a.新興・再興人獣共通感染症病原体の検出及び感染防除技術の開発

a.新興・再興人獣共通感染症病原体の検出及び感染防除技術の開発

課題番号2008010668
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2008
大課題B 人獣共通感染症、新興・再興感染症及び家畜重要感染症等の防除技術の開発
中課題a.新興・再興人獣共通感染症病原体の検出及び感染防除技術の開発
小課題a.新興・再興人獣共通感染症病原体の検出及び感染防除技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要1)国内外の鴨、鶏、豚由来のインフルエンザウイルスの分子疫学解析を行い、日本、タイおよびミャンマーにおける流行株の変遷を明らかにした。簡便で迅速な検査法として、高精度に亜型共通たんぱく質をコードするヌクレオキャプシド(NP)遺伝子を検出するリアルタイムPCR法を開発した。また、人工キメラウイルスを用いて鶏に対する病原性を解析し、表層たんぱく質の遺伝子が病原性に関与することを明らかにした。さらに、アウトブレークに備えたワクチンの迅速作製技術の開発を開始し、強毒流行株の塩基配列情報を用いたリバースジェネティックス技術により弱毒ワクチン候補株の作出に成功した。加えて、20年度に秋田県の白鳥から分離されたウイルスを迅速に解析し、分離ウイルスは強毒のH5N1亜型であり、その分子疫学解析結果から新たに国外から侵入した可能性が高いことを明らかにした。2)定点継続的に蚊を捕獲し、ウエストナイルウイルスと日本脳炎ウイルスの検出および吸血源の動物種の特定を行い、ウエストナイルウイルスを伝播するリスクが高い種はアカイエカ、日本脳炎ウイルスを伝播するリスクの高い種はアカイエカとコガタイエカであることを明らかにした。また、リアルタイムPCR法によるウイルス遺伝子の検出精度を改善した。3)豚におけるE型肝炎ウイルスの感染制御を目的として、組換えウイルス様粒子の免疫効果を検討したところ、経口投与、経鼻投与のいずれでも感染阻止が認められ、その最小感染阻止量は0.5mg/doseであることを明らかにした。また、人の感染源として注目される鹿は豚由来ウイルスに実験的に感染しなかった。4)マダニの生物活性分子(GFAT、HlGalec、HlSPおよびマダニセリンプロテアーゼ等)がマダニ生育に必須な活性分子であることを解明した。また、これら分子群が病原体殺滅活性をも有し、病原体からマダニ自身を守るとともに動物への媒介伝播の役割を持つことを、犬バベシア原虫を用いて明らかにした。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,動衛研,人獣感染症研究チーム
協力分担関係東京大学
新潟大学大学院
帯広畜産大学
国立感染症研究所
東京農工大学
農林水産消費安全技術センター
NAS研究所
(株)ネイチャーズ
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託・畜産対応研究[鳥インフル・BSEプロ] 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金 その他他省庁経費
業績(1)Protection of mice from rabies by intranasal immunization with inactivated rabies virus
(2)Cloning, expression, and characterization of Babesia gibsoni dihydrofolate reductase-thymidylate synthase: inhibitory effect of antifolates on its catalytic activity and parasite proliferation
(3)東南アジアにおける鳥インフルエンザ等人獣共通感染症病原体の分子疫学情報
(4)マダニ体内における病原体伝搬関与分子
(5)日本でオオハクチョウから分離されたH5N1亜型高病原性鳥インフルエンザウイルスは過去の発生ウイルスとは遺伝的・抗原的に異なる
(6)Oral immunogenicity and protective efficacy in mice of transgenic rice plants producing a vaccine candidate antigen (As16) of Ascaris suum fused with cholera toxin B subunit
(7)Mucosal vaccination approach against mosquito-borne Japanese encephalitis virus
(8)Legumains from the hard tick Haemaphysalis longicornis play modulatory roles in blood feeding and gut cellular remodeling and impact on embryogenesis
(9)Subtyping of avian influenza viruses H1 to H15 on the basis of hemagglutinin genes by PCR assay and molecular determination of pathogenic potential
(10)Genetic diversity of avian infectious bronchitis viruses in Japan based on analysis of s2 glycoprotein gene
(11)Existence of avian infectious bronchitis virus with a European-prevalent 4/91 genotype in Japan
(12)Experimental West Nile Virus Infection in Aigamo Ducks, a Cross between Wild Ducks (Anas platyrhynchos) and Domestic Ducks (Anas platyrhynchos var. domesticus)
(13)Experimental West Nile virus infection in jungle crows (Corvus macrorhynchos)
(14)Tick vitellogenin receptor reveals critical role in oocyte development and transovarial transmission of Babesia parasite
(15)Developmental stage- and organ-specific expression profiles of asparaginyl endopeptidases/legumains in the ixodid tick Haemaphysalis longicornis
(16)A set of serine proteinase paralogs are required for blood-digestion in the ixodid tick Haemaphysalis longicornis
(17)Molecular characterization of an H1N2 swine influenza virus isolated in Miyazaki, Japan, in 2006
(18)Characterization of highly pathogenic avian influenza (HPAI) viruses in Myanmar
(19)Genetic diversity of swine influenza viruses isolated from pigs during 2000 to 2005 in Thailand
(20)A cysteine protease is critical for Babesia spp. transmission in Haemaphysalis ticks
(21)Leucine aminopeptidase in the ixodid tick Haemaphysalis longicornis: endogenous expression profiles in midgut
(22)Highly pathogenic avian influenza virus (H5N1) isolated from whooper swans, Japan
(23)Molecular epidemiological analysis of highly pathogenic avian influenza H5N1 subtype isolated from poultry and wild bird in Thailand
(24)The inhibitory effect of a combination of imidacloprid and permethrin on blood feeding by mosquitoes in dogs raised under outdoor conditions
(25)Hepatic lesions caused by migrating larvae of Ascaris suum in chickens
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093408
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat