a 生物多様性保全技術及び野生生物等による被害対策技術の開発

a 生物多様性保全技術及び野生生物等による被害対策技術の開発

課題番号2009014036
研究機関名森林総合研究所
研究期間2006-2010
年度2009
大課題(イ)森林と木材による安全・安心・快適な生活環境の創出に向けた研究
中課題a 生物多様性保全技術及び野生生物等による被害対策技術の開発
小課題a 生物多様性保全技術及び野生生物等による被害対策技術の開発
大項目1 研究の推進
中項目(1)重点研究領域
摘要林業活動は生物多様性の保全に関わりを持っているが、世界遺産候補の沖縄ヤンバル地域の森林において、生物多様性保全を維持しつつ持続可能な林業活動を行うために、過去の人為影響の少ない森を保全の核とし、周囲の施業地においては若い次世代樹木を残す施業を提案した。また広葉樹造林への関心が高まっているが、林業種苗法では広葉樹の苗木の移動に制約がなく、遺伝的攪乱の恐れがある。ブナ、クヌギ、ケヤキなど主要広葉樹10種についてDNA解析を行ったところ、樹種によって全国を2から4地域に区分できることがわかった。これをもとに樹種毎に苗木の移動範囲を示すガイドラインを作成した。
研究分担(独)森林総合研究所,研究コーディネータ
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 技会・その他 林野庁交付金 林野庁・その他 文科省[科研費] 環境省競争的資金 環境省・その他 その他
業績(1)Why have endemic pollinators declined on the Ogasawara Islands?(小笠原諸島の送粉系はなぜ衰退したのか?)
(2)オガサワラグワ
(3)ニホンジカによる森林被害とその管理
(4)森林昆虫の分子生態学 来し方を知って行く末を考える
(5)カシノナガキクイムシ集合フェロモンの誘引効果を高めるナラ類揮発性成分の探索 -GC-MS分析の結果-
(6)レブンアツモリソウ保護区に生育するカラフトアツモリソウの訪花昆虫相
(7)和歌山県のミバエ
(8)Management of Invasive Alien Species in the Bonin Islands(小笠原諸島における侵略的外来種の管理)
(9)移入種の扱い
(10)アカギ
(11)アカギ
(12)Bird responses to broad-leaved forest patch area in a plantation landscape across seasons
(13)Paternity analysis-based inference of pollen dispersal patterns, male fecundity variation and influence of flowering tree densities in two dipterocarp species. (2種のフタバガキ科の花粉散布、雄花生産量の影響に基づく父性解析と開花個体密度の影響)
(14)A taxonomic review of Pelidnoptera Rondani (Diptera: Sciomyzoidea), with discovery of a related new genus and species from Asia(亜熱帯林やんばるに設置された羽化トラップから得られたクチキバエ類)
(15)シカとササは樹木の更新にどのように影響するか
(16)Development of 14 EST-SSRs for Betula maximowicziana and their applicability to related species (ウダイカンバにおけるEST--SRマーカー14個の開発と関連種への適用)
(17)Development of 13 EST-SSRs for Cerasus jamasakura and their transferability for Japanese flowering cherries(ヤマザクラにおけるEST-SSRマーカー13この開発と花桜へのトランスフェーラビリティ)
(18)シカ、ネズミ、ササと実生
(19)屋久島森林生態系
(20)Development of microsatellite and ALP markers for Camellia japonica L. from tea plant (C. sinensis) expressed sequence tags(チャEST由来のヤブツバキのマイクロサテライトおよびALPマーカーの開発)
(21)Generation of Expressed Sequence Tags and development of microsatellite markers for Castanopsis sieboldii var. sieboldii (Fagaceae)(スダジイにおけるESTの収集とマイクロサテライトマーカーの開発)
(22)各論アマミノクロウサギ
(23)外来哺乳類の実態と対策
(24)Oryctolagus cuniculus
(25)Lepus brachyurus
(26)Lepus timidus
(27)Pentalagus furnessi
(28)Herpestes javanicus
(29)Food habits of the copper pheasant Syrmaticus soemmerringii in winter season.
(30)Re-established mutualism in a seed-dispersal system consisting of native and introduced birds and plants on the Bonin Islands, Japan (小笠原諸島における種子散布)
(31)小笠原におけるアカギの根絶と在来林の再生
(32)新規微生物及びその利用
(33)Predicting future invasion of an invasive alien tree in a Japanese oceanic island by process-based statistical models using recent distribution maps(日本の海洋等における分布図を用いたプロセスに基づく統計モデルによる侵略的外来樹種の将来の侵入予測)
(34)4.1.1 b.洪水,
(35)沖縄島北部やんばる地域における森林性動物の地上利用パターンとジャワマングースHerpestes javanicusの侵入に対する脆弱性について
(36)絶滅危惧種ヤクタネゴヨウの保全と利用
(37)レブンアツモリソウは今・・・
(38)沖縄本島ヤンバル地方の地衣フロラ(2)
(39)キクイムシの生態:食性と繁殖様式に関する研究の現状と展望
(40)日本産カシゴケ属地衣類の分類学的検討
(41)岩手県雫石町のアカマツ-落葉広葉樹二段林におけるアカマツ抜き伐り後の林分構造の変化
(42)シカがササを食べると地表性節足動物の顔ぶれが変わる
(43)シカがササを食べると針の短い寄生蜂が得をする
(44)Repellents of Ips typographus japonicus (Coleoptera: Scolytidae)ヤツバキクイムシの忌避剤
(45)Mortality of released captive-bred Copper Pheasants in a natural refuge area of Japan
(46)ツツドリCuculus saturatusによるメジロZosterops japonicusの巣への赤色托卵例
(47)ニホンジカによるミヤコザサの採食とオサムシ科甲虫の群集構造との関係
(48)6.1.4糸状菌以外の微生物などによる病害 a.細菌病
(49)ニホンジカによる人工林剥皮害の時間的・空間的な分布の推移
(50)ツツドリによるヤブサメヒナの遺棄行動
(51)カシ・ナラ類枝枯細菌病の総合防除法の検討(2)-剪定処理による影響と対策-
(52)クロマツの節におけるマツノザイセンチュウの移動抑制
(53)マツ材線虫病によるアカマツ年越し枯れ過程における水分生理状態の変化
(54)Factors affecting the production, growth and survival of sprouting stems in the multi-stemmed understory shrub, Lindera triloba(シロモジ株の萌芽幹の生産、成長、生残に影響する要因)
(55)マツノザイセンチュウのDNAを利用した簡易なマツ材線虫病診断ツール“マツ材線虫病診断キット”について
(56)The relationship between food habits, molar wear and life expectancy in wild sika deer populations
(57)I.総論 33.放鳥と遺伝子汚染、 II.各論 ヤマドリ
(58)8 野生動物の保全と共存、8.1 森林性鳥類の保全と共存
(59)ニホンジカによる人工林剥皮害発生予測マップの作成
(60)スギ、ヒノキ人工林におけるシカによる角こすり害の発生要因
(61)樽前山山麓2004年18号台風風倒地における2009年度ヤツバキクイムシ類被害状況
(62)Development of microsatellite markers for Stachyurus macrocarpus and Stachyurus macrocarpus var. prunifolius (Stachyuraceae), critically endangered shrub species endemic to the Bonin Islands(小笠原諸島産絶滅危惧固有種ナガバキブシとハザクラキブシのマイクロサテライトマーカーの開発)
(63)殺菌剤の樹幹注入によるナラ枯れ防除の実施例
(64)Isolation of polymorphic microsatellite loci in Livistona chinensis (Jacq.) R. Br. Ex Mart. Var. boninensis Becc., an endemic palm species of the oceanic Bonin Islands, Japan(日本の海洋島である小笠原諸島に固有のヤシ科植物オガサワラビロウにおけるマイクロサテライト遺伝子座の単離)
(65)Home range and population dynamics of the Japanese squirrel in red pine forests.(アカマツ林におけるニホンリスの行動圏と個体群動態)
(66)The influence of climatic oscillations during the Quaternary Era on the genetic structure of Asian black bears in Japan(第四紀の気候変動がツキノワグマの遺伝構造に与えた影響)
(67)森林の管理と再生-生物群集の考え方から-
(68)沖縄県宮古島のリュウキュウマツ枯死木およびマツノマダラカミキリからのBursaphelenchus属線虫検出調査
(69)九州の中山間地域における土地利用の変化とその要因
(70)デイゴ南根腐病の発生実態
(71)ならたけもどき病被害地におけるナラタケ属菌の杭捕捉法による検出
(72)生態系
(73)富士山亜高山帯に生息するニホンリス(Sciurus lis)の環境選択とゴヨウマツ(Pinus parviflora)球果の選択性
(74)First report of the Dutch elm disease pathogens Ophiostoma ulmi and O. novo-ulmiin Japan(ニレ立枯病Ophiostoma ulmiとO. novo-ulmiの日本での初報告).
(75)菌類とキクイムシとの関係
(76)Bursaphelenchus tokyoensis n. sp. (Nematoda: Parasitaphelenchinae) isolated from dead wood of the Japanese red pine, Pinus densiflora Sieb. & Zucc., in Japan
(77)線虫とキクイムシの関係:キクイムシ関連線虫研究の現状と今後の課題.
(78)材線虫病
(79)Evaluating high throughput sequencing as a method for metagenomic analysis of nematode diversity.
(80)ニホンザルによる農林業被害とその管理
(81)ツキノワグマ‐クマと森の生物学
(82)過程にある材料と診断キットによるマツ材線虫病診断
(83)松枯れがニホンリスの生息に与える影響
(84)Restoring the Oceanic Island Ecosystem.(海洋島生態系の修復)
(85)ニホンジカの生息密度分布と鉄道事故との関係解析-JR九州肥薩線の事例
(86)キクイムシ関連ダニの系統と生態
(87)森林総研「山原プロ」における森林情報整備の到達点と課題
(88)ニホンジカがミヤコザサの採食をとおして地表性クモ類の群集構造に与える影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093495
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat