(3)カイコ等昆虫のゲノムリソースの開発と利用

(3)カイコ等昆虫のゲノムリソースの開発と利用

課題番号2008010710
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間2006-2010
年度2008
大課題該当なし
中課題(3)カイコ等昆虫のゲノムリソースの開発と利用
小課題(3)カイコ等昆虫のゲノムリソースの開発と利用
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要1.新たに4個の完全長cDNAライブラリー(未受精卵、受精後8日目の胚、5齢期雄の脂肪体、5齢幼虫マルピギー管)を作成・解析した。これにより、17個の異なる組織の完全長cDNAライブラリーから、合計で、10,143個の完全長cDNAクローンの全配列を決定した。2.遺伝子強制発現形質データベース及びカイコプロテオームデータベースを、それぞれ染色体地図情報にマップして関連づけを行い、KAIKObaseの拡張を行った。また、トビイロウンカ、ネムリユスリカのESTdatabaseの拡張を行った。3.BACミニマムタイリングパス構築においては、全体の25%にあたる7連鎖群において959個のタイリングBACを精製し、制限酵素地図の比較によるアセンブルデータの検証を進めた。また、7連鎖群中の33個のギャップのうち22箇所においてブリッジBACを見いだしFISH法による確認を行った。また、新たに5連鎖群においてSNP連鎖地図の向きを形質マーカー連鎖地図と対応づけた。4.所内外の多くのグループと共同で、カイコ濃核病ウイルス抵抗性遺伝子群(Nsd-1,Nsd-2,Nid-1)、着色非休眠卵原因遺伝子(pnd-2)、Bt菌毒素抵抗性遺伝子、第2白卵原因遺伝子(w-2)、赤卵原因遺伝子(re)、淡赤眼白卵原因遺伝子(pe)のポジショナルクローニングを進め、それぞれターゲット領域を34〜257kbpまで絞り込んだ。5.BAC-FISH法により鱗翅目昆虫種間のゲノム比較を行い、タバコスズメガ、ヨーロッパアワノメイガ、オオタバコガのいずれについてもカイコとよく似た染色体構成を持つことを明らかにした。6.新たにGAL4/UAS系及びTet-off系を用いたエンハンサートラップ系統の作出を行った。また、これまでに解析されたエンハンサートラップ系統の発現部位情報、発現画像、ゲノム挿入位置情報をまとめたエンハンサートラップデータベース(Bombyx Trap DataBase)を構築し、ゲノムデータベースと統合して公開した。
研究分担(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫ゲノム研究・情報解析ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫ゲノム研究・情報解析ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫ゲノム研究・情報解析ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫ゲノム研究・情報解析ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫ゲノム研究・情報解析ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫ゲノム研究・情報解析ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫ゲノム研究・情報解析ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫ゲノム研究・情報解析ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫ゲノム研究・情報解析ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫ゲノム研究・情報解析ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫ゲノム研究・情報解析ユニット
協力分担関係国立大学法人東京大学
社団法人農林水産先端技術産業振興センター
国立大学法人大阪大学生物工学国際交流センター
独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 委託・バイテク先端技術[新農業展開ゲノムプロ] 委託・バイテク先端技術[アグリ・ゲノム] 文科省[科研費]
業績(1)Silkworm Z chromosome is enriched in testis-specific genes
(2)A 25 bp-long insertional mutation in the BmVarp gene causes the waxy translucent skin of the silkworm, Bombyx mori
(3)カイコの無翅変異体から見える昆虫の発生プロセス
(4)yellow and ebony are the responsible genes for the larval color mutants of the silkworm Bombyx mori
(5)Genome-wide identification of cuticular protein genes in the silkworm, Bombyx mori
(6)食品及び生物組織切片の原子間力顕微鏡による微細構造観察
(7)Mapping of sex-linked genes onto the genome sequence using various aberrations of the Z chromosome in Bombyx mori
(8)rDNA を指標とした中国産、韓国産、台湾産、日本産クワコの比較による系統解析とクワコの由来
(9)トランスポゾンを利用した新規突然変異系統の作出と遺伝子機能解析
(10)遺伝子組換えカイコが拓く新たな生物学
(11)ロイシン残基が比較的豊富なウスタビガフィブロイン
(12)AFMによる染色体物理地図構築と食品ナノ粒子の構造計測
(13)ゲノム及びナノスケール食品素材の走査型プローブ顕微鏡による解析
(14)カイコの遺伝子組換えによる絹糸タンパク質改変
(15)アルカリ性フォスファターゼ遺伝子(Alp)領域によるカイコとクワコの系統解析
(16)カイコゲノム解析-7. BACミニマムタイリングパスの構築とアセンブル結果の検証
(17)wnt1/wingless による昆虫幼虫紋様多様化の分子メカニズム
(18)生体色素カロテノイドの膜輸送に関与するカイコ黄繭遺伝子の分子遺伝学的解析
(19)β-fructofuranosidase genes of the silkworm, Bombyx mori: Insights into enzymatic adaptation of B. mori to toxic alkaloids in mulberry latex
(20)ミトコンドリアDNAにみられるカイコ(Bombyx mori)と日本産クワコ(B. mandarina)間の遺伝的交流の可能性
(21)日本に生育するクワコ(Bombyx mandarina)の遺伝的多様性
(22)ミトコンドリアDNAの解析からみた日本産ナナフシ目昆虫の系統関係
(23)カイコの褐頭尾斑およびワクジー油変異形質の原因遺伝子の単離と解析
(24)2色同時計測SNOMによる高精度カイコ染色体BACマッピング
(25)Characterization of Rhodinia fugax fibroin gene
(26)Silkworm genome sequence reveals biology underlying silk production, phytophagy, and metamorphosis
(27)Genomics of the silkworm Bombyx mori: Tissue specificity and time course of gene expression in response to parasitization by tachinid flies
(28)Molecular genetics of Bombyx densovirus resistance genes expressed in the midgut
(29)Positional cloning of densovirus-resistance genes in Bombyx mori
(30)A comparative analysis of serpin genes in the silkworm genome
(31)Construction of a piggyBac-based enhancer trap system for the analysis of gene function in silkworm Bombyx mori
(32)Abd-B suppresses lepidopteran proleg development in posterior abdomen
(33)The genome of a lepidopteran model insect, the silkworm Bombyx mori
(34)Identification of Bombyx mori 14-3-3 orthologs and the interactor Hsp60
(35)Conservation of fibroin gene promoter function between the domesticated silkworm Bombyx mori and the wild silkmoth Antheraea yamamai
(36)Leucine-rich fibroin gene of the Japanese wild silkmoth, Rhodinia fugax (Lepidoptera: Saturniidae)
(37)Positional cloning of a Bombyx wingless locus flgellos (fl) reveals a crucial role for fringe that is specific for wing morphogenesis
(38)Genome-wide screening and characterization of transposable elements and their distribution analysis in the silkworm, Bombyx mori
(39)Catalogue of epidermal genes: Genes expressed in the epidermis during larval molt of the silkworm Bombyx mori
(40)Analysis of ecdysone-pulse responsive region of BMWCP2 in wing disc of Bombyx mori
(41)A basic-HLH transcription factor, HLH54F, is highly expressed in the prothoracic gland in the silkworm Bombyx mori and the fruit fly Drosophila melanogaster
(42)Purification and characterization of silkworm hemocytes by flow cytometry
(43)Abnormal red body coloration of the silkworm, Bombyx mori, is caused by a mutation in a novel kynureninase
(44)A single-base deletion in an ABC transporter gene causes white eyes, white eggs, and translucent larval skin in the silkworm w-3oe mutant
(45)Identification and characterization of globin genes from two lepidopteran insects, Bombyx mori and Samia cynthia ricini
(46)Bombyx small RNAs: Genomic defense system against transposons in the silkworm, Bombyx mori
(47)Method for rapid distinction of Bombyx mandarina (Japan) from B. mandarina (China) based on rDNA sequence differences
(48)Genome-wide survey for baculoviral host homologs using the Bombyx genome sequence
(49)Duplicated alkaline phosphatase genes in the wild sikworm Bombyx mandarina inhabiting Japan: phylogenetic relationship to the orthologs in Bombyx mori
(50)カイコEDS系統に出現した新規の突然変異体の遺伝学的解析
(51)カイコのEDs系統より生じた新規の突然変異体の遺伝学的解析
(52)カイコ雌成虫を誘引源としたフェロモントラップによるクワコ雄成虫の採集と野外におけるカイコとクワコの交尾
(53)カイコ雌成虫によるクワコ雄成虫の誘引と野外における交尾
(54)走査型プローブ顕微鏡を利用したゲノム解析ツールの開発
(55)Deletion of a gene encoding an amino acid transporter in the midgut membrane causes resistance to a Bombyx parvo-like virus
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093458
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat