)交流高電界技術による各種微生物胞子の殺菌とその効果
(15)Characteristics of bread prepared from wheat flours blended with various kinds of newly developed rice flours
(16)Effects of channel and operation parameters on emulsion production using oblong straight-through microchannels
(17)Soluble fibers inhibit carotenoid micellization in vitro and uptake by Caco-2 cells
(18)Esterification of xanthophylls by human intestinal Caco-2 cells
(19)Selective and stable production of physiologically active chitosan oligosaccharides using an enzymatic membrane bioreactor
(20)新規過熱水蒸気による「はなっこりー」の冷凍食品加工技術の開発
(21)低温製粉全粒そば粉を用いた十割そば用の卓上型機械製麺システムの開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093403
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat