(2) 農業生態系機能の発現に関与する情報化学物質の解明

(2) 農業生態系機能の発現に関与する情報化学物質の解明

課題番号2008010737
研究機関名農業環境技術研究所
研究期間2006-2010
年度2008
大課題1)農業生態系の構造・機能の解明と評価
中課題(2) 農業生態系機能の発現に関与する情報化学物質の解明
小課題(2) 農業生態系機能の発現に関与する情報化学物質の解明
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要1)バラ科植物等が産生する生理活性物質の機能解明 ユキヤナギに含まれるシス−ケイ皮酸グルコシドが示す植物生育阻害活性は、沖積土壌の存在下ではほとんど変動しなかった。火山灰土壌及び石灰質土壌の存在下では1/2〜1/10程度まで低下するが、その場合でも、生態系において機能を発揮しうる高い活性レベルにあることを明らかにした。今後、さらに研究を進め、新しい雑草抑制技術の開発や生態系の生物多様性の理解の深化につながる知見を得ることを目指している。2)ノメイガ類等昆虫の増殖に関わる情報化学物質の機能解明 ツワブキノメイガのメスから性フェロモンを抽出し、フェロモン有効成分の候補についてオスの反応性を調査し、オスの誘引活性に必須な3成分を明らかにした。また、ナシマダラメイガの雌成虫から性フェロモンを抽出し、誘引成分を解明するとともに、野外試験で活性成分、比率、担持量、持続期間の検討を行い、発生予察用誘引剤を開発した。3)生分解性プラスチック分解微生物の機能解明 イネ科作物の葉の表面などに生息する1,500 株以上の候補菌株から、特に高い生分解性プラスチック(以下、「生プラ」と略)分解活性を持つ不完全菌類に属するカビ(菌株名47-9)を選抜すると共に、その酵素活性が最も高くなる条件を明らかにした。このカビは、培養液中に高純度で生プラ分解酵素のみを生産する優れた特性があり、この菌の酵素液を市販の培養土の上に敷いた生プラフィルム(PBSA:ポリブチレンサクシネート/アジペート)に散布処理すると、処理後6日間で全体の91.2%(重量換算)が分解された。この成果は、使用済み生プラ製品の分解を促進する新しい技術開発につながることが期待される重要な知見である。
研究分担(独)農業環境技術研究所,生物生態系機能研究領域
協力分担関係長野県南信農業試験場
信越化学工業(株)
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 委託・バイテク先端技術[eDNA] 技会・その他 文科省[科研費]
業績(1)Rice exonuclease-1 homologue, OsEXO1, that interacts with DNA polymerase λ and RPA subunit proteins, is involved in cell proliferation
(2)Sex pheromone of Ostrinia sp. newly found on the leopard plant Farfugium japonicum
(3)Enhanced biofilm formation and 3-chlorobenzoate degrading activity by the bacterial consortium of Burkholderia sp. NK8 and Pseudomonas aeruginosa PA01
(4)Antagonism between acibenzolar-S-methyl-induced systemic acquired resistance and jasmonic acid-induced systemic acquired susceptibility to Colletotrichum orbiculare infection in cucumber☆
(5)Gene expression during acibenzolar-S-methyl-induced priming for potentiated resposes to Venturia nashicola in Japanese pear
(6)First application of PCR-Luminex system for molecular diagnosis of fungicide resistance and species indentification of fungal pathogens
(7)Genetic analysis and PCR-based identification of major Fusarium species causing head blight on wheat in Japan
(8)性フェロモンを利用したナシマダラメイガの発生予察用誘引剤
(9)Acibenzolar-S-methyl-induced systemic resistance against anthracnose and powdery mildew diseases on cucumber plants without accumulation of phytoalexins
(10)Do adult leaf beetles (Plagiodera versicolora) discriminate between odours from intact and leaf-beetle-infested willow shoots?
(11)Identification of receptors of main sex-pheromone components of three Lepidopteran species
(12)Attraction to herbivore-induced plant volatiles by the host-foraging parasitoid fly Exorista japonica
(13)植物の葉から採れたカビが生分解性プラスチックを強力に分解
(14)The msiK gene, encoding the ATP-hydrolysing component of N, N
(15)Identification of a sex pheromone component of the Japanese mealybug, Planococcus kraunhiae (Kuwana)
(16)Sex attractant pheromone of the limabean pod borer, Etiella zinckenella (Treitschke)(Lepidoptera:Pyralidae), in Japan
(17)Sex pheromone communication from a population resistant to mating disruptant of the smaller tea tortrix, Adoxophyes honmai Yasuda (Lepidoptera: Tortricidae)
(18)Population size and specific nitrification potential of soil ammonia-oxidizing bacteria under long-term fertilizer management
(19)ストロビルリン系薬剤耐性イチゴ炭疽病菌[Colletotrichum gloeosporioides (Glomerella cingulata)]の発生
(20)Ultrastructural study on acibenzolar-S-methyl-induced scab resistance in epidermal pectin layers of Japanese pear leaves
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093451
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat