d.プリオン病の防除技術の開発

d.プリオン病の防除技術の開発

課題番号2008010671
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2008
大課題B 人獣共通感染症、新興・再興感染症及び家畜重要感染症等の防除技術の開発
中課題d.プリオン病の防除技術の開発
小課題d.プリオン病の防除技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要1)BSE等プリオン病の検査・診断技術の高度化・迅速化では、牛のプリオンたんぱく質(PrP)に特異的なプローブとしてアプタマーを作製し、その特徴的な構造を解析することにより、牛のPrPとの結合にはGGA配列の4回繰り返し配列が関与し、その配列は平行したGカルテット平板構造を示すことを明らかにした。また、BSE診断キットを開発し、その性能を科学誌に公表した。市販化された本キットは、異常プリオンたんぱく質の抽出を単一チューブで実施できるように簡易化した点が特徴のサンドイッチELISAで、他の市販キットと同等以上の性能を持つ。2)BSEの発症前診断のための試験管内異常プリオン変換技術 として、PMCA法を用いたBSE、スクレイピー羊のプリオンの高感度検出技術が特許申請段階に達した。3)プリオン病の発病機構を解明するため、定型BSEプリオンを遺伝子組換えマウスへ伝達し、プリオンの感受性宿主域および異常プリオンたんぱく質(PrPSc)の性状の変化を解析した。その結果、定型BSEのハムスターに対する種の壁がPrP131-188の領域に依存していること、プリオンは異種動物へ伝達すると、その宿主域が変化することを明らかにした。また、BSE/JP24(我が国の非定型BSE症例)から得られたBSEプリオンについて解析を進めた結果、非定型BSEは、動物に対する伝達試験において、感染動物種と病変、生化学的性状がこれまでのBSE(従来型BSE)とは異なることを明らかにし、新しいBSEプリオンであることを示した。4)異常プリオンたんぱく質の不活化技術等については、ラクトフェリンが培養細胞でのプリオンの複製を阻害することを明らかにした。また、牛のラクトフェリンは、細胞表面の正常プリオンたんぱく質のエンドサイトーシスを阻害するとともに、異常プリオンたんぱく質と結合することによって感染細胞におけるプリオン複製を抑制することを示唆した。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,動衛研,プリオン病研究チーム
協力分担関係産業総合技術研究所
東北大学
ソウル大学
農業生物資源研究所
北海道立畜産試験場
九州大学
アドバンスソフト株式会社
アサヒビール株式会社
予算区分イノベーション創出事業 委託・畜産対応研究[鳥インフル・BSEプロ] 厚労省競争的資金 その他
業績(1)わが国の黒毛和牛に認められた非定型プリオンの性状
(2)特異的遺伝子の多重検出によるサルモネラ主要血清型迅速同定法
(3)Prion diseases and emerging prion diseases
(4)Biological and biochemical characterization of L-type-like bovine spongiform encephalopathy (BSE) detected in Japanese black beef cattle
(5)Lactoferrin induces cell surface retention of prion protein and inhibits prion accumulation
(6)Anti-bovine prion protein RNA aptamer containing tandem GGA repeat interacts both with recombinant bovine prion protein and its beta isoform with high affinity
(7)Structural analysis of r(GGA)4 found in RNA aptamer for bovine prion protein
(8)Establishment of an SV40 large T antigen-immortalized bovine brain cell line and its neuronal differentiation by dibutyryl-cyclic AMP
(9)Alteration of the biological and biochemical characteristics of bovine spongiform encephalopathy prions during interspecies transmission in transgenic mice models
(10)An advantageous method utilizing new homogenizing device BioMasher and a sensitive ELISA to detect bovine spongiform encephalopathy accurately in brain tissue
(11)Lysophospholipids and ATP mutually suppress maturation and release of IL-1 beta in mouse microglial cells using a Rho-dependent pathway
(12)ミクログリア細胞株を用いたプリオン持続感染モデル系の作出とその特性解析
(13)牛海綿状脳症(BSE)の生物学的性状
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093411
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat