a 森林への温暖化影響予測及び二酸化炭素吸収源の評価・活用技術の開発

a 森林への温暖化影響予測及び二酸化炭素吸収源の評価・活用技術の開発

課題番号2009014034
研究機関名森林総合研究所
研究期間2006-2010
年度2009
大課題(ア)地球温暖化対策に向けた研究
中課題a 森林への温暖化影響予測及び二酸化炭素吸収源の評価・活用技術の開発
小課題a 森林への温暖化影響予測及び二酸化炭素吸収源の評価・活用技術の開発
大項目1 研究の推進
中項目(1)重点研究領域
摘要地球温暖化を緩和する森林の二酸化炭素吸収機能が注目されている。森林植生、土壌、気候および林業活動を一体にしたモデルを開発し、2050年までの日本全国のスギ林による二酸化炭素吸収量を予測した。その結果、長期的に見ると伐採・再造林による人工林の更新が炭素吸収量の維持に重要であり、併せて生産された木材の利用による排出削減効果が期待できることを示した。また、地球が温暖化すると台風の頻度が高くなると予想されている。タワーによる二酸化炭素連続観測の結果から、札幌の落葉広葉樹林では台風による風害発生後、森林が二酸化炭素の吸収源から排出源に転じたこと及びその主たる要因が風倒木の分解に伴う二酸化炭素の放出であることを明らかにした。
研究分担(独)森林総合研究所,研究コーディネータ
予算区分イノベーション創出事業 技会・その他 林野庁交付金 林野庁・その他 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金 文科省・その他 環境省競争的資金 環境省・その他
業績(1)半島マレーシアにおけるフタバガキ科植栽苗の光環境と成長
(2)Estimating vertical distribution of CO2 efflux in a temperate cypress forest (温帯ヒノキ林におけるCO2放出量の鉛直分布推定)
(3)Comparing wind data at local meteorological stations and in forest areas using roughness length and topographic exposure indices(粗度長と地形的露出指数を用いた気象観測地と森林における風速データの比較)
(4)札幌市郊外落葉広葉樹林における倒木分解量の推定 -2004年台風18号による風倒後、4年間について-
(5)日本における常緑カシ類2種の個体および優占林の分布を規定する気候条件
(6)温暖化にともなうブナ林の分布適域の変化予測と影響評価
(7)Evaluation of habitat sustainability and vulnerability for beech (Fagus crenata) forests under 110 hypothetical climatic change scenarios in Japan.
(8)Root-shoot communication of the seedlings of Japanese larch and hybrid species grown in different soil-temperature regimes
(9)数値地形情報を用いた森林土壌炭素蓄積量の推定.-関東・八郷盆地における事例-
(10)Root-tip diameters of woody species in subalpine Abies forest (亜高山帯モミ林における木本樹種の根端直径)
(11)地球温暖化と山地湿原
(12)Soil respiration in Larch Forests
(13)高海抜地域の異なる地形に生育するヒノキ・サワラの肥大成長の季節変化
(14)温暖化
(15)What is disjunctive xylem parenchyma? A case study of the African tropical hardwood Okoubaka aubreevillei (Santalaceae) (離接木部柔細胞とは?アフリカの熱帯産広葉樹材Okoubaka aubreevillei (Santalaceae)の場合)
(16)森林の減少傾向
(17)世界の森林資源の動向
(18)同所的に存在する熱帯性タケ類の一斉開花枯死後の更新:タケに稚樹バンクが存在する?
(19)Development of a portable CO2 flux observation system using a closed-path gas analyzer for intercomparison (観測システム間相互比較のためのポータブルCO2フラックス観測システムの開発)
(20)人工ギャップを設定した落葉広葉樹二次林の構造と成長経過
(21)Temporal dynamics and resilience of fine litterfall in relation to typhoon disturbances over 14 years in an old-growth lucidophyllous forest in southwestern Japan(西南日本の成熟した照葉樹林の台風撹乱を伴ったリターフォール量の14年間の年々変動と回復について)
(22)Biomass and productivity of Siberian larch forest ecosystems.(シベリアカラマツ林生態系の現存量と生産力)
(23)四国地域の森林土壌にはどのくらいの炭素が集積しているか
(24)Root system development of larch trees growing on Siberian permafrost.(シベリア永久凍土地帯に生育するカラマツの根系発達過程)
(25)森林分野の温暖化緩和策
(26)Development of stand structure in larch forests.(カラマツ林の林分構造発達)
(27)長伐期林の役割は?
(28)森林管理によってCO2削減は可能か?
(29)日本の森林資源 -過去、現在、未来
(30)亜寒帯林
(31)固定試験地による飛騨地方,愛知・岐阜南部地方ひのき林林分収穫表の検証
(32)塗料と塗装
(33)樹冠内の光利用
(34)有機物の分解
(35)Soil nitrogen dynamics in larch ecosystem(カラマツ林生態系の窒素動態)
(36)PALSARデータの特質把握-泥炭湿地林の事例-
(37)土地被覆分類の精度に影響を及ぼす大気地形補正と多時期データの利用
(38)泥炭湿地におけるPALSARデータの後方散乱係数の季節変化と経年変化-インドネシア・パランカラヤにおける事例-
(39)Seasonal changes in stem radial growth of Larix gmelinii in Central Siberia in relation to its climatic responses.(中央シベリアのカラマツにおける肥大成長の季節変化及び気象要因への反応)
(40)Development of allometric relationships for accurate estimation of above- and below-ground biomass in tropical secondary forests in Sarawak, Malaysia.(マレーシアサラワク州における熱帯二次林樹木の正確な地上部と地下部バイオマス推定のためのアロメトリー式の構築)
(41)Allometric equations for accurate estimation of above-ground biomass in logged-over tropical rainforests in Sarawak, Malaysia (マレーシアサラワク州の択伐林における地上部バイオマスを正確に求めるためのアロメトリー式)
(42)熱帯林におけるフィルム式簡易積算日射計を用いた光環境測定
(43)Optimal germination condition by sulfuric acid pretreatment to improve seed germination of Sabina vulgaris Ant. (臭柏の発芽率向上のための最適な硫酸前処理法)
(44)Physiological and morphological differences in the heterophylly of Sabina vulgaris Ant. in the semi-arid environment of Mu Us Desert, Inner Mongolia, China (中国内モンゴル自治区に生育する臭柏の異形葉の生理的形態的特性)
(45)Ontogenetic changes in water-use efficiency (d13C) and leaf traits differ among tree species growing in a semiarid region of the Loess Plateau, China (中国黄土高原に植栽された樹種の生育段階に伴う水利用効率と葉の特性の変化)
(46)Effects of Light Intensity and Soil Physico-chemical Properties on Seedling Mortality and Growth of Six Dipterocarp Species Planted for Rehabilitation of Degraded Grassland, Secondary Forest and Logged Forest in Sarawak, Malaysia.(サラワク州の劣化した森林におけるフタバガキ科樹木の成長と生存に光、土壌環境が与える影響)
(47)中国黄土高原に植林された3樹種の樹冠位置による葉の水利用効率(δ13C)の変化
(48)温暖化の日本産針葉樹10種の潜在生育域への影響予測
(49)Midday depression of leaf CO2 exchange within the crown of Dipterocarpus sublamellatus in a low-land dipterocarp forest in Peninsular Malaysia(半島マレーシア低地フタバガキ林におけるDipterocarpus sublamellatus樹冠内個葉CO2交換量の日中低下)
(50)インドネシア・バリ島に植栽したRhizophora mucronataの成長と植栽環境
(51)高耐久性輸入木材の抽出成分
(52)Characteristics of permafrost forests in Siberia and potential response to warming climate(シベリア凍土地帯のカラマツ林の特徴と温暖化への応答能力)
(53)Soil respiration in different ages of teak plantations in Thailand.
(54)Carbon stock in litter, deadwood and soil in Japan's forest sector and its comparison with carbon stock in agricultural soils.
(55)Anthropogenic mortality of Asiatic black bears in two populations in northern Honshu, Japan(日本本州北部のツキノワグマ二つの個体群の人為的死亡について)
(56)海外植林事業
(57)熱帯林荒廃.
(58)5.森林と気象:5.1.2.森林と二酸化炭素:概要およびc.森林の二酸化炭素吸収量
(59)Species richness and species composition of butterflies in Imperata grassland, Acacia mangium plantation and burnt and unburnt forests in East Kalimantan(東カリマンタンのチガヤ草原、アカシア人工林、火災による荒廃林、未火災林のチョウ類の種数と種構成)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093493
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat