b 木質バイオマスの変換・利用技術及び地域利用システムの開発

b 木質バイオマスの変換・利用技術及び地域利用システムの開発

課題番号2009014035
研究機関名森林総合研究所
研究期間2006-2010
年度2009
大課題(ア)地球温暖化対策に向けた研究
中課題b 木質バイオマスの変換・利用技術及び地域利用システムの開発
小課題b 木質バイオマスの変換・利用技術及び地域利用システムの開発
大項目1 研究の推進
中項目(1)重点研究領域
摘要木材中の主成分であるリグニンは有効な利用方法がほとんどなかったが、リグニンを化学処理することで水にも油にも溶ける両親媒性を付与し、新たな用途を開発した。コンクリートに両親媒性リグニンを少量添加するとコンクリートの流動性が著しく高まって作業効率が向上したことから、コンクリート混和剤として有望であることを示した。一方、林地残材や製材工場残材等を地域で有効に利用するシステムの開発も期待されている。残材の発生量、輸送コストなどから残材供給可能量を推計する方法を開発した。これを用いて残材を経済的かつ量的にまとめて供給可能な5つの地域を明らかにした。
研究分担(独)森林総合研究所,研究コーディネータ
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 技会・その他 林野庁交付金 林野庁・その他 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金 経産省・その他 国交省競争的資金 その他
業績(1)リグニン生分解中間物“PDC(2-ピロン-4,6-ジカルボン酸)”のポリエステルをベースとする導電性コンポジット
(2)Mechanical Properties of Poly (L-Lactide) Films Controlled by Blending with Polyesters of Lignin-Derived Stable Metabolic Intermediate, 2-Pyrone-4,6-Dicarboxylic Acid (PDC). (リグニン代謝中間体であるPDCをブレンドすることによりコントロールされたポリ乳酸の機能特性)
(3)パーム幹からの樹液採取方法
(4)Evaluation of combustion properties of wood pellets using a cone calorimeter
(5)木粉・プラスチック複合材(混練型WPC)の耐久性 (1)耐水性に及ぼす木粉含有率の影響
(6)The development of energy saving technology in wood crushing
(7)北東北三県における木質バイオマス供給可能量の空間的推定
(8)熱帯早生樹産業植林地の持続性
(9)Selection of tree species for afforestation of salt-affected land. (塩害地への植林のための樹種選択)
(10)Effects of different mobilities of leaf and woody litters on litter carbon dynamics in arid ecosystems in Western Australia. (西オーストラリア州の乾燥地生態系における葉と木質リターの移動性の違いが炭素動態に及ぼす影響)
(11)E. camaldulensis Optimal Planting Density in Desert Western Australia in View of Its Photosynthetic Properties.
(12)Growth of Trees Planted for Rehabilitation of a Saline Area of the Wheatbelt in Western Australia
(13)Verification of the effect of afforestation with Eucalyptus camaldulensis as a countermeasure against salinity of abandoned farmland in Awestern Australia
(14)18章 森林バイオマスの利用
(15)アルカリ蒸解技術のバイオエタノール製造への応用
(16)Harvested wood products accounting in the post Kyoto commitment period (次期京都約束期間における伐採木材製品勘定)
(17)バイオエタノール
(18)バイオマス利用拡大による地力低下防止のための燃焼灰林地還元研究の必要性
(19)バクテリアのリグニン代謝系解明に基づくリグニン利用技術の開発
(20)木質系バイオマスを原料としたバイオエタノール生産のためのアルカリ前処理(第2報)未利用および廃棄物系木質バイオマスのバイオエタノール原料としての適性
(21)バイオマス発電
(22)微生物変換技術
(23)木材の性質、森林バイオマスの利用
(24)Polyesters of 2-Pyrone-4,6-dicarboxylic Acid (PDC) as Bio-based Plastics Exhibiting Strong Adhering Properties. (バイオ由来強力接着剤原料としての2-ピロン-4,6-ジカルボン酸)
(25)最適ルート分析による林地残材運搬コスト分布図の作成
(26)Tenacious Epoxy Adhesives Prepared from Lignin-derived Stable Metabolic Intermediate.(リグニン由来の安定な微生物代謝中間体から得られる強力なエポキシ接着剤)
(27)13章 廃棄物-木質廃棄物
(28)分子生物学と有機材料科学の融合が拓く新しいリグニン利用技術
(29)Fusible, Elastic, and Biodegradable Polyesters of 2-Pyrone-4,6-Dicarboxylic Acid (PDC). (溶融性、伸縮性、生分解性をもったPDCポリエステル)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093494
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat