(1)農業環境中における有害化学物質のリスク評価手法及びリスク管理技術の開発

(1)農業環境中における有害化学物質のリスク評価手法及びリスク管理技術の開発

課題番号2008010734
研究機関名農業環境技術研究所
研究期間2006-2010
年度2008
大課題1) 農業生態系における有害化学物質のリスク管理技術の開発
中課題(1)農業環境中における有害化学物質のリスク評価手法及びリスク管理技術の開発
小課題(1)農業環境中における有害化学物質のリスク評価手法及びリスク管理技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要ア 農薬等の環境リスク評価手法及びリスク低減技術の開発1)有機化学物質のリスク評価手法の開発 平成19 年度開発した有機化学物質の地球規模での汚染拡散を評価できるマルチメディアモデル(NIAES-MMM)の空間解像度を向上(緯度15?×経度30?/グリッド→緯度5?×経度15?/グリッド)させ、モデルの精緻化を進めた。また、各種水稲用除草剤及びその代謝分解物の河川中での濃度を経時的に測定したところ、一部の除草剤で代謝分解物の濃度が親化合物の濃度を上回る薬剤があり、生態系への影響評価には代謝分解物についても考慮することが必要と考えられた。そのため、河川水中農薬濃度予測モデル(PADDY-Large)を改良して、代謝分解物の挙動をも予測可能とし、桜川中流域でのモニタリングデータとの照合によりその妥当性を確認した。2)有機化学物質のリスク低減技術の開発 近年、キュウリから残留基準値を上回る濃度でディルドリンが検出され、産地では生産の自粛等の対応を余儀なくされている。このため、栽培前にキュウリのディルドリン残留濃度を予測する手法を検討し、50%メタノール・水(v/v)抽出により得られた土壌中ディルドリン濃度が、土性が異なっていてもキュウリ植物体中ディルドリン濃度の差異を反映することを明らかにした。この成果は、キュウリ栽培の適否を判定する方法として活用が期待され、現在、地域の農業研究機関と共同で実証試験を実施している。また、近年、カボチャから残留基準値を上回るヘプタクロル類が検出されている。ヘプタクロルは土壌中での消失速度が遅く、農薬(殺虫剤)の失効(1975 年)から30 年以上経過した現在でも農地に残留している。このため、キュウリのディルドリン対策として効果が認められた低吸収作物への転換、低吸収品種の選択、吸収資材による吸収抑制技術について、カボチャのヘプタクロル対策としての適用性を確認した。イ 重金属汚染リスク評価手法及び汚染土壌修復技術の開発1)重金属リスク評価手法の開発 安定同位体カドミウム(111Cd)を添加した土壌のカドミウム同位体比から、土壌中の可溶性カドミウム総量を推定できる手法を開発した。本成果は、土壌中カドミウムの作物への吸収リスクを評価することに活用できる。2)重金属リスク低減技術の開発 麦や野菜など畑作物のカドミウム汚染対策として、水田土壌で確立したカドミウム化学洗浄法の転換畑における効果を検証するため、平成18 年度に化学洗浄を実施した水田ほ場において、小麦の現地栽培試験を行うとともに、同ほ場の土壌を用いたポット試験(オクラを栽培)を実施した。その結果、洗浄ほ場において土壌Cd 浄化効果はほぼ維持され、無洗区に対する洗浄区の玄麦Cd 含量低減率は約50%、ポット試験のオクラでは約54%と土壌Cd 除去率に近い値となり、化学洗浄法によるCd 吸収リスク低減効果が確認された。 カドミウム汚染畑地土壌のファイトレメディエーション技術の開発のため、イネ(品種:IR8、長香穀)とソルガム(品種:G ソルゴー、H ソルゴー)を畑条件で栽培し、地上部カドミウム吸収量の品種間比較を行った。地上部カドミウム吸収量が最も高かった畑栽培イネの長香穀が、畑ほ場の修復作物として有望な品種であると考えられた。 重金属低吸収品種利用技術の開発のため、農研機構・東北農研センターと共同で玄米カドミウム濃度が低く、かつ栽培特性が向上した羽系5系統を選抜した。これら5系統の玄米Cd 濃度は一般品種の半分程度であり、カドミウム低吸収品種としての活用が期待される。
研究分担(独)農業環境技術研究所,有機化学物質研究領域
協力分担関係興和総研
東洋電化工業
残留農薬研究所
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託・現場即応研究[リスク低減プロ] 農水省・その他 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金 環境省競争的資金 環境省・その他 その他
業績(1)Organochlorine pesticides in the sediment core of Gwangyang Bay, South Korea
(2)汚染土壌の浄化方法
(3)重金属汚染土壌の浄化方法
(4)キュウリのディルドリン残留濃度を予測できる土壌抽出法
(5)カボチャのヘプタクロル類汚染対策技術
(6)The characterization of PCDDs, PCDFs and coplanar PCBs during the past 50 years in Gwangyang Bay, South Korea
(7)Monitoring of cholinesterase-inhibiting activity in water from the Tone canal, Japan, as a biomarker of ecotoxicity
(8)Differential uptake for dioxin-like compunds by zucchini subspecies
(9)諏訪湖に生息する生物の多環芳香族炭化水素類汚染とその蓄積特性
(10)大気拡散モデルによる大気中アンチモン曝露解析
(11)A useful new insecticide bioassay using first-instar larvae of a net-spinning caddisfly, Cheumatopsyche brevilineata (Trichoptera: Hydropsychidae)
(12)Sensitivity difference to insecticides of a riverine caddisfly, Cheumatopsyche brevilineata (Trichoptera: Hydropsychidae), depending on the larval stages and strains
(13)Seasonal patterns and current source of DDTs, chlordanes, hexachlorobenzene, and endosulfan in the atmosphere of 37 Chinese cities
(14)Selective growth suppression of five annual plant species by chalcone and naringenin correlates with the total amount of 4-coumarate: coenzyme A ligase
(15)Mass balance and long-term fate of PCDD/Fs in a lagoon sediment and paddy soil, Niigata, Japan
(16)Development of global scale multimedia contaminant fate model: Incorporating paddy field compartment
(17)Short-term temporal variations in iron concentration and speciation in a canal during a summer algal bloom
(18)Quantification of microcystis in eutrophic lake by simple DNA extraction and SYBR Green real-time PCR
(19)不確実性を考慮した農薬の確率的生態リスク評価:水稲用除草剤シメトリンのケーススタディー
(20)An Application of the biotic ligand model to predict the toxic effects of metal mixtures
(21)Different substrate specificities of two triazine hydrolases (TrzNs) from Nocardioides species
(22)Simultaneous biodegradation of chloroand methylthio-s-triazines using charcoal enriched with a newly developed bacterial consortium
(23)Simulated rainfall removal of tricyclazole sprayed on rice foliage
(24)Dioxin-and POP-contaminated sites-contemporary and future relevance and challenges
(25)Historical distribution of PCDDs, PCDFs, and coplanar PCBs in sediment core of Ariake Bay, Japan
(26)Uptake of aromatic arsenicals from soil contaminated with diphenylarsinic acid by rice
(27)Relative abundance of Δ5-sterols in plasma membrane lipids of root-tip cells correlates with aluminum tolerance of rice
(28)Novel cysteine-rich peptides from Digitaria ciliaris and Oryza sativa enhance tolerance to cadmium by limiting its cellular accumulation
(29)Meteoric 10Be dating of highly weathered soils from fluvial terraces in Taiwan
(30)Potential for phytoextraction of copper, lead, and zinc by rice (Oryza sativa L.), soybean (Glycine max [L.]Merr.), and maize (Zea mays L.)
(31)Phytoextraction by a high-Cd-accumulating rice: Reduction of Cd content of soybean seeds
(32)Determination of labile cadmium in lime-amended soils by isotope dilution plasma mass spectrometry
(33)Determination of labile cadmium in agricultural soils by isotope dilution plasma mass spectrometry and a coprecipitation separation technique
(34)Enhancement of nitrate reduction by chlorine application in Suaeda salsa (L.) pall
(35)Reduction of cadmium translocation from roots to shoots in eggplant (Solanum melongena) by grafting onto Soloanum torvum rootstock
(36)Distribution of uranium in soil components of agricultural fields after long-term application of phosphate fertilizers
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093448
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat