c 森林の保健・レクリエーション機能等の活用技術の開発

c 森林の保健・レクリエーション機能等の活用技術の開発

課題番号2009014038
研究機関名森林総合研究所
研究期間2006-2010
年度2009
大課題(イ)森林と木材による安全・安心・快適な生活環境の創出に向けた研究
中課題c 森林の保健・レクリエーション機能等の活用技術の開発
小課題c 森林の保健・レクリエーション機能等の活用技術の開発
大項目1 研究の推進
中項目(1)重点研究領域
摘要環境教育として森林で子供たちに自然を体験させる活動が盛んである。これらの活動は、自然とのふれあい、生態系保全など自然環境の学習、林業体験や木工、伝統文化を含む地域学習などに区分できるので、これらを有機的に組み合わせ環境教育を充実させるよう教育プログラムの改善を進めた。また、森林の各種生態系サービスを定量的に評価する手法の開発が求められている。花粉を運ぶ昆虫や農作物害虫を補食する寄生蜂などは広葉樹林に多く、畑の周囲の森林面積が大きいとソバの結実率が上昇した。さらに、里山利用に関するアンケート調査を行い、生態系サービスや山菜採りなどで生じる経済的価値の評価手法を開発した。
研究分担(独)森林総合研究所,研究コーディネータ
予算区分林野庁交付金 文科省[科研費] 環境省競争的資金 その他
業績(1)Impact of secondary forest management on ant species composition in the temperate region in Japan.
(2)ロシアと日本の環境への関心および価値観の異同に関する研究
(3)Traditional Farmhouses as Sources for Land Use History ? a Case Study from the Satoyama Landscape in Japan
(4)Changes of Land Use and Vegetation in Satoyama Landscape of Tango Peninsula, Kyoto, Japan: Where are they Bound for?
(5)A newly recorded host plant for the leaf beetle Agelasa nigriceps Motschulsky, and differences in feeding habits between host-specific populations(キクビアオハムシの新たに記録された寄主植物と寄主をことにする個体群間の食性の差異)
(6)里山がコナラ林になるわけ
(7)大都市近郊に位置する京都府木津川市鹿背山地区における1880年代以降の里山景観の変遷
(8)Trends in research related to “Shinrin-yoku” (taking in the forest atmosphere or forest bathing) in Japan(日本における森林浴研究の傾向)
(9)Effect of phytoncide from trees on human natural killer cell function(ヒトナチュラルキラー細胞機能における樹木由来のフィトンチッドの効果)
(10)Effect of drying methods on volatile organic compound emission from sugi wood(スギ材から放散する揮発性有機化合物に及ぼす乾燥方法の影響)
(11)人工林の林床
(12)オンサイトにおける森林環境の評価因子の抽出と環境要因との関係
(13)農山村の経済循環構造
(14)Physiological effects of forest recreation in a young conifer forest in Hinokage town, Japan(日之影町における若年針葉樹による森林浴効果)
(15)Restorative effects of viewing real forest landscapes, based on a comparison with urban landscapes(都市景観との比較による森林景観による回復効果)
(16)How natural are natural woods from wetland sites? a case study at two sites of the Jomon period in central Japan
(17)東京農工大学Field Musum多摩丘陵および東京都立七生公園のゴミムシ類群集と林床植生の管理
(18)関東地方西部でヤマブキソウを機種植物とするルイヨウマダラテントウの分布及び近隣の同種集団との関係
(19)景観・ランドスケープ保全
(20)Contribution of small insects to pollination of common buckwheat, a distylous crop(二型花柱性そばの花粉媒介に対する小型昆虫の貢献)
(21)丹後半島山間部の棚田景観の変遷と棚田の残存要因に関する研究
(22)森林の保健休養機能
(23)生息痕跡によるムササビの生息地利用の解析
(24)A comparison of seedling emergence and survival between Quercus glauca and Symplocos prunifolia (アラカシとクロバイとの間での実生の発生および生残の比較)
(25)法政大学多摩校地保存緑地林の林分構造
(26)アラカシ
(27)多摩森林科学園における環境教育林づくりの試行
(28)Effects of temperature on the development of overwintering pupae of Pelopidas jansonis (Butler) (Lepidoptera, Hesperiidae)
(29)筑波山塊におけるクロミドリシジミ(チョウ目:シジミチョウ科)の記録
(30)Responses of community structure, diversity, and abundance of understory plants and insect assemblages to thinning in plantations
(31)森林セラピーの癒し効果について
(32)草地・森林の変遷とチョウ類の保全
(33)森林教育、森林体験活動
(34)The physiological effects of Shinrin-yoku (taking in the forest atmosphere or forest bathing): evidence from field experiments in 24 forests across Japan(森林浴の生理的効果:日本国内24ヶ所におけるフィールド実験の結果より)
(35)国政レベルの生物多様性保全の計画に活用される定量的情報の役割と変遷
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093497
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat