(1) 農業生態系を構成する生物群集の動態と生物多様性の解明

(1) 農業生態系を構成する生物群集の動態と生物多様性の解明

課題番号2008010736
研究機関名農業環境技術研究所
研究期間2006-2010
年度2008
大課題1) 農業生態系の構造・機能の解明と評価
中課題(1) 農業生態系を構成する生物群集の動態と生物多様性の解明
小課題(1) 農業生態系を構成する生物群集の動態と生物多様性の解明
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要1)調査情報システムの開発と景観構造と生物多様性の関係解明 調査情報システムRuLIS について、農業生態系区分を改善するとともに、農業生態系区分データ(全国を60 クラスに分類)を公開するため、Web-GIS を利用したシステムを構築した。また、全国統一基準で複数年度整備されている国土数値情報1/10 細分土地利用メッシュデータ(1辺約100m)から3次メッシュ(1辺約1km)内の土地利用の混在度を算出し、それを水田-森林境界域など重要な景観構造の指標として活用できることを明らかにした。2)ため池・水田と周辺の環境が指標昆虫の生息に及ぼす影響の解明 トンボ類にとってのため池の配置の重要性を、池内の環境、池周辺の土地利用の影響と比較して評価した。その結果、飛翔力のあまり強くない種では、ため池の配置が最も重要であること、トンボ類全体では、ため池の配置は、池内の環境、池周辺の土地利用の影響と同程度に重要であることが明らかになった。この成果は、灌漑施設や栽培技術が変化する中で、指標昆虫(環境の指標となる昆虫)の一つとなっている農村地域に生息する多様なトンボ類の保全を図るための取組を効果的に進める上で重要な知見である。3)化学資材使用等の農法の変化が水田周辺の水生植物群集に及ぼす影響の解明 除草剤利用等の農法が水田周辺の水生植物群落に及ぼす影響を解明するため、水田周辺水路で除草剤濃度と水生植物群落の同時モニタリングを行った。除草剤が最も散布される時期(5 月)に沈水植物(エビモ等)で顕著な影響が見られ、抽水植物のガマとヨシはほとんど影響を受けないことを明らかにした。また、農業水路におけるエビモ個体群は、消滅と再生というサイクルを繰り返している可能性が示唆された。
研究分担(独)農業環境技術研究所,生物多様性研究領域
協力分担関係東北大学
茨城大学
予算区分技会交付金研究 委託・環境研究[生物多様性プロ] 委託・バイテク先端技術[eDNA] 文科省[科研費]
業績(1)Methods of predicting risk of wheat damage by white-fronted geese
(2)Factors affecting flight activity of Ophraella communa (Coleoptera: Chrysomelidae), and exotic insect in Japan
(3)Genetic variation in flight activity of Ophraella communa (Coleoptera:Chrysomelidae): Heritability estimated by artificial selection
(4)これからの農村計画における新しい「生物多様性保全」の捉え方
(5)農村における生物多様性の定量的評価に向けたインベントリーの構築
(6)欧州における「自然的価値の高い農地」の選定プロセス
(7)立地条件の異なるススキ型二次草地における埋土種子相と地上植生の比較
(8)Evaluating the relative importance of patch quality and connectivity in a damselfly metapopulation from a one-season survey
(9)Spatial and temporal variations in the use of rice-paddy dominated landscapes by birds in Japan
(10)Comparison of 18S rDNA primers for estimating fungal diversity in agricultural soils uising polymerase chain reaction-denaturing gradient gel electrophoresis
(11)Comparison of nematode community similarities assessed by polymerase chain reaction-denaturing gradient gel electrophoresis (DGGE) and by morphological identification
(12)Isolation of effective 3-chlorobenzoate-degraders in soil using community analyses by PCR-DGGE
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093450
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat