(3)昆虫・微生物間相互作用の解明と利用技術の開発

(3)昆虫・微生物間相互作用の解明と利用技術の開発

課題番号2008010726
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間2006-2010
年度2008
大課題4)生物間相互作用の解明と制御技術の開発
中課題(3)昆虫・微生物間相互作用の解明と利用技術の開発
小課題(3)昆虫・微生物間相互作用の解明と利用技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要1.病害抵抗性遺伝子の単離:病原微生物は害虫の防除に利用され、重要な防除資材であるが、害虫に抵抗性がつき、防除効果が低下する事例が知られている。そこで、Bt細菌とボーベリア菌に対する抵抗性を引き起こす遺伝子を、カイコのゲノム情報を利用して解析を進めている。カイコのBt菌抵抗性遺伝子として、最終的に一つの遺伝子に絞り込んだ。この候補遺伝子が抵抗性に関係することを証明するために、トランスジェニックカイコを作出し、現在確認を行っている。また、カイコのボーベリア菌抵抗性遺伝子は第14番染色体に座乗することを明らかにし、その染色体上の位置をさらに絞り込んでいる。2.病原ウイルス感染増進機構の解明:害虫防除に病原ウイルスを利用するには、効率と効果の安定性が課題である。それらに答えるべく、ポックスウイルスが持つタンパク質で、低濃度のウイルスでも感染を引き起こすことができるフゾリンの機能解明並びにウイルス製剤と併用することによって効果を高める薬剤の探索をおこなっている。フゾリンタンパク質(約380アミノ酸からなる)のN末端から250アミノ酸が効果の発現に必要であり、糖鎖が安定性に寄与することが明らかとなった。また、重要害虫であるハスモンヨトウの核多角体病ウイルスの感染を増進する薬剤の探索の過程で摂食を抑制する薬剤を得た。3.EST解析・ゲノム解析:昆虫と微生物の相互作用研究では、それらのゲノム情報が有用である。病原媒介虫で吸汁害も引き起こすトビイロウンカとツマグロヨコバイのEST解析をおこない、それぞれ7万クローンと3万クローンを解読した。トビイロウンカについては、一部のESTデータを生物研のホームページから公開した。トビイロウンカのマイクロアレイ解析から、吸汁や代謝で重要な役割をしている遺伝子群が明らかとなった。微生物のゲノム解析では、共生微生物2種のゲノム解読を進め、ドラフトシーケンスが得られている。
研究分担(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫・微生物間相互作用研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫・微生物間相互作用研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫・微生物間相互作用研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫・微生物間相互作用研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫・微生物間相互作用研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫・微生物間相互作用研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫・微生物間相互作用研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫・微生物間相互作用研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫・微生物間相互作用研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫・微生物間相互作用研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫・微生物間相互作用研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,昆虫・微生物間相互作用研究ユニット
協力分担関係独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
国立大学法人京都工芸繊維大学
日本大学薬学部薬学研究所
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 委託・バイテク先端技術[アグリ・ゲノム] 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金 経産省・NEDO競争的資金 その他
業績(1)ソラマメ芽だし苗で飼育したワタアブラムシにおける有翅虫の出現とその形態的特徴について
(2)カスリショウジョウバエのハプロタイプとスピロプラズマ共生の関係
(3)Bt毒素Cry1Abに対するカイコの優性抵抗性遺伝子の解析法
(4)昆虫ポックスウイルスfusolinのウイルス感染力増進活性とキチン結合能・消化液耐性について
(5)ジシストロウイルスの複製酵素前駆体タンパク質内の切断点解析
(6)イネ黄萎病媒介虫ツマグロヨコバイにおけるファイトプラズマ感染の定量
(7)キメラシロアリセルラーゼのパルプ・木粉・結晶性セルロース等に対する酵素反応プロファイル
(8)バイオマス転換装置としてのシロアリ
(9)飼育環境下におけるヤマトシロアリの補充生殖虫の発達
(10)南日本におけるヌカカ幼虫の棲息場所の調査
(11)Negative effects of low temperatures on the vertical transmission and infection density of a spiroplasma endosymbiont in Drosophila hydei
(12)Purification and molecular cloning of xylanases from the wood-feeding termite, Coptotermes formosanus Shiraki
(13)Strong cytoplasmic incompatibility and high vertical transmission rate can explain the high frequencies of Wolbachia infection in Japanese populations of Colias erate poliographus (Lepidoptera: Pieridae)
(14)Functional analysis of structural motifs in dicistroviruses
(15)Epidemiological importance of silkworm body surface for persistence of viral contamination by nucleopolyhedrovirus of Bombyx mori L. in an artificial rearing environment
(16)Synergistic effect of a fungicide containing polyoxin B with insect growth regulators (IGRs) in the killing of common cutworm, Spodoptera litura (Lepidoptera: Noctuidae)
(17)Insecticidal effect of a fungicide containing polyoxin B on the larvae of Bombyx mori (Lepidoptera: Bombycidae), Mamestra brassicae, Mythimna separata, and Spodoptera litura (Lepidoptera: Noctuidae)
(18)Cleavage sites of the “P3 region” in the nonstructural polyprotein precursor of a dicistrovirus
(19)Location of the Bombyx mori 175 kDa cadherin-like protein-binding site on Bacillus thuringiensis Cry1Aa toxin
(20)Toxicities of secondary metabolites produced by pathogens of Myrothecium leaf spot of mulberry diseases (Myrothecium roridum and M. verrucaria)
(21)Mapping of a novel virus resistant gene, Nid-1, in the silkworm, Bombyx mori based on the restriction fragment length polymorphism (RFLP)
(22)Stability of the viral-enhancing ability of entomopoxvirus spindles exposed to various abiotic factors
(23)Species-specific mitochondrial gene rearrangements in biting midges and vector species identification
(24)Limited variation in mitochondrial DNA of maize-associated Ostrinia nubilalis (Lepidoptera: Crambidae) in Russia, Turkey and Slovenia
(25)カイコ成虫短命遺伝子のcDNAリンケージを利用した座位決定
(26)カイコ限性形蚕系統における付着染色体の識別同定
(27)Purification and partial genome characterization of the bacterial endosymbiont Blattabacterium cuenoti from the fat bodies of cockroaches
(28)Transfection of feminizing Wolbachia endosymbionts of the butterfly, Eurema hecabe, into the cell culture and various immature stages of the silkmoth, Bombyx mori
(29)The N-terminal region of an entomopoxvirus fusolin is essential for the enhancement of peroral infection, whereas the C-terminal region is eliminated in digestive juice
(30)Heat treatment of the adzuki bean borer, Ostrinia scapulalis infected with Wolbachia gives rise to sexually mosaic offspring
(31)Effects of host genotype against the expression of spiroplasma-induced male killing in Drosophila melanogaster
(32)An overview of the cellulolytic systems in the wood-feeding termite, Nasutitermes takasagoensis (Shiraki)
(33)Reconstruction and mimicking of the termite midgut as a micro-scale biomass conversion system
(34)Eukaryotic ribosomal protein S25 is essential for PSIV IRES binding
(35)トランスジェニックカイコを用いた BtCry1Ab 毒素に対するカイコ抵抗性遺伝子の究明
(36)PSIVゲノムRNAの3’-UTRによる翻訳促進機構の解析:促進をもたらす構造エレメントの同定
(37)イエシロアリのキシラン消化機構の解明
(38)BT剤の紫外線に対する安定性の評価−室内照射試験の結果をもとに
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093474
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat