カ 農作業の安全性の向上、軽労化等に寄与する農業機械・装置等及び計測評価手法の開発

カ 農作業の安全性の向上、軽労化等に寄与する農業機械・装置等及び計測評価手法の開発

課題番号2008010707
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2008
大課題カ 農作業の安全性の向上、軽労化等に寄与する農業機械・装置等及び計測評価手法の開発
中課題カ 農作業の安全性の向上、軽労化等に寄与する農業機械・装置等及び計測評価手法の開発
小課題カ 農作業の安全性の向上、軽労化等に寄与する農業機械・装置等及び計測評価手法の開発
大項目農業機械化の促進に関する業務の推進に係る研究の推進方向
中項目カ 農作業の安全性の向上、軽労化等に寄与する農業機械・装置等及び計測評価手法の開発
摘要1)安全操作支援システムでは、路肩等への寄りすぎを警告する距離画像センサを用いたシステムを試作し、効果を確認した。インターネットを利用した安全学習システムでは、システムを改良して実用性を高め、コンテンツも追加した。自脱コンバインの緊急停止装置では、現行機の実態調査と停止機構の試作を行い、試作装置により停止時間を短縮できることを確認した。2)中山間地域対応型防除機では、散布装置は携帯式として、走行部は運搬車としても使用できる構成とし、小区画・不定形水田の畦畔上から散布幅を変えながら楽に散布できる中山間地域用粒剤散布機を開発した。中山間地用として、10kg程度の超軽量田植機を開発し、円滑な駆動を確認するとともに、苗積載補助装置の基本的な諸元を検討した。中山間地域対応型汎用コンバインは、刃幅1.5m程度に対応する小型脱穀試験装置を試作し、穀粒漏下分布性能等改良点を把握した。3)乗用型農業機械の転倒時運転者防護対策では、乗用管理機と農用運搬車の実側方転倒試験を行い、横転時にフレームが吸収するエネルギを推定した結果、乗用管理機と農用運搬車の安全フレームの試験にTOPS規格適用の見通しを得、安全鑑定基準への導入に向けた検討を開始した。計測システムの高度化では、ISO/IEC17025に定められた試験機関の技術的要件に基づいたトラクタ性能試験の不確かさ要因、そして計測器の点検校正についてこれまでの検討を総括して管理マニュアルに必要な記載事項を取りまとめた。ユニバーサルデザインの視点から、トラクタの運転に係る寸法要素、操作部の表示など、国産トラクタの現状を把握するとともに、農業機械の操作に関わる高齢農業者、女性農業者の身体機能の調査を通じ、歩行速度、ペダル操作力等の知見を得た。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,生物系特定産業技術研究支援センター,特別研究チーム(安全)
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,生物系特定産業技術研究支援センター,基礎技術研究部
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,生物系特定産業技術研究支援センター,生産システム研究部
農業・食品産業技術総合研究機構,生物系特定産業技術研究支援センター,評価試験部
協力分担関係三菱農機(株)
ヤンマー(株)
長野県農業総合試験場
兵庫県農林水産技術総合センター
(社)日本農業機械化協会
東京大学
岩手大学
予算区分生産局交付金プロ 生産局交付金研究
業績(1)農用トラクタの6つの振動モードとタイヤラグの影響について
(2)農用トラクタエンジンの排出ガス低減化作動線
(3)乗用トラクタのブレーキペダルの位置が右下肢負担に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093447
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat