(3)昆虫の生体防御機構の解明と利用技術の開発

(3)昆虫の生体防御機構の解明と利用技術の開発

課題番号2008010721
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間2006-2010
年度2008
大課題2)昆虫の環境適応機構の解明と制御技術の開発
中課題(3)昆虫の生体防御機構の解明と利用技術の開発
小課題(3)昆虫の生体防御機構の解明と利用技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要1.核多角体病ウイルス(BmNPV)の感染によって発現誘導されるカイコ遺伝子の解析を行っている。RNAiはそのための有効な手段であるが、技術的に簡単ではない。今回、遺伝子産物のRNAi法による機能解析を培養細胞で効率よく行うために、簡易に構築できるsmall hairpin RNA発現プラスミドの作成法を新規に開発した。この手法で構築されたshRNA発現プラスミドは十分に標的遺伝子をノックダウンできることを確かめた。2.中期計画をさらに発展させた取り組みとして、合成オリゴペプチドの抗ガン作用について解析を行っている。血液ガンのみならず、種々の固形ガンの増殖を効率よく抑制できるペプチドの作出を目的として、タイワンカブトムシ抗微生物タンパク質ディフェンシン由来の改変ペプチド(D-peptide C)のC末端にアルギニン残基を5個つけ加えたペプチド(D-peptide C2)を新たに合成した。このペプチドは細胞内に移行し、ミトコンドリアを破壊することが明らかとなった。さらに膜通過機能をもったD-peptide C2の種々のガン細胞に対する増殖抑制効果を調べた結果、膜通過能を持たない他の4種のペプチド(D-peptide A, B, C, D)に比べ30〜180倍程活性が強いことが明らかとなった。ただし、このペプチドは正常細胞も同様に増殖抑制するため、ドラッグデリバリー(薬物送達)システムを利用して特定のガン細胞にターゲットを絞れば、副作用を防ぐことができ有望だと思われる。
研究分担(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,生体防御研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,生体防御研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,生体防御研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,生体防御研究ユニット
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 委託・バイテク先端技術[アグリ・ゲノム] 文科省[科研費]
業績(1)An anti-trypanosomal substance from an insect; riboflavin is effective via oral administration
(2)カブトムシディフェンシン由来改変ペプチドのマルチターゲット
(3)NMR structural analysis of oryctin from the coconut rhinoceros beetle Orycrtes rhinoceros led to its functional characterization as a novel serine protease inhibitor
(4)マイクロアレイを用いたBmNPV感染応答遺伝子の網羅的解析
(5)カイコ培養細胞、NIAS-Bmoyanagi2細胞におけるBmNPV感染応答遺伝子の機能解析
(6)カイコ免疫関与遺伝子の比較ゲノム解析
(7)カイコペプチドグリカン認識タンパク質及びTollファミリータンパク質遺伝子のin silico解析
(8)Comparative genomic analysis of immunity-related genes in Bombyx mori
(9)shRNA expression plasmids generated by a novel method efficiently induce gene-specific knockdown in a silkworm cell line
(10)Anionic C-terminal proregion of nematode antimicrobial peptide cecropin P4 precursor inhibits antimicrobial activity of the mature peptide
(11)カイコ由来培養細胞でのDNA型RNAi
(12)Lipopolysaccharide elicits expression of immune-related genes in the silkworm, Bombyx mori
(13)A genome-wide analysis of genes and gene families involved in innate immunity of Bombyx mori
(14)Synthetic nonamer peptides derived from insect defensin mediate the killing of African trypanosomes in axenic culture
(15)Correlation of differential expression of silkworm antimicrobial peptide genes with different amounts of Rel family proteins and their gene transcriptional activity
(16)Gene expression of a novel defensin antimicrobial peptide in the silkworm, Bombyx mori
(17)Selective cancer cell cytotoxicity of enantiomeric 9-mer peptides derived from beetle defensins depends on negatively charged phosphatidylserine on the cell surface
(18)Multiple functions of short synthetic enantiomeric peptides based on beetle defensins
(19)カイコ由来培養細胞NIAS-Bmoyanagi2でのRNAiを用いたBmNPV感染応答遺伝子の機能解析
(20)Multi-target of enantiomeric 9-mer peptides derived from beetle defensins
(21)抗微生物蛋白質、それをコードする遺伝子及びそれらの利用法(抗菌性蛋白質)
(22)Characterisation of the enhancer peptide NP4P for membrane-disruptive anti-microbial peptides
(23)昆虫由来坑トリパノソーマ活性物質の探索
(24)昆虫由来抗トリパノソーマ活性物質の探索
(25)タイワンカブトムシ由来オリクチンの溶液NMR構造解析と機能解析
(26)Evolution of ASABF-6Cys-α, CSαβ-type anti microbial peptides as a result of rearrangements of intrmolecular disulphide bridges
(27)Generation of cationic antimicrobial peptides from natural non-antimicrobial sequences by acid-amide substitution
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093469
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat