b.ウイルス感染症の診断・防除技術の高度化

b.ウイルス感染症の診断・防除技術の高度化

課題番号2008010669
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2008
大課題B 人獣共通感染症、新興・再興感染症及び家畜重要感染症等の防除技術の開発
中課題b.ウイルス感染症の診断・防除技術の高度化
小課題b.ウイルス感染症の診断・防除技術の高度化
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要1)豚繁殖・呼吸障害症候群の制御を目的として、一般農場の肥育豚舎入気口にエアフィルターを装着しウイルス伝播の遮断を試みたところ、感染阻止を示す事例が確認され、本ウイルスの空気伝播を遮断するという実践的な衛生管理法が有用であることを明らかにした。野外調査で羊はE型肝炎ウイルスを保有しないことを明らかにするとともに、豚ふん便中のE型肝炎ウイルスRNA量の調査結果から、これまでは出荷までにウイルスが消失すると考えられていた出荷豚でもウイルスを保有していること、その感染様式は一様ではないことを明らかにした。遺伝子型の異なる豚A群ロタウイルス間で交差防御を示すことを明らかにし、子豚の下痢の予防に有用な知見を得た。豚テシオウイルスによる発症メカニズムを解明するため、SPF豚に分離株を経口・経鼻接種しても脳脊髄炎を起こさなかったことから、豚エンテロウイルス性脳脊髄炎の再現には経口・経鼻ルート以外の経路があるものと結論した。2)鶏コロナウイルスの血清型に関与するS1遺伝子の塩基配列解析により、我が国において本ウイルスの新しい遺伝子型の流行があることを明らかにした。ワクチン接種鶏群におけるニューカッスル病の野外発生が問題となっていることから、ワクチン接種(2種類接種)鶏に分離株を経鼻接種したところ発症が防御され、野外発生にはワクチン接種法の失宜を含む免疫低下要因が推定された。H5N1鳥インフルエンザウイルスのスズメへの経鼻接種試験を行い、スズメによりウイルス伝播が起きる可能性があることを明らかにした。3)持続感染するレトロウイルス科牛白血病ウイルスの病原体検査法としてリアルイムPCR法を開発した。野外材料を用いた既存の検査法との比較により、本法は最も高い特異性と感度を有する本病の有用な診断法であることを明らかにした。ワクチン接種失宜に備えて牛伝染性鼻気管炎ウイルスワクチン株と野外株を簡便に識別できる遺伝子検査法を開発した。馬コロナウイルス組換えNたんぱく質を作出した。本たんぱく質は感染血清との反応性から抗体検出用ELISA法の開発に利用できることを明らかにした。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,動衛研,ウイルス病研究チーム
協力分担関係日本大学
酪農学園大学
帯広畜産大学
日本全薬工業
住友化学
本養豚開業獣医師協会
JRA総合研究所栃木支所
国立感染症研究所
予算区分技会交付金研究 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業
業績(1)Detecting avian influenza virus (H5N1) in domestic duck feathers
(2)牛伝染性鼻気管炎の現行ワクチン株と野外株を識別できるPCR法
(3)Pathologic and Immunohistochemical Studies of Newcastle Disease (ND) in Broiler Chickens Vaccinated with ND: Severe Nonpurulent Encephalitis and Necrotizing Pancreatitis
(4)Genetic polymorphism of the nsp2 gene in North American type--porcine reproductive and respiratory syndrome virus
(5)Efficient production of type 2 porcine circovirus-like particles by a recombinant baculovirus
(6)A piglet with concurrent polioencephalomyelitis due to porcine teschovirus and postweaning multisystemic wasting syndrome
(7)Experimental induction of amyloidosis by bovine amyloid fibrils in Sore Hock rabbits
(8)Inactivation and morphological changes of avian influenza virus by copper ions
(9)Biochemical characterization of rab proteins from Bombyx mori
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093409
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat