b.持続的利用可能な高生産性土地基盤の整備技術の開発

b.持続的利用可能な高生産性土地基盤の整備技術の開発

課題番号2008010691
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2008
大課題B 農村における施設等の資源の維持管理・更新技術の開発
中課題b.持続的利用可能な高生産性土地基盤の整備技術の開発
小課題b.持続的利用可能な高生産性土地基盤の整備技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目エ 美しい国土・豊かな環境と潤いのある国民生活の実現に資する研究
摘要1)効率的な畑地農業の推進と環境保全の両立を図るため、都市近郊の非農業者からの指摘を受けている風食(飛砂)対策を目的とした畑地かんがいについて、計画諸元の決定に必要な対象地区の風食発生時期を気象データの統計解析に基づき明らかにした。2)農地における硝酸態窒素の除去に関しては、室内実験により、炭化物に付加された脱窒菌が硝酸態窒素を除去し、さらに有機物の供給によりその除去効果が27%高まることを明らかにした。また、電磁波を用いて畑地土壌の硝酸態窒素濃度を簡易に推定する手法を開発し、ほ場試験により現場レベルでの有効性を検証した。3)農業地域における汚濁物質監視のための探査技術については、3次元電気探査時系列データを用いて、地盤中の汚濁物質の流動部や濃集・希釈箇所を精度良く検出するための解析手法を開発した。また、電磁波探査ではフルウェーブ逆解析における高速化手法を開発した。4)GISデータと衛星データであるMODISデータから、広域水田地帯における水入れ時期をモニタリングする手法を開発し、利根川下流域における平地の水田域の水入れ時期が判別可能であることを明らかにした。また、GISデータを用いた解析により、県スケールにおける農地の土壌侵食防止機能量を定量的に提示した。5)農地における地盤汚染の予測に関しては、大型土層模型を用いた物質の移流拡散実験により、地盤中における汚染物質の長期間の拡散によって異常拡散現象が顕在化することを明らかにした。また、この現象はCTRWモデルにより予測できることを明らかにした。6)農地地すべりを高精度で確実にモニタリングし、安全性評価を効果的に行うため、GPSによる地すべり移動量観測における気象補正方法を提示した。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,農工研,農地・水資源部
予算区分技会交付金研究 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金
業績(1)Evaluation of strips of centipede grass for sediment load reduction
(2)段階的末端整備を行った地区の水利用と営農実態−沖縄県宮古島市を対象として−
(3)ウンシュウミカン樹における枝体積含水率の年間変動と水分環境および水管理
(4)Measurement of solid phase permittivity for volcanic soils by time domain reflectometry
(5)ハクサンハタザオ(Arabidopsis halleri ssp. gemmifera)による浄化技術のCd汚染黒ボク土への適用可能性の検討
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093431
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat