(2)昆虫・昆虫間、昆虫・植物間相互作用の解明と利用技術の開発

(2)昆虫・昆虫間、昆虫・植物間相互作用の解明と利用技術の開発

課題番号2008010725
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間2006-2010
年度2008
大課題4)生物間相互作用の解明と制御技術の開発
中課題(2)昆虫・昆虫間、昆虫・植物間相互作用の解明と利用技術の開発
小課題(2)昆虫・昆虫間、昆虫・植物間相互作用の解明と利用技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要1.ツマグロヨコバイ唾液中から得たカルシウム結合タンパク質のカルシウム結合部位は複数個あると推定された。また、他に唾液中から得られた4種のタンパク質の配列は、いずれも既存のタンパク質との相同性が低く新規のタンパク質と考えられた。2.ツマグロヨコバイ頭部抽出物の活性染色を行ったところ、唾液腺から分泌され、吸汁メカニズムに何らかの役割を果たすと考えられるβ-グルコシダーゼのアイソザイムを検出した。また、β-グルコシダーゼのN末アミノ酸配列をもとにcDNAの全長配列のクローニングを行い、分子量や等電点が異なる複数のクローンを得た。これらのクローンが複数のアイソザイムに対応すると推定した。 3.イネのツマグロヨコバイ抵抗性候補遺伝子は、選択的スプライシングによって2種類の成熟RNAを生じることがわかり、過剰発現組換え体イネを作るためのコンストラクトを作成した。4.クワ乳液中から得た耐虫性タンパク質遺伝子を導入したシロイヌナズナ形質転換体を作成したが、タンパク質の発現量が少なく、エリサンに対する成長阻害効果は弱かった。5.クワからカイコ幼虫体内に取り込まれるケルセチン配糖体は、繭タンパク質中に分泌されるが、生物学的な機能として、紫外線透過を抑制して紫外線の酸化障害からカイコを守る機能を果たしていることを明らかにした。6.ナミヒメハナカメムシのランダムDNA断片の解析で合計152kbの塩基配列を確定した。その中には、ミニサテライト29、マイクロサテライト2クローンなど、DNA多型検出に利用できる可能性のある物が多数確認された。7.ナミヒメハナカメムシ(ナミ)のマイクロサテライト(MS)9遺伝子座は、タイリクヒメハナカメムシ(タイリク)、コヒメハナカメムシ(コヒメ)で増幅産物が確認できた。タイリクのMSは、ナミ、コヒメで全く増幅産物が得られない場合があり、ナミのMSより汎用性が低いと考えられた。8.ゴマダラカミキリはエゾノキヌヤナギも加害するため、ヤナギへの誘引をミカンと比較したところヤナギで育った個体はヤナギに、ミカンで育った個体はミカンにより誘引されることが明らかとなった。ミカンで育った個体に対して誘引活性のあったセスキテルペン類はヤナギから検出されなかった。9.ケブカアカチャコガネの雌が放出する性フェロモン化合物を同定し、その活性を野外で確認した。
研究分担(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫−昆虫・植物間相互作用研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫−昆虫・植物間相互作用研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫−昆虫・植物間相互作用研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫−昆虫・植物間相互作用研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫−昆虫・植物間相互作用研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫−昆虫・植物間相互作用研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫−昆虫・植物間相互作用研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫−昆虫・植物間相互作用研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫−昆虫・植物間相互作用研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫−昆虫・植物間相互作用研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫−昆虫・植物間相互作用研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫−昆虫・植物間相互作用研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫−昆虫・植物間相互作用研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫−昆虫・植物間相互作用研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫−昆虫・植物間相互作用研究ユニット
協力分担関係独立行政法人農業環境技術研究所
独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
神奈川県
国立大学法人九州大学
国立大学法人岐阜大学
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託・環境研究[生物多様性プロ] 委託・バイテク先端技術[新農業展開ゲノムプロ] 技会・その他 文科省[科研費]
業績(1)A DNA and morphology based phylogenetic framework of the ant genus Lasius with hypotheses for the evolution of social parasitism and fungiculture
(2)Development of microsatellite DNA markers and measurement of genetic diversity in Neoseiulus womersleyi (Shchicha)
(3)Post-release tracing of augmentatively released Orius strigicollis (Poppius) (Heteroptera: Anthocoridae) by DNA markers
(4)Regioselective formation of 5-O-glucosylated flavonoids and their role in the silkworm, Bombyx mori
(5)クワ科植物の乳液中耐虫成分の種間多様性
(6)Odor responses of descending interneurons and thoracic motor neurons in the male cockroach
(7)Sesquiterpene Hydrocarbons: Kairomones with a releaser effect in the sexual communication of the white-spotted longicorn beetle, Anoplophora malasiaca (Thomson) (Coleoptera: Cerambycidae)
(8)In vivo entomotoxic and micro-morphological effects of Serratia marcescens chitinase on the larvae of Eri silkworm, Samia ricini (Lepidoptera: Saturindae) as a Biological Pest Control Agent (BCA) (Biopesticides) with special reference to its chitinolytic activity on the chitin-rich structures in the digestive system
(9)イチジク属植物の乳液中耐虫成分の種間多様性:オオバイヌビワにおける疎水性アルカロイドとハマイヌビワ等におけるプロテアーゼ
(10)植物の耐虫性防御と昆虫の適応の分子機構−植物と昆虫の食うか食われないかのせめぎ合い−
(11)The distribution and geographic variation in diapause capacity among populations of two Tetranychus species (Acari: Tetranychidae) in East and Southeast Asia
(12)ナガチャコガネ間接飛翔筋二型の地理的変異の遺伝子解析
(13)ゴキブリの脳の匂いによる行動指令神経情報の解析
(14)モデル植物シロイヌナズナを用いた植物―昆虫間相互作用研究
(15)A novel latex protein confers insect resistance on mulberry trees: Involvement of the chitin-binding protein in larval toxicity in the midgut of caterpillars
(16)Sex attractant pheromone of the limabean pod borer, Etiella zinckenella (Treitschke) (Lepidoptera: Pyralidae), in Japan
(17)Restriction fragment length polymorphism catalog for molecular identification of Japanese Tetranychus spider mites (Acari: Tetranychidae)
(18)Phylogenetic analysis of Bactrocera fruit flies (Diptera: Tephritidae) based on nucleotide sequences of the mitochondrial COI and COII genes
(19)Genetic variations among and within populations of the Oriental fruit fly, Bactrocera dorsalis (Diptera; Tephritidae), detected by PCR-RFLP of the mitochondrial control region
(20)Interspecific and intraspecific diversity of latex ingredients in Moraceae plants: Chemicals and proteins with defensive roles against herbivorous insects
(21)The Philippines is a possible source of the Bactrocera dorsalis complex species (Diptera, Tephritidae) occasionally collected in the Ryukyu Islands of Japan; analyses of mitochondrial DNA
(22)Genetic divergence among populations of the white grub beetle, Dasylepida ishigakiensis (Coleoptera: Scarabaeidae), distributed in the southern part of the Ryukyu Islands of Japan, detected from mitochondrial DNA sequences
(23)Genetic variation of the green chafer, Anomala albopilosa (Hope) (Coleoptera: Scarabaeidae), in the Ryukyu Islands of Japan detected by mitochondrial DNA sequences
(24)Isolation and characterization of polymorphic microsatellite loci from the water mite Hygrobates fluviatilis (Acari: Hydrachnidia: Hygrobatidae)
(25)Estimation of abundance and dispersal distance of the sugarcane click beetle Melanotus sakishimensis Ohira (Coleoptera: Elateridae) on Kurima Island, Okinawa, by mark-recapture experiments
(26)Mating disruption for control of Melanotus okinawensis (Coleoptera: Elateridae) with synthetic sex pheromone
(27)Mulberry defense by alkaloidal glycosidase inhibitors in latex and counteradaptation of Bombyx mori by inhibitor-insensitive glycosidases in midgut and other tissues
(28)Oligonychus属ハダニのDNA塩基配列解析
(29)Oligonychus属の近縁3種におけるミトコンドリアDNAの種内変異
(30)チャノキイロアザミウマはなぜ害虫化したのか?
(31)ツマグロヨコバイ唾液腺のβ-グルコシダーゼ遺伝子の多型
(32)新たなクワ耐虫性タンパク質のスクリーニング
(33)多数ハダニ集団中に混在するイシイナミハダニの検出
(34)日本産13種および海外産3種のTetranychus属ハダニのDNAによる識別
(35)クワ耐虫性タンパク質の諸性状
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093473
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat