(1)安全性確保や有用物質生産に向けた組換え基盤技術の開発

(1)安全性確保や有用物質生産に向けた組換え基盤技術の開発

課題番号2008010728
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間2006-2010
年度2008
大課題1)バイオテクノロジーによる有用物質生産技術の開発
中課題(1)安全性確保や有用物質生産に向けた組換え基盤技術の開発
小課題(1)安全性確保や有用物質生産に向けた組換え基盤技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要1.ジーンターゲッティング(GT)を用いて標的遺伝子に正確に変異を導入することにより、トリプトファンを高蓄積するイネを作出することに成功した。2.標的とする遺伝子のみを特異的に切断する人工制限酵素の植物細胞内における活性を評価する実験系を構築した。3.細胞周期制御因子の発現抑制により、GTに好適なS-G2期の細胞を蓄積させる方法をイネにおいて構築した。4.GTは、体細胞における組換え修復機構を利用して行われる。新たに開発した細胞学的な組換えを可視化する手法を用い、イネ体細胞における染色体内での組換えが、DNA複製や修復に関わる酵素の影響を受ける可能性があることを明らかにした。5.イネやシロイヌナズナ種子への遺伝子の直接的な導入を検討し、超音波処理や電気パルスの極性交換等が完熟種子へのDNA導入効率を向上することを見いだし、またイネにおいて次世代で、GFPの発現を確認した。6.部位特異的遺伝子導入の際の、遺伝子のランダム挿入の抑制に、改良型ドミナント・ネガティブマーカー遺伝子が有効に働くことを確認した。部位特異的組換え酵素認識配列間のマーカー遺伝子の除去は、部位特異的組換え酵素依存的に起きることが再確認された。7.植物特異的なサイレンシング因子が低分子RNAを介したサイレンシングの後期段階で機能することを示した。また、イネの内在性サイレンシングマーカー遺伝子を同定した。8.esp2変異体の米粉は製パン性に優れていることを明らかにした。種子タンパク質の組成及び細胞内の蓄積部位の違いが加工特性に大きな影響を及ぼすことが示唆された。9.イネ葉緑体のホモプラズミック化のために誘導的に非形質転換葉緑体を消去するためのベクターを導入した。雄性不稔ブロッコリーを特定網室で栽培して安定性を確認した。セイヨウナタネと在来ナタネの雑種の環境適応度はF2で急激に低下することを示した。
研究分担(独)農業生物資源研究所,植物科学研究領域,遺伝子組換え技術研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,植物科学研究領域,遺伝子組換え技術研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,植物科学研究領域,遺伝子組換え技術研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,植物科学研究領域,遺伝子組換え技術研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,植物科学研究領域,遺伝子組換え技術研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,植物科学研究領域,遺伝子組換え技術研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,植物科学研究領域,遺伝子組換え技術研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,植物科学研究領域,遺伝子組換え技術研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,植物科学研究領域,遺伝子組換え技術研究ユニット
協力分担関係独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
石川県
独立行政法人森林総合研究所
独立行政法人農林水産消費安全技術センター
財団法人日本食品分析センター
財団法人食品環境検査協会
株式会社ファスマック
国立大学法人大阪大学
株式会社ニッポンジーン
学校法人近畿大学
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 委託・バイテク先端技術[新農業展開ゲノムプロ] 技会・その他
業績(1)Efficient transformation of wheat by using a mutated rice acetolactate synthase gene as a selectable marker
(2)Inheritance and alteration of genome methylation in F1 hybrid rice
(3)Site-directed mutagenesis in plants via gene targeting
(4)Fitness of F1 hybrids and their progeny from Brassica juncea x B. napus
(5)チョウ目害虫抵抗性遺伝子組換えトウモロコシ(Bt11スイート種)の国内圃場におけるアワノメイガに対する防除効果
(6)イネMOM1によってサイレンシングを受ける内在性ゲノム領域の検索
(7)イネreduced adh activity (rad)変異体の子葉鞘における細胞分裂・伸長の抑制
(8)遺伝子ターゲッテイングによるイネアントラニル酸合成酵素遺伝子の改変
(9)ジーンターゲッティングによるイネアントラニル酸合成酵素遺伝子の人為的改変
(10)イネ品種日本晴-カサラス間における T-DNA 導入効率の差異
(11)Brassica rapa X B.napusから得た後代植物における遺伝子浸透の評価
(12)薬用植物への新規遺伝子導入法の開発(2)
(13)イネ属Granulata節の野生イネに特異的に集積している反復配列
(14)Brassica juncea X B. napusのF2植物における形態的特性およびRAPDによる解析
(15)Improvement of plastid transformation efficiency using ectopic over expression of OsGLK1 gene in rice
(16)Approach for metabolic engineering of amino acid production by T-DNA mediated gene targeting
(17)Production of the tryptophan hyper-accumulating rice by T-DNA mediated gene targeting
(18)Generation of a tryptophan hyper-accumulating rice by homologous recombination mediated gene targeting
(19)Efficient production of genetically engineered male-sterile plants using combinations of anther-specific promoters and endogenous genes derived from a host crop
(20)Direct gene transfer into plant cells using ultrasonic treatment
(21)A transcriptome analysis for endogenous targets of Morpheus' Molecule 1, an epigenetic regulator of transcriptional gene silencing in Arabidopsis
(22)Creation of the herbicide tolerant rice plants via T-DNA mediated gene targeting
(23)Estimation of the genetic introgression in hybrid progenies of Brassica rapa~B. napus by RAPD markers and chromosomal analysis
(24)ゲノムタイリングアレイが拓くヘテロクロマチンサイレンシングの新局面
(25)シロイヌナズナmom1系統で見出されたエピアリールの特徴と系統間多様性
(26)イネ亜種間交配個体におけるクロマチン修飾変化による減数分裂期組換えホットスポットの誘導
(27)シロイヌナズナのサイレンシング因子MOM1によるエピジェネティックな制御を受ける内在性領域の網羅的検出
(28)シロイヌナズナのサイレンシング因子MOM1によるエピジェネティックな制御を受ける内在性領域の網羅的検出
(29)Filament formation and robust strand exchange activities of the rice DMC1A and DMC1B proteins
(30)イネデンプン代謝におけるイソアミラーゼ3の機能解析
(31)種子貯蔵タンパク質蓄積変異体esp2米粉の優れた製パン適正
(32)Alternative transcription initiation of the nitrilase gene (BrNIT2) caused by infection with Plasmodiophora brassicae Woron. in Chinese cabbage (Brassica rapa L.)
(33)減圧処理/加圧処理の使用を含むエレクトロポーレーション方法(減圧処理または加圧処理と、エレクトロポーレーションによる植物の形質転換方法)
(34)Divergent evolution of CHD3 proteins resulted in MOM1 refining epigenetic control in vascular plants
(35)Efficient production of genetically engineered, male-sterile Arabidopsis thaliana using anther-specific promoters and genes derived from Brassica oleracea and B. rapa
(36)Visual selection allows immediate identification of transgenic rice calli efficiently accumulating transgene products
(37)任意のペプチドを植物のタンパク顆粒で蓄積させる方法(イネ胚乳組織のタンパク顆粒PB-1で外来遺伝子産物の蓄積に必要なアミノ酸配列の同定とその利用)
(38)Selective growth suppression of five annual plant species by chalcone and naringenin correlates with the total amount of 4-coumarate: coenzyme A ligase
(39)減圧処理または加圧処理と、エレクトロポーレーションによる植物の形質転換方法(高電圧パルスによるコムギへの遺伝子導入系の開発)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093476
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat