(7)遺伝資源の収集・評価・増殖・保存・配布

(7)遺伝資源の収集・評価・増殖・保存・配布

課題番号2008010714
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間2006-2010
年度2008
大課題該当なし
中課題(7)遺伝資源の収集・評価・増殖・保存・配布
小課題(7)遺伝資源の収集・評価・増殖・保存・配布
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要1.植物遺伝資源の収集調査のため7隊の国内探索調査と2課題の海外共同調査(ラオス・南インド)を実施した。遺伝資源の多様性解析として、新たにインド・ハリアナ州MD大学とVigna属豆類の耐塩性の共同研究を開始した。ツルマメとダイズの雑種後代計400個体で連鎖地図を作成し、国内3箇所の試験地で評価した適応度関連形質の解析から、野生状態での生存率の低下が栽培種由来のQTLによることを明らかにした。SSRマーカーによるVigna属豆類の連鎖地図に基づき、ツルアズキに特異的な栽培化関連QTLを確認した。微生物遺伝資源では3隊の国内探索を実施し、動物では、家畜遺伝資源の評価及び家畜の行動関連遺伝子の多様性解析を実施。2.サブバンクの協力のもと、植物、微生物、動物遺伝資源では各々約16万5千点(項目×系統)、4,930点、727点を特性評価。植物病原性フザリウム属菌やアグロバクテリウム属細菌を分子分類学的に再検討した。昆虫培養細胞では、カイコ培養細胞株の特性解明を行い、外来遺伝子導入発現系に優れた株を見出し、遺伝子導入による保有遺伝子の解析系を開発した。アクティブ(配布可能)コレクションは、植物では137,792点(57.1%)、微生物は18,195点(73.1%)、動物479点(48.7%)といずれも増加した。3.遺伝資源を用いた新遺伝育種素材開発は、新規3課題を含む11課題を公募による委託で実施。コアコレクション作成は、リョクトウ、ソルガム(筑波大と共同)、イワテヤマナシ(果樹研)の3課題を実施。ソルガムでは、品種選定を終え、農業形質の多様性を分析した。今後種子の増殖を行い、バイオマス関連の特性情報とともに配布できるようにする。4.保存遺伝資源は、植物241,507点、微生物24,898点、動物984点となった。栄養体の長期保存のために新たにクワ冬芽100点、ナシ冬芽140点、モモ冬芽80点、イグサ培養茎頂30点を超低温保存タンクに保存した。5.遺伝資源情報の管理機能を改良し、ジーンバンクのWWWサイトのデザインもリニューアルし、配布する遺伝資源のパスポート情報と特性評価情報の公開や検索機能を充実した。
研究分担(独)農業生物資源研究所,基盤研究領域,ジーンバンク
(独)農業生物資源研究所,基盤研究領域,ジーンバンク
(独)農業生物資源研究所,基盤研究領域,ジーンバンク
(独)農業生物資源研究所,基盤研究領域,ジーンバンク
(独)農業生物資源研究所,基盤研究領域,ジーンバンク
(独)農業生物資源研究所,基盤研究領域,ジーンバンク
(独)農業生物資源研究所,基盤研究領域,ジーンバンク
(独)農業生物資源研究所,基盤研究領域,ジーンバンク
(独)農業生物資源研究所,基盤研究領域,ジーンバンク
(独)農業生物資源研究所,基盤研究領域,ジーンバンク
(独)農業生物資源研究所,基盤研究領域,ジーンバンク
(独)農業生物資源研究所,基盤研究領域,ジーンバンク
(独)農業生物資源研究所,基盤研究領域,ジーンバンク
(独)農業生物資源研究所,基盤研究領域,ジーンバンク
(独)農業生物資源研究所,基盤研究領域,ジーンバンク
(独)農業生物資源研究所,基盤研究領域,ジーンバンク
(独)農業生物資源研究所,基盤研究領域,ジーンバンク
協力分担関係独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
独立行政法人農業環境技術研究所
独立行政法人国際農林水産業研究センター
独立行政法人種苗管理センター
独立行政法人家畜改良センター
国立大学法人佐賀大学農学部
学校法人福山大学・生命工学部
国立大学法人筑波大学
長野県中信農業試験場
国立大学法人東京農工大学
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 委託・バイテク先端技術[アグリ・ゲノム] 技会・その他 林野庁交付金 文科省[科研費] 文科省・その他
業績(1)農業生物資源ジーンバンク(MAFF)保存のFusarium oxysporum菌株の分子系統学的再評価
(2)我が国におけるブドウ根頭がんしゅ病菌の遺伝型とその分布
(3)特性データベース管理システムの開発
(4)農業生物資源ジーンバンク事業微生物部門(MAFF)の2007年の活動と成果
(5)Plectosporium tabacinum (van Beyma) Palm, Gams et Nirenbergによるハナトリカブト株枯病(新称)
(6)マメ科モデル植物ミヤコグサ(Lotus japonicus L.)根腐病菌の完全世代の確認
(7)パキスタン・アフガニスタンのアワ在来品種のrDNA変異
(8)トランスポゾン・ディスプレイによるアワ遺伝資源の多様性解析
(9)トランスポゾン・ディスプレイによるアワ・コアコレクションの選定
(10)アマランサスの栽培種3種(Amaranthus caudatus L.,A. cruentus L., A. hypochondriacus L.)におけるwaxy遺伝子座配列の多様性
(11)アマランサス(Amaranthus cruentus L.)における顆粒性デンプン合成酵素(GBSS)cDNAの分子クローニングと解析
(12)葉緑体DNAシークエンスを用いたTulipa属の原種および園芸品種の分子系統学的解析
(13)Vigna属植物とくにリョクトウ遺伝資源の塩水耐性の自然変異について
(14)定量PCR法による土壌細菌の高精度モニタリングのための条件検討
(15)OsRecQ1, a QDE-3 homologue in rice, is required for RNA silencing induced by particle bombardment with inverted repeat DNA, but not with double-stranded RNA
(16)塩酸処理に耐える産卵台紙の試作
(17)Current progress of Fusarium taxonomy
(18)Studies on gene dispersal from soybean to wild soybean growing in their natural habitat in Japan
(19)The present status and future prospects of the NIAS genebank project in Japan
(20)Risk assessments of introgression from GM Crops into wild relatives based on fitness related QTL information: A case study from soybean (Glycine max) to wild soybean (Glycine soja)
(21)Estimation of gene flow between wild and glyphosate-tolerant GM soybeans by honeybee in a containment greenhouse
(22)Spoilage and rot of mung bean sprouts by some fungi
(23)Sorghum core collection; Assessment of diversity based on morphological traits and SSR markers
(24)Anthracnose of Polygonatum falcatum
(25)Study of host range of some Colletotrichum species on scrophulariaceus ornamentals
(26)PCR-based characterization of antibioticsproducing pseudomonas fluorescens isolates as potential biocontrol agents
(27)Re-identification of Colletotrichum(Gloeosporium) carthami (Fukui) Hori et Hemmi and C. chrysanthemi Hori based on morphological and molecular characteristics of herbarium specimens
(28)Weedy rice (Oryza sativa L.) evolution in Japan as a model for comparative international studies of weedy rice
(29)アズキSSRマーカーによるリョクトウ連鎖地図の構築
(30)植物におけるDNAメチレーション解析
(31)Corynespora cassiicolaナス寄生性株のRandom Amplified Polymorphic DNA(RAPD)解析を用いた識別とピーマンとトマトに対する寄生性
(32)日本国内の異なる種の植物から分離されたCorynespora cassiicolaの寄生性と系統進化の解析
(33)栽培植物と野生種との交雑・遺伝子浸透の実態と野生化の評価 −ダイズからツルマメへの遺伝子浸透に関する研究−
(34)マイクロサテライトに基づくBrassica rapaの遺伝的類縁関係
(35)Albugo ipomoeae-pandurataeおよびA.ipomoeae-harduickiiによるアサガオの白さび病と病原菌の宿主特異性
(36)NIAS(MAFF)ジーンバンク所蔵PlectosporiumおよびColletotrichum属関連菌株のDNA分子系統解析による再同定
(37)Colletotrichum capsici (Sydow) E.J.Butlter & Bisbyによるポインセチア炭疽病(新称)
(38)ダイズもやしの汚損・腐敗を引き起こすPhoma medicaginis Malbr. et Roum
(39)ソルガム遺伝子資源のDNA多型の検出
(40)菌類の和名を考える−日本菌学会データベース委員会の取り組み−
(41)八尾古文書に挟まった棉種子の同定と来歴
(42)Agrobacterium rhizogenes (biovar 2) の染色体側バックグランドに基づいた植物形質転換能 の比較
(43)浸酸処理に耐える産卵台紙の開発と性能評価
(44)江戸時代の絹の繭糸に類似する現代カイコ品種の探索
(45)シロイヌナズナ培養細胞の超低温保存について
(46)ガラス化法によるボタン茎頂の超低温保存と再生率向上条件の検討
(47)フザリウム属菌における種概念について
(48)RLGS法を用いたコンニャク品種識別共優性マーカーの開発
(49)導入元と導入先の異なる条件で栽培されたミャンマーイネ地方品種の到穂日数の変異
(50)Colletotrichum acutatumによるワレモコウ炭疽病(新称)
(51)Fusarium foetensによるベゴニア株腐病(新称)
(52)Colletotrichum destructivum によるシソ炭疽病(新称)
(53)RLGS法を用いたソルガムDNA多型の検出
(54)Contrasting population genetic structure and gene flow between Oryza rufipogon and Oryza nivara
(55)Genetic diversity of the azuki bean (Vigna angularis (Willd.) Ohwi & Ohashi) gene pool as assessed by SSR markers
(56)Substitution of the gene for chloroplast RPS16 was assisted by generation of a dual targeting signal
(57)Gray mold of pearl lupine caused by Botrytis cinerea
(58)Anthracnose of Polygonatum falcatum caused by Colletotrichum dematium
(59)Ability of Agrobacterium tumefaciens and A. rhizogenes strains, inability of A. vitis and A. rubi strains to adapt to salt-insufficient environment, and taxonomic significance of a simple salt requirement test in the pathogenic Agrobacterium species
(60)Correlation of differential expression of silkworm antimicrobial peptide genes with different amounts of Rel family proteins and their gene transcriptional activity
(61)shRNA expression plasmids generated by a novel method efficiently induce gene-specific knockdown in a silkworm cell line
(62)Application of RLGS method for detection of alteration in tissue cultured plants
(63)Inheritance and alteration of genome methylation in F1 hybrid rice
(64)Genetic structure of Mongolian goat populations using microsatellite loci analysis
(65)Mapping of quantitative trait loci for a new source of resistance to bruchids in the wild species Vigna nepalensis Tateishi & Maxted (Vigna subgenus Ceratotropis)
(66)Characterization of new sources of mungbean (Vigna radiata (L.) Wilczek) resistance to bruchids, Callosobruchus spp. (Coleoptera: Bruchidae)
(67)Morphological and molecular identification of Fusarium verticillioides in maize
(68)White rust of Ipomoea caused by Albugo ipomoeae-panduratae and A. ipomoeae-hardwickii and their host specificity
(69)Multilocus genotyping and molecular phylogenetics resolve a novel head blight pathogen within the Fusarium graminearum species complex from Ethiopia
(70)Gene flow and genetic structure of wild soybean (Glycine soja) in Japan
(71)Phylogenetic and serological analyses reveal genetic diversity of Agrobacterium vitis strains in Japan
(72)Evaluation of genetic diversity of bread wheat landraces from Pakistan by AFLP and implications for a future collection strategy
(73)Variation of lipopolysaccharide among the three major Agrobacterium species and the effect of environmental stress on the lipopolysaccharide profile
(74)Development of mini core collection of Japanese rice landrace
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093462
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat